金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナイマイ マサノリ
ローマ字IMAI Masanori
氏名今井 幹典
メールm-imai@kinjo-u.ac.jp
学位博士(薬学) 
所属薬学部 / 薬学科
職名准教授
所属学会日本薬学会 有機合成化学協会 愛知県薬剤師会 
専門分野薬学   
研究課題触媒を用いた新規反応の開発と天然物の合成への応用に関する研究   

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
2016年 2月 日本薬学会東海支部 幹事 2018年 1月迄
Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

該当データはありません

Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Concurrent Induction of Two Chiral Centers from Symmetrical 3, 4-Disubstituted and 3, 3, 4-Trisubstituted 4-Pentenals Using Rh-Catalyzed Asymmetric Cyclizations 共著 2000年 9月 J. Org. Chem., 第65巻 キラルロジウム錯体を用いた不斉誘起反応の開発。(5806—5816)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Tanaka, M. Imai, M. Fujio, E. Sakamoto, M. Takahashi, Y. Eto-Kato, X. M. Wu, K. Funakoshi, K. Sakai, and H. Suemune
Application of Rh-Catalyzed Cyclization for the Construction of Three Consecutive Chiral Carbons in 4, 9-Dimethylspiro[4.4]nonane-2, 7-dione 共著 2000年10月 Tetrahedron Lett., 第41巻 キラルロジウム錯体を用いたスピロ骨格の構築法の開発。(7879 — 7883)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Takahashi, M. Tanaka, E. Sakamoto, M. Imai, A. Matsui, K. Funakoshi, K. Sakai, and H. Suemune
Application of Rh-Catalyzed Cyclization to the Formation of a Chiral Quaternary Carbon 共著 2000年11月 Chem. Pharm. Bull., 第48巻 キラルロジウム錯体を用いた不斉4級炭素の構築の開発。(1822 — 1825)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Takahashi, M. Tanaka, E. Sakamoto, M. Imai, K. Funakoshi, K. Sakai, and H. Suemune
Insight into the Rh-Catalyzed Cyclization of Dissymmetrically Racemic (dl)-3, 4-Disubstituted 4-Pentenal: Regio-, Diastereo-, Enantioselectivity, and Kinetic Resolution 共著 2001年 1月 Tetrahedron, 第57巻 キラルロジウム錯体を用いた速度論的光学分割についての研究。(1205 — 1211)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Imai, M. Tanaka, and H. Suemune
Enantio- and Diastereoselective Construction of 4, 9-Dimethyl spiro[4.4]-nonane-2, 7-dione Using Rh-catalyzed Asymmetric Cyclization 共著 2001年 2月 Tetrahedron, 第57巻 キラルロジウム錯体を用いたスピロ骨格の構築法の開発。(1197 — 1204) 共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Tanaka, M. Takahashi, E. Sakamoto, M. Imai, A. Matsui, M. Fujio, K. Funakoshi, K. Sakai, and H. Suemune
Double-Chelation-Assisted Rh-Catalyzed Intermolecular Hydroacylation 共著 2003年 4月 Organic Letters, 第5巻 ダブルキレーションを利用した分子間ヒドロアシル化反応の開発。(1365 — 1367) 共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Tanaka, M. Imai, Y. Yamamoto, K. Tanaka, M. Shimowatari, S. Nagumo, N. Kawahara, and H. Suemune
Double-Chelation-Assisted Rh-Catalyzed Intermolecular Hydroacylation between Salicylaldehydes and 1, 4-Penta- or 1, 5-Hexadienes 共著 2004年 2月 J. Org. Chem., 第69巻 ダブルキレーションを利用した分子間ヒドロアシル化反応の開発。(1144 — 1150)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Imai, M. Tanaka, K. Tanaka, Y.Yamamoto, N. Imai-Ogata, M.Shimowatari, S. Nagumo, N. Kawahara, and H. Suemune
Nitrile-Promoted Rh-Catalyzed Intermolecular Hydroacylation of Olefins with Salicylaldehyde 共著 2007年 3月 J. Org. Chem., 第72巻 ロジウム錯体による分子内ヒドロアシル化反応のニトリル添加による反応加速効果についての研究。(2543 — 2546)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Imai, M. Tanaka, S. Nagumo, N. Kawahara, and H. Suemune
Mimicking Aldolases through Organocatalysis: syn-Selective Aldol Reactions with Protected Dihydroxyacetone 共著 2007年 8月 Organic Letters, 第9巻 有機触媒を用いた不斉アルドール反応の開発。(3445 — 3448)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。N. Utsumi, M. Imai, F. Tanaka, Ramasastry, S. S. V., and Barbas, C. F., III.
Facile synthesis of medium-sized cyclic amines based on Friedel–Crafts reaction via iminium cation by use of acetylene dicobalt complex 共著 2007年10月 Tetrahedron Lett., 第48巻 イミニウムカチオンを用いた含窒素8, 9員環の合成法の開発。(7228 — 7231)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Mizukami, H. Saito, T. Higuchi, M. Imai, H. Bando, N. Kawahara, and S. Nagumo
Catalysis of 3-Pyrrolidine carboxylic Acid and Related Pyrrolidine Derivatives in Enantioselective anti-Mannich-Type Reactions: Importance of the 3-Acid Group on Pyrrolidine for Stereocontrol 共著 2008年 1月 J. Am. Chem. Soc., 第130巻 有機触媒を用いた不斉マンニッヒ反応の開発。(875 — 886)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。Zhang, H., S. Mitsumori, N. Utsumi, M. Imai, Garcia-Delgado, N., Mifsud M., Albertshofer K., Cheong, P. H.-Y., Houk, K. N., F. Tanaka, and Barbas, C. F., III.
8-Endo selective Friedel–Crafts cyclization of vinyloxiranes with Co2(CO)6-complexed acetylene 共著 2009年 1月 Tetrahedron Lett., 第50巻 アセチレンジコバルト錯体を用いた8員環合成法の開発。(26 — 28)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。S. Nagumo, Y. Ishii, G. Sato, M. Mizukami, M. Imai, N. Kawahara, and H. Akita,   
Asymmetric Rh-Catalyzed Intermolecular Hydroacylation of 1, 5-Hexadiene with Salicylaldehyde 共著 2009年10月 Chem. Pharm. Bull., 第57巻 分子間ヒドロアシル化反応の不斉反応への展開についての研究。(1158 — 1160)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。Y. Inui, M. Tanaka, M. Imai, K. Tanaka, and H. Suemune
Intramolecular Friedel–Crafts type reaction of vinyloxiranes linked to an ester group 共著 2009年11月 Tetrahedron, 第65巻 ビニルエポキシドを用いた7員環の合成法の開発。(9884 — 9896)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。S. Nagumo, T. Miura, M. Mizukami, I. Miyoshi, M. Imai, N. Kawahara, H. Akita
図書館の有効利用の一事例ー金城学院大学薬学部における屋根瓦方式PBLチュートリアル教育ー 共著 2016年 5月 薬学図書館、第61巻 本学で実施しているPBLチュートリアルを通して、図書館の有効利用を図っており、その事例を報告した。(99-107)共同研究につき本人担当分抽出不可能。青柳裕、矢野玲子、安藤裕明、田中宏樹、今井和佳子、吉岡亜佳音、石田翔子、西尾十和子、今井幹典、林弥生、安田公夫、千葉拓、日野知証
Oxidative DNA Damage Induced by Pirarubicin, an Anthracycline Anticancer Agent, in the Presence of Copper(II) 共著 2018年 5月 ANTICANCER RESEARCH, 2018,38巻 (2643— 2648)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。HIDEKI MIZUTANI, AYANO NISHIMOTO, SAKI HOTTA, KENJI IKEMURA, MASANORI IMAI, DAISUKE MIYAZAWA, KINYA OHTA, YOSHIAKI IKEDA, TOHRU MAEDA, MASAE YOSHIKAWA, YUSUKE HIRAKU and SHOSUKE KAWANISHI
Oxidative DNA Damage and Apoptosis Induced by Aclarubicin, an Anthracycline: Role of Hydrogen Peroxide and Copper 共著 2019年 7月 ANTICANCER RESEARCH, 2019,39巻 (3443— 3451)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。HIDEKI MIZUTANI, YUKA HAYASHI, MIYABI HASHIMOTO, MASANORI IMAI, YOSHIMI ICHIMARU, YUKI KITAMURA, KENJI IKEMURA, DAISUKE MIYAZAWA, KINYA OHTA, YOSHIAKI IKEDA, TOHRU MAEDA, MASAE YOSHIKAWA, YUSUKE HIRAKU and SHOSUKE KAWANISHI
Activation of Ligand Reaction on an Iron Complex: H/D Exchange Reaction of a Low-spin Bis[2-(pyridylmethylidene)-1-(2-pyridyl)methylamine] iron(II) Complex 共著 2020年 8月 Chem. Pharm. Bull., 第68巻 (713 — 716)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。M. Imai, K. Kato, Y. Yamaguchi, M. Fujita, M. Otsuka, and H. Kurosaki
Crystal Structure of [3-(1, 4, 7, 10-Tetraazacyclododecan-1-yl)propan-1- amine]zinc(II) Bis(perchlorate), [ZnIIL](ClO4)2 共著 2020年10月 X-ray Structure Analysis Online, 36巻 (43 — 44)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。Y. Ichimaru, M. Imai, H. Fujioka, Y. Hieda, T. Koike, H. Kurosaki, and K. Kato
Idarubicin, an Anthracycline, Induces Oxidative DNA Damage in the Presence of Copper (II) 共著 2020年10月 ANTICANCER RESEARCH, 2020,40巻 (5399— 5404)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。HIDEKI MIZUTANI, CHIAKI SHIGA, MASANORI IMAI, KENJI IKEMURA, YUKI KITAMURA, KINYA OHTA, DAISUKE MIYAZAWA, MAYUKO SAKANASHI, TOMOKO TAHIRA, TOHRU MAEDA, YUSUKE HIRAKU and SHOSUKE KAWANISHI
Crystal Structure of [11, 14, 17, 110, 51, 54, 57, 510-octaaza-1, 5(1, 4)-dicyclododecana-3, 7(1, 3)-dibenzenacyclooctaphane]zinc(II) tetrakis (nitrate), [m, m-bis (ZnII-cyclen)] (NO3)4 共著 2020年12月 X-ray Structure Analysis Online [11, 14, 17, 110, 51, 54, 57, 510-オクタアザ-1, 5(1, 4)-ジシクロドデカナ-3, 7(1, 3)-ジベンゼナシクロオクタファン]亜鉛(II)テトラキス(硝酸塩)の結晶構造について報告した。 in press. 共同研究につき本人担当部分抽出不可能。Y. Ichimaru, W. Jin, Y. Yamaguchi, K. Sugiura, M. Imai, H. Kurosaki, H. Fujioka, T. Koike, Y. Hieda, and K. Kato
10. DNA-cleavage activity of the iron(II) complex with optically active ligands, meta- and para-xylyl-linked N', N'-dipyridylmethyl-cyclohexane-1, 2-diamine 共著 2021年 3月 Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters, 第36巻 光学活性配位子、メタおよびパラキシリル結合N'、N'-ジピリジルメチル-シクロヘキサン-1, 2-ジアミンとの鉄(II)錯体のDNA開裂活性について報告した。(Article.127834)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。K. Kato, Y. Ichimaru, Y. Okuno, Y. Yamaguchi, W. Jin, M. Fujita, M. Otsuka, M. Imai, and H. Kurosaki
Design and Synthesis of an Anthranyl Bridged Optically Active Dinuclear Iron(II)-Ligand and Evaluation of DNA-Cleaving Activity 共著 2021年 3月 Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters、第35巻 アントラニル架橋光学活性二核鉄(II)-配位子の設計と合成およびDNA開裂活性の評価について報告した。(Article.127782)共同研究につき本人担当部分抽出不可能。Y. Ichimaru, K. Kato, Y. Okuno, Y. Yamaguchi, W. Jin, M. Fujita, M. Otsuka, M. Imai, and H. Kurosaki
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
ロジウム触媒による3, 4-ジ置換-4-ペンテナール類の不斉環化反応 1998年11月 第10回若手研究者のための有機合成日韓合同セミナー ロジウム触媒による3, 4-ジ置換-4-ペンテナール類の不斉環化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、坂本英史、藤尾雅和、田中正一、船越和久、酒井 浄、末宗 洋
キラルロジウム錯体による不斉五員環化反応の展開 1999年12月 第16回日本薬学会九州支部大会 キラルロジウム錯体による不斉五員環化反応の展開について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋
ロジウム錯体による二不斉中心を同時制御した不斉五員環化反応 2000年 3月 日本薬学会第120年会 ロジウム錯体による二不斉中心を同時制御した不斉五員環化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋
キラルロジウム錯体による不斉五員環化反応ー非対称ジエナールの速度論的光学分割ー 2000年 7月 第37回化学関連支部合同九州大会 キラルロジウム錯体による不斉五員環化反応ー非対称ジエナールの速度論的光学分割ーについて発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋
Insight into the Rh- catalyzed cyclization of dissymmetrically racemic (dl)-3, 4-disubstituted 4-pentenal: regio, diastereo, enantioselectivity, and kinetic resolution 2000年11月 12th Japan-Korea Joint Seminar for Young Organic Chemists キラルロジウム錯体を用いた位置選択的、ジアステレオ選択的、速度論的光学分割について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋
ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応(1) 2001年 3月 日本薬学会第121年会 ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。田中正一、山本洋一郎、今井幹典、末宗 洋
ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応(2) 2001年 3月 日本薬学会第121年会 ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、下渡正士、山本洋一郎、田中正一、末宗 洋
ロジウム触媒を用いた環化反応による二不斉中心の同時制御 2001年 8月 第19回有機合成化学夏季大学 ロジウム触媒を用いた環化反応による二不斉中心の同時制御について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋
ロジウム錯体によるアルデヒドとジエンの分子間ヒドロアシル化反応 2001年12月 第18回日本薬学会九州支部大会 ロジウム錯体によるアルデヒドとジエンの分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。下渡正士、尾形尚子、今井幹典、田中正一、末宗 洋
ダブルキレーションを利用したロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応 2002年 3月 日本薬学会第122年会 ダブルキレーションを利用したロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、下渡正士、尾形尚子、田中正一、末宗 洋
ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応 2002年11月 第28回反応と合成の進歩シンポジウム ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。田中正一、今井幹典、山本洋一郎、田中啓太郎、下渡正士、南雲紳史、川原徳夫、末宗 洋
ウィルキンソン錯体によるサリチルアルデヒドとジエンとのヒドロアシル化反応 2002年12月 第19回日本薬学会九州支部大会 ウィルキンソン錯体によるサリチルアルデヒドとジエンとのヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 田中啓太郎、田中正一、今井幹典、末宗 洋
ダブルキレーションを用いたロジウム触媒による分子間ヒドロアシル化反応 2003年 3月 日本薬学会第123年会 ダブルキレーションを用いたロジウム触媒による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。田中啓太郎、田中正一、今井幹典、末宗 洋
ロジウム錯体によるダブルキレーションを利用した分子間ヒドロアシル化反応 ーエンインへの展開ー 2003年 3月 日本薬学会第123年会 ロジウム錯体によるダブルキレーションを利用した分子間ヒドロアシル化反応ーエンインへの展開ーについて発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
ダブルキレーションを利用したロジウム触媒による分子間ヒドロアシル化反応 2003年 5月 第50回北海道薬学大会 ダブルキレーションを利用したロジウム触媒による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
ウィルキンソン錯体によるノルボルネン類の立体選択的ヒドロアシル化反応 2003年 7月 第38回天然物化学談話会 ウィルキンソン錯体によるノルボルネン類の立体選択的ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。田中啓太郎、田中正一、今井幹典、末宗 洋
ロジウム錯体によるノルボルネン類の立体選択的ヒドロアシル化反応 2003年 7月 第40回化学関連支部合同九州大会 ロジウム錯体によるノルボルネン類の立体選択的ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。田中啓太郎、田中正一、今井幹典、末宗 洋
Double-Chelation-Assisted Intermolecular Hydroacylation between Salicylaldehydes and 1, 5-Hexadienes Using Rh-Catalyst 2003年11月 The Ninth International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry ダブルキレーションを利用したサリチルアルデヒドと1, 5-ヘキサジエンとの分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドとアルケニルニトリルとの分子間ヒドロアシル化反応 2004年 3月 日本薬学会第124年会 ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドとアルケニルニトリルとの分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
ロジウム触媒を用いた分子間ヒドロアシル化反応 2004年 5月 第51回北海道薬学大会 ロジウム触媒を用いた分子間ヒドロアシル化反応について総説講演を行った。今井幹典
ロジウム錯体を用いる分子間ヒドロアシル化反応の開発 2004年 7月 日本プロセス化学会2004サマーシンポジウム ロジウム錯体を用いる分子間ヒドロアシル化反応の開発について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。 田中啓太郎、田中正一、今井幹典、末宗 洋
ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応におけるニトリル添加効果 2004年10月 第30回反応と合成の進歩シンポジウム ロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応におけるニトリル添加効果について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、南雲紳史、川原徳夫、末宗 洋
ニトリル存在下でのロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応 2005年 3月 日本薬学会第125年会 ニトリル存在下でのロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
Nitrile-promoted Rh-catalyzed intermolecular hydroacylation between salicylaldehyde and olefins 2005年12月 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2005) ニトリル添加によるロジウム錯体による分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、末宗 洋、南雲紳史、川原徳夫
アセチレンコバルト錯体を利用した含窒素中員環の新規合成法 2005年12月 日本薬学会北海道支部例会 アセチレンコバルト錯体を利用した含窒素中員環の新規合成法について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。斉藤 寛、水上徳美、樋口敏生、今井幹典、南雲紳史、川原徳夫、坂東英雄
イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応による含窒素中員環合成 2006年 3月 日本薬学会第126年会 イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応による含窒素中員環合成について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。斉藤 寛、水上徳美、今井幹典、南雲紳史、川原徳夫、坂東英雄
イミニウムイオンのFriedel-Crafts環化による含窒素8, 9員環の合成 2006年12月 第32回反応と合成の進歩シンポジウム イミニウムイオンのFriedel-Crafts環化による含窒素8, 9員環の合成について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。水上徳美、斉藤 寛、今井幹典、樋口敏生、川原徳夫、坂東英雄、南雲紳史
イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応による含窒素中員環合成(2) 2007年 3月 日本薬学会第127年会 イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応による含窒素中員環合成について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。斉藤 寛、水上徳美、今井幹典、南雲紳史、川原徳夫、坂東英雄
イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応を利用した含窒素中員環合成 2008年 3月 日本化学会第88春季年会 イミニウムカチオンのFriedel-Crafts反応を利用した含窒素中員環合成について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。水上徳美、斉藤 寛、樋口敏生、今井幹典、坂東英雄、川原徳夫、南雲紳史
ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドとジエンの分子間ヒドロアシル化反応 -反応条件の再検討- 2008年 3月 日本薬学会第128年会 ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドとジエンの分子間ヒドロアシル化反応について、反応条件の再検討の結果などを発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、田中正一、坂東英雄、末宗 洋
ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドと1, 5-ヘキサジエンとの不斉分子間ヒドロアシル化反応 2008年11月 第131回日本薬学会北海道支部例会 ロジウム錯体によるサリチルアルデヒドと1, 5-ヘキサジエンとの不斉分子間ヒドロアシル化反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、乾 泰洋、田中啓太郎、田中正一、末宗 洋
複素環化合物のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応 2009年 3月 日本薬学会第129年会 複素環化合物のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、水上徳美、南雲紳史
イミニウムカチオンを中間体とする複素環化合物のFriedel-Crafts反応 2009年11月 第53回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 イミニウムカチオンを中間体とする複素環化合物のFriedel-Crafts反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、水上徳美、南雲紳史
インドール誘導体のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応 2010年 3月 日本薬学会第130年会 インドール誘導体のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、水上徳美、南雲紳史
アセチレンコバルト錯体を用いたFriedel-Crafts反応による中員環形成 2010年10月 第54回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 アセチレンコバルト錯体を用いたFriedel-Crafts反応による中員環形成について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。水上徳美、今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、田所真介、川原徳夫、宮下正昭、南雲紳史
複素環化合物のFriedel-Crafts反応による中員環合成 2010年11月 第36回反応と合成の進歩シンポジウム インドールおよびピロール誘導体のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応について発表した。共同研究につき本人担当分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、水上徳美、南雲紳史
Facile synthesis of medium-sized cyclic amines based on Friedel–Crafts reaction via iminium cation by use of indole derivative 2010年12月 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2010) インドール誘導体のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、水上徳美、南雲紳史
ピロール誘導体のイミニウムカチオンによるFriedel-Crafts反応 2011年 3月 日本薬学会第131年会 共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、水上徳美、南雲紳史
イミニウムカチオンを用いたインドール誘導体のFriedel-Crafts反応 2012年 3月 日本薬学会第132年会 共同研究につき本人担当分抽出不可能。豊田咲希子、今井幹典、岸伸彦、佐藤哲平、水上徳美、南雲紳史
Facile synthesis of medium-sized cyclic amines based on Friedel–Crafts reaction via iminium cation by use of Heterocyclic compounds 2012年10月 The 11th Internationals Symposium on Advanced Technology (ISAT-Special) イミニウムカチオンを利用したヘテロ原子を含む中員環の合成法について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、岸伸彦、豊田咲希子、佐藤哲平、水上徳美、南雲紳史
ヒドロキシラクタムを用いたインドール誘導体のFriedel-Crafts反応 2013年 3月 日本薬学会第133年会 ヒドロキシラクタムを用いたFriedel-Crafts反応により、ヘテロ原子を含む中員環が効率的に合成できる事を発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。佐藤哲平、豊田咲希子、今井幹典、岸伸彦、水上徳美、南雲紳史
Friedel-Crafts反応を利用した多環式中員環合成法の開発 2013年11月 第39回反応と合成の進歩シンポジウム ヒドロキシラクタムを用いたFriedel-Crafts反応により、ヘテロ原子を含む中員環が効率的に合成できる事を発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、佐藤哲平、豊田咲希子、岸伸彦、水上徳美、南雲紳史
Concise synthesis of indole-fused medium-sized cyclic amines through iminium cation 2015年12月 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015)、アメリカ イミニウムカチオンを利用したヘテロ原子を含む中員環の合成法について発表した。基質にバリエーションをもたすことで、様々なタイプの環化体を合成することを発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。今井幹典、佐藤哲平、水上徳美、南雲紳史
芳香族化合物のFriedel-Crafts反応による中員環合成 2016年 3月 日本薬学会第136年会 芳香族化合物のイミニウムカチオンを利用した中員環の合成法について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。鈴木佑里菜、菊地愛、竹内望帆、今井幹典、南雲紳史
イミニウムカチオンを用いたインドール誘導体のFriedel-Crafts反応への1位置換基の影響 2018年 3月 日本薬学会第138年会 イミニウムカチオンを用いたインドール誘導体のFriedel-Crafts反応への1位置換基の影響について発表した。共同研究につき本人担当部分抽出不可能。杉浦玖瑠美、牛丸莉緒、柴田菜央、今井幹典、南雲紳史
Top of page

トピックス

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
ついに超えた!血液脳関門の壁!! 単著 2008年 4月 ファルマシア 日本薬学会誌、ファルマシアのトピックスに投稿。血液脳関門通過困難な化合物のための脳への輸送システムとして、ジケトピペラジン構造を用いる概念について述べた。(359-360)
Top of page

総合論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
ロジウム錯体触媒によるヒドロアシル化反応ー分子内反応から分子間反応への展開ー 共著 2011年 3月 有機合成化学協会誌 有機合成化学協会誌の総合論文として、ロジウム錯体触媒による不斉分子内ヒドロアシル化反応と分子間ヒドロアシル化反応への展開について述べた。今井幹典、田中正一、末宗洋
Top of page
検索結果に戻る