金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナヨシマツ ジュン
ローマ字YOSHIMATSU Jun
氏名吉松 純
学位教育学博士(Ed.D) 神学修士(M.Div) 聖神学修士(S.T.M) 
所属人間科学部
職名教授
所属学会The National Art Education Association (NAEA) The International Society of Education through Art (InSEA) The Society for the Arts in Religious and Theological Studies (SARTS) 日本基督教学会 
専門分野芸術学 教育学   
研究課題キリスト教と芸術:中世から現代に至るまで西洋においてキリスト教の風習、神学、聖書解釈が芸術、主に美術にどのように影響を与えたかを研究する。宗教画だけでなく一見宗教と無関係に見える現代芸術作品にも脈々と流れるキリスト教精神を論ずる。 近代日本における宣教師、特にアメリカ人宣教師の働きについて研究する。その功績と苦難を学び知り、宣教師の足跡から現代日本のキリスト教伝道の方向性、可能性を探る。  

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
2006年 The National Art Education Association (NAEA) 現在に至る
2008年 The International Society of Education through Art (InSEA) 現在に至る
2009年 The Society for the Arts in Religious and Theological Studies (SARTS) 現在に至る
2019年 4月 日本基督教学会 現在に至る
Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
キリストの復活-レントからイースターへ-「クロノスに現れるカイロス、神の恵みの時」 共著 2006年 2月 キリスト教新聞社出版山本祐司編集 (P10-P19)吉松純、山本祐司他若手、 中堅牧師20名による説教集。キリスト教歴受難節、復活祭に向けて執筆。人智では計り知れない復活の哀れみは時として災害や人生の苦難を通して現れる。 9・11アメリカ同時多発テロ事件の被害者との関わりの中、苦難を通して現わされたカイロス=神の恵みの時を実感し、その折の感動、感謝を籠めた説教。
キリスト教、ユダヤ教と近代絵画~ゴッホ、シャガール、ニューマン 単著 2020年 3月 金城学院大学キリスト教文化研究所紀要23号 2019年8月3日にキリスト教文化研究所主催で持たれた一般向け講演の内容をまとめ寄稿。フィンセント・ファン・ゴッホは時代を超えて愛されている画家。マルク・シャガールも世界的に人気のある近代芸術家。バーネット・ニューマンは1940年代半ばから60年代にかけてニューヨークの抽象芸術の一線で活躍した。しかしこの3人の表現法やスタイルは全く違う。何か共通することはあるのか。それは彼らの宗教性、正確に言えば3人ともそれぞれの信仰と向き合い、宗教的伝統の影響を受け芸術を完成したことである。ゴッホはオランダ改革派教会に生まれ育ち、シャガールとニューマンはユダヤ教伝統を受けて育った。講演会では3人の画家の信仰に焦点を当てて一般向けに話をまとめたが、紀要では更に参考資料なども明記し、準論文としてまとめた。
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
The Kingdom of God A Thesis for Master of Divinity 単著 1990年12月 Drew University Theological School (修士論文)This paper fulfilled the requirement for a Master of Divinity degree. I studied on the Social Gospel Movement of the U.S., from the late 19th Century to the early 20th Century--how this radical socialistic movement affected and shaped the mission of Christian Church in the U.S. in the later period of the 20th Century. It is a legacy of the social gospel that many Christians believe that they could realize the kingdom of God by practicing social justice today. The mission oriented mind is a great attribute of the churches in the U.S.
Latin American Art in Reflection of Theology: Liberation Theology. A substitute paper for Master of Sacred Theology, Thesis. 単著 1993年 5月 Yale University Divinity School (修士論文)An academic paper for the requirement of a Master of Sacred Theology degree. It explores the biblical prophetic traditions expressed in fine arts, particularly Latin American arts. It further examines the artworks of ordinary people whose themes reflect the Latin American Liberation Theologies. Many artists and people were oppressed by the dictatorship of the military governments. Overall, I attempted to review the artworks of South America within the context of Liberation Theologies.
The Art of the Everyday: A Spiritual Journey of Aesthetic Experience Within the Western and Japanese Contexts 単著 2011年 5月 Teachers College, Columbia University ProQuest LLC, Ann Arbor The main theme of this dissertation is the aesthetics of the everyday which considered as a form of pedagogical and spiritual "awakening, " that may be experienced at any moment and by everyone.To develop this argument, this study reviews the concept of wabi-sabi and iki of Japanese aesthetics; relevant elements within Eastern philosophies and Western philosophies, especially transcendentalism, pragmatism, existentialism, and Christian theology. Along with the philosophical reflection, this study revisits several artists whose works exemplify a journey that this study considers as being "spiritual" and which travels between evanescence and the eternal, from contingency to perfection, as a form of quotidian self-awakening.This dissertation also presents a practical approach to art education as a form of disciplined study.
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
Viewing Western Art through Understanding of Japanese Aesthetics 2008年 8月 The International Society through Education for Art (InSEA) World Conference in Osaka, Japan This is a study of phenomenon observed of Western Arts with Japanese aesthetics, reflecting the philosophy of (Zen) Buddhism and Everydayness.While discussing Western artists with Japanese artists, I tried to enlighten the viewer to see the similarities between the Eastern and the Western arts, especially the spiritual development and the use of concepts of wabi-sabi and iki as imperfectness, contingency, and empty spaces.Concepts coming from better observation through the process of comparison and analysis should be developed in art education to give creative, flexible mind to both teachers and students alike.
The Aesthetics of Japan and the Revitalization of a Depopulated Island. 2017年 8月 The International Society through Education for Art World Conference in Daegu, S. Korea Iki can be interpreted into several words, such as spirit, determination, pluckiness, sophistication, will, wilt, and especially "the playful spirit" which characterizes the nature of iki. The spirit of iki is reflected in Japanese arts, literatures, traditional theatrical arts, the tea ceremony, and the flower arrangement. Iki is the heart of Japanese art and culture.How is iki involved in a revitalization process of the depopulated island? The Benesse Art Site Naoshima is a fine example of practicing the art of iki. Naoshima, a tiny island of Japan, suffered from depopulation for years. Then, the islanders invited a large corporation and many artists to re-create the island as an ideal place for contemporary arts which reflect the playful spirit.In this presentation, I attempted to make this unique aesthetics of Japan known to many people and let them feel and see the playful spirit of iki in various forms of arts.
キリスト教、ユダヤ教と近代絵画~ゴッホ、シャガール、ニューマン 2019年 8月 金城学院大学キリスト教文化研究所 フィンセント・ファン・ゴッホは時代を超えて愛されている画家。マルク・シャガールは世界的に人気のある近代芸術家。バーネット・ニューマンは1940年代半ばから60年代にかけてニューヨークの抽象芸術の一線で活躍したことで有名。しかしこの3人の表現法やスタイルは全く違う。何か共通することはあるのだろうか。それは彼らの宗教性、より正確に言えば信仰である。3人とも宗教的影響を受け独自の芸術を追求し完成した。ゴッホはオランダ改革派教会に生まれ育ち、シャガールとニューマンはユダヤ教の伝統、教えを受けて育った。この講演では3人の画家の信仰に焦点を当て、聴衆者(鑑賞者)がこれらの画家の作品を鑑賞する上で新たな事実や絵画に秘められた意味を知り芸術家の信仰と表現をより深く味わえるようになることを意図した。
Top of page

講義・講演等

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Art as Religious Study: Using Museum as Reference of Cultural, Religious, and Theological Studies. 美術からキリスト教を学ぶ 単著 1991年 メトロポリタン美術館、フィラデルフィア美術館、イェール大美術館、 NY 近代美術館他 イェール大学神学部在学中から始めたキリスト教を美術から学ぶ講座。日本人教会、アメリカ人教会、病院チャプレンの会、牧師、信徒に美術館ツアーを企画。中世、ルネッサンス宗教絵画に隠された神学的テーマや色、小物、背景などに秘められた意味を解説。多くの人にキリスト教美術の面白さを伝えつつ聖書理解を深めることを意図した。
Interreligious panel discussion Presentation on the quality of life from a Japanese Christian Perspective 共著 1999年 8月 William Paterson State University of New Jersey I was representing a Protestant tradition among four different religions, such as Catholic, Judaism, Muslim, and Protestant. Each presenter discussed his or her view on the quality of life or the end of life moment with his or her beliefs, experiences, and theologies. In addition to the religious aspect, I also shared my experiences and beliefs toward death as a Japanese clergyperson, influenced by the culture and the tradition of Buddhism and Shintoism.
Lecture on Art as Religious Studies 単著 2012年 2月 The Palisades District of Day Learning. The Greater New Jersey Annual Conference of United Methodist Church (UMC) This lecture was a part of the District's educational opportunities for pastors andlay members. I discussed as follows, 1. The meanings of symbols: attributes, colors, forms, shapes, movements, and poses of the subjects in artworks.2. Theological implication that everythingis indicating the Crucifixion and the Resurrection of Christ in Christian arts.3. Hermeneutical Bridge between Now and Then. The subject matters of paintingsexisted in the time of the artists. Then, what do they tell the viewers in the present day?
Lecture on Japanese Culture and its Post 3/11 Disaster Revitalization 単著 2012年 9月 Ramapo College I was invited by a professor of Ramapo College to speak about the revitalization of Japan--how it has progressed one and a half years after the great earthquake and tsunami hit Japan on March 11, 2011.What have churches done? What else could the U.S do in order to support Japan further? I talked to students about the power of prayers and practical supports, such as monetary gifts, letters, volunteering one's time and energy.
「茶道と聖なる空間」講義 単著 2012年 9月 東部日本語教会合同ファミリーキャンプ修養会分科会 茶道における清めの所作、茶室という俗世を離れた空間、禅の思想とキリスト教の聖堂、礼拝堂、聖なるものの概念を比較考察。参加者との対話、質疑応答の中から日頃の礼拝への意識、礼拝堂、聖なるものを検証し礼拝意識、姿勢を正すことを意図した。
Lecture and workshop on Christian Sacred Space: A View with Tea Ceremony 単著 2012年12月 Drew University Theological Theological School This workshop introduces an existentialapproach to sacred space and to comparativestudies between Japanese religious philosophies and Christian theologies andpractices. As an example of sacred space, the ritual of the Japanese tea ceremony was introduced.Drinking tea is a common habit seen in every day. However, the tea ceremonyis a sublime form or ritualized form of drinking tea, which creates a sacred spacein everyday space and time. The tea ceremony reflects the spirit of Zen Buddhism and has many forms, movements, and traditions. While experiencing the world of tea ceremony, participants were encouraged andguided to reexamine the Christian notion of sacred space. Students were invited to participate in the tea ceremony and discuss the essence of sacredness.
「ミケランジェロから聖書を学ぶ」講義 単著 2016年 9月 東部日本語教会合同ファミリーキャンプ修養会分科会 ミケランジェロの「最後の審判」にはラッパを持つ天使が8名描かれているが、ヨハネの黙示禄には天使は7名しか書かれていない。壁画では6名が既にラッパを吹いているが2名はまだ吹いていない。ミケランジェロはこれにどのような意味、思いを込めたのか。システーナ礼拝堂の「最後の審判」に秘められた神学的、聖書的(黙示的)意味を色彩、造形、形象、歴史的背景及び数字学の解釈を駆使して解説。
Top of page

雑誌掲載(季刊誌)

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
キリスト教美術が10倍おもしろくなる 1.ドウッチョ「聖母子」 2.フラ・アンジェリコ「キリストの磔刑」 3.カンピン「受胎告知」 4.ラファエロ「玉座の聖母と五聖人」 5.レオナルド・ダヴィンチ「最後の晩餐」 6.ミケランジェロ「最後の審判」 7.レンブラント「放蕩息子の帰還」 8.ファン・ゴッホ「馬鈴薯を食う人々」 9.デューラー「三位一体の礼拝」 10.プッサン「黄金の子羊礼拝」 11.ボッティチェリ「受胎告知」 12.アルバート・ビアスタッド「マッターホルンの日の出」 単著 2014年 4月 日本基督教団出版局 「教師の友」 日本でもアメリカでもキリスト教美術はまだ学術的に発展途上にある。そこで少しでも多くのキリスト教絵画を牧師、 教会学校教師、教育主事、一般信徒に知っていただきたく、聖画及びキリスト教が主題の欧米の名作の神学的、 歴史的、文化的背景、要因を解説した。 美術作品鑑賞を楽しみながら聖書の主題、 制作した芸術家の技巧に秘められた思い、神学に迫る。聖書の学びが一層深まり楽しくなることを意図した。レオナルド・ダヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロなど盛期ルネッサンスを代表する巨匠やフラ・アンジェリコ、ボッティチェリなどイタリアの芸術家、デューラーやカンピンなど北方ルネッサンスの芸術家を聖書や時代背景、その地域特有の神学を考慮しながらより深く研究した。更にファン・ゴッホ、アルバート・ビアスタッドなど近代欧米芸術家たちの非宗教的主題絵画に表現された信仰、宗教観などをキリスト教美術の観点から改めて見直し解説。
Top of page

月刊誌

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
アメリカの神学と教会のいま 1. 大統領選に揺れる教会と信徒 2. エキュメニズムと多民族国家 3.コンテクスチュアル神学(1):黒人の神学 4.初期アメリカ教会史考察 5.コンテクスチュアル神学(2): フェミニスト神学 6.コンテクスチュアル神学(3): ウーマニスト神学 7. 教会と貧困 8. 貧困と軍隊と教会 9.コンテクスチュアル神学(4): アジアの神学 10. 二つのキャンプ伝道 11.「キリスト教王国」アメリカの課題 12. 今日の神学課題 聖餐式と性的 マイノリティー差別 単著 2016年11月 信教出版「福音と世界」 現代アメリカのキリスト教神学、教会の現状を東部リベラル主義、在米日本人の立場から一般読者向けに解説。激動するアメリカの諸教会が抱えている人種差別、性差別、貧国、ポピュリズム等の問題を様々な角度から考察しアメリカのキリスト教の盛衰の原因を探る。アメリカ・メインライン教会の神学、神学教育等を紹介することで日本のキリスト教伝道の参考になればと願いヨーロッパの宗教改革、植民地主義に端を発した教会分裂とその流れを汲むアメリカの教会の発展の歴史や流行、現象にも留意して執筆した。学問的観点にのみ留まらず実践神学、伝道の視点からアメリカのキャンプ伝道やフードバンク、貧困と軍隊の役割、同性愛結婚など今日の課題などにも言及した。
「ポピュリズムとアメリカの教会」 単著 2017年 2月 信教出版「福音と世界」 2016年のトランプ政権発足に始まったトランプ現象とその問題点、アメリカの「ポピュリズム」について考察。白人至上主義、地球温暖化、戦争などトランプ発言が引金となってそれまで白人の内に潜在的に残っていた諸々の差別偏見が明るみに出た今、それに対するメインライン・キリスト教会各派の姿勢を検証し日本の読者に紹介。大衆主義の問題と教会が突き付けられた課題を論じる。
「聖画に描かれたヨセフ」画家たちの信仰に寄り添って 単著 2018年12月 日本基督教団出版局 12月の聖誕特集企画の一つ。聖画鑑賞からヨセフの役割を考察。イエスの父ヨセフが聖画の中でどのように描かれているかをラファエロ、ジョルジョーネ、フィリップ・デュ・シャンパーニュ、ロベルト・カンピン、ムーリョリョ等の巨匠の作品取り上げ、ヨセフ理解が時代や教会、芸術家の神学的立場によって変わってきたことをキリスト者だけでなく一般読者にも分かりやすく解説。
Top of page

「感性を高めるキリスト教美術書」ならこの三冊!

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
本のひろば「月刊」キリスト教書評誌 単著 2019年 7月 一般財団法人キリスト教文書センター 一般読者向けにキリスト教美術書3冊を取り上げ紹介する。正田倫顕『ゴッホと<聖なるもの>』2017、近藤在志『キリストの肖像ーラファエル前派と19世紀イギリスの画家たち』2013、宮下規久郎『知識ゼロからのルネサンス絵画入門』2013の3冊を解説し読者に推薦した。キリスト教美術書の面白さをより多くの読者に紹介する特集企画。
Top of page
検索結果に戻る