金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナシュトラーラ ヤン
ローマ字STRALA Jan G
氏名STRALA Jan G.
学位ケルン大学大、日本学科、哲学科、人類学科 学士  ケルン大学大、日本学科 修士  ヒルデスハイム大学、哲学研究科 博士 
所属文学部 / 外国語コミュニケーション学科
職名准教授
所属学会Deutsche Gesellschaft für Philosophie Gesellschaft für Interkulturelle Philosophie European Society for Japanese Studies 西田哲学会 日本独文学会東海支部 名古屋日独協会 ヨーロッパ日本哲学ネットワーク Gesellschaft für Japanforschung e.V. The Nordic Society for Phenomenology 
専門分野文学 哲学 言語学   
研究課題比較的哲学 西田幾多郎ーフッサル 異文化哲学 ドイツ哲学ー日本哲学 哲学と言語 西田幾多郎の考えにおける言語と哲学の関係 

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
2014年10月 European Network of Japanese Philosophie 会員(創設者、元会長) 2019年10月迄
2016年 7月 European Journal of Japanese Philosophy (EJJP) 編集委員 現在に至る
2017年 4月 長久手市国際交流協会 会員ボランティア 2020年 4月迄
2017年11月 知的財産戦略推進事務局クールジャパン戦略 クールジャパン・アンバサダー 現在に至る
Top of page

受賞歴

受賞年月 受賞名
2005年 7月 愛知県立大学       国際学生エッセー大賞
Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Der Form des Formlosen auf der Spur: Sprache und Denken bei Nishida, (形無き物の形を求める西田の作品に見られる言語と思考)」 単著 2017年 3月 Chisokudō Publications 博士論文の中心となる研究対象は、西田の言語形態であり、この研究で用いられる方法は、哲学と日本学のちょうど中間に位置するものである。(全466P) 本論文は国際的かつ異文化間をまたぐ研究分野において、西田の言語形態を個別の例にとって現象学的に研究した最初のものであり、当研究分野においてひとつの模範となるものと言える。本論文の基礎となる西田の原著に見られる思想や言語形態は、単なる外形上の比較ではなく、彼が用いる言語形態そのものを通じて分析的に取り扱われる。
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Die Herausforderung im 21. Jh. ein neues Zeitalter zu schaffen, (新しい時代を創る21世紀の問題)」 単著 2005年 7月 愛知県立大学 国際学生の共生文化研究シンポジウム「共生:21世紀を創るわたしたちの課題」のジャーナルでの二か国語で書かれた学術エッセイ。(P23~P28)
「Zur Lage der deutschsprachigen Nishida-Rezeption」 単著 2014年 2月 Verlag Karl Alber, Reihe: Welten der Philosophie. これは、ドイツにおける西田研究についての学術的論文で、年代毎に分けた三つの章から構成されている。(P23~P28)第一章では、ドイツで初めて西田研究が行われた1936年から1985年までの研究について具体的に述べている。第二章では、特に多文化的な哲学者として認められ、ドイツ国内の様々な大学で西田の名が知られるようになった1985年から2003年までの研究について述べている。そして第三章では、2004年から2012年までの西田研究に焦点を当てており、いかに西田哲学が現在のように多文化的哲学の分野で広く扱われるようになってきたかについて分析している。
「Nishida lesen, (西田を読む)」 単著 2019年 3月 愛知県立大学外国語学部紀要(言語・文学編)第51号 研究ノート:西田幾多郎の独特な日本語の言い回しは、彼にとってどんな意味があったのか、また現在それを読む私達にとってどのような意味があるのだろうか。著者は、西田の言語感覚を理解せずして、彼の見解や考え、強いては彼にとっての哲学の意味を理解するのは不可能なのではないかと考える。(P195~P210)
Die Überwindung der neuzeitlichen Subjektphilosophie. Eine vergleichende Analyse zum Begriff der „Reinen Erfahrung“ im Denken von Nishida Kitarō und William James (Teil 1). 現代の主題哲学の超克-西田幾多郎とウィリアム・ジェームズの思考における「純粋な経験」の概念の比較分析(前編) 単著 2020年 3月 愛知県立大学外国語学部紀要(言語・文学編)第52号 この論文は現象学の分野における比較的、多文化的研究について書かれている。西田幾多郎の処女作『善の研究』がウィリアム・ジェイムズからの影響のもとに成立したことは、日本語と英語での研究図書の中で周知である。ただ、ドイツ語でのこれまでの研究では、両者の「純粋経験」についての概念の共通性と異質性とがまだ詳しく研究されていない。従って、本論文内において、ジェイムズの心理学的な立場と西田の存在論的な立場の比較が中心的テーマの1つとなっている。まず西田の初期哲学における純粋経験について、2つのアプローチの仕方で理解を深めている。純粋経験の核について現象論的な理解と、純粋経験からの主体と対象の形成を現象学的に説明する方法である。次に、西田の唱える純粋な経験の連続性と統一の原理と、ウィリアム・ジェイムズのによる経験的概念との共通性について言及している。来年出版予定の後編では、心理学的に理解されることの多いウィリアム・ジェイムズの純粋な経験に対し、西田の概念は心理的及び存在論的に解釈される必要があると考える理由について、また二人の相違性についても言及する予定である。
Theorien und Methoden der Interkulturellen Philosophie. Zu den Aufgaben und Möglichkeiten eines jungen, interdisziplinären Forschungszweiges. 単著 2020年 3月 愛知県立大学多文化共生研究所、(共生の文化研究・第14号) Journal of Cultural Symbiosis Research No. 14. In der Arbeit mit philosophischen Texten kann durch die Wahl der jeweiligen Arbeitsmethode, des theoretischen Ansatzes und des individuellen Erfahrungshorizontes ein subjektiver Standpunkt nie ganz vermieden werden. Da dieser subjektive Standpunkt jedoch nicht beliebiger, sondern professioneller Natur ist und zum Zwecke der wissenschaftlichen Textproduktion zu begründen ist, werden in diesem Aufsatz die Grenzen und Möglichkeiten solcher textwissenschaftlicher Zugänge diskutiert, die das Arbeitsfeld der Autorenschaft in der Philosophie und den Kulturwissenschaften problematisieren. Für ein besseres Verständnis wird dabei besonders das Verhältnis der Ethnologie zur Philosophie beleuchtet und hier insbesondere die Beziehung der Ethnologie zur Hermeneutik und Phänomenologie.
Die Überwindung der neuzeitlichen Subjektphilosophie. Eine vergleichende Analyse zum Begriff der „Reinen Erfahrung“ im Denken von Nishida Kitarō und William James (Teil 2). 現代の主題哲学の超克-西田幾多郎とウィリアム・ジェームズの思考における「純粋な経験」の概念の比較分析(後編) 単著 2020年10月 金城学院大学論集第17巻 第3号 Der erste Teil der Untersuchung zeigte, dass es sich bei beiden Konzeptionen eines kontinuierlichen Bewusstseinsstroms nicht einfach um eine Begriffsübernahme Nishidas handelt, sondern, dass es sich bei der oft psychologisch verstandenen Pure Experience von William James eigentlich um eine interdisziplinär vieldeutig interpretierbare Vorstellung von Erfahrung handelt, die sowohl psychologisch als auch phänomenologisch ausgelegt werden kann. Der erste Teil der Untersuchung, dass der Reinen Erfahrung und der Pure Experience gleichermaßen drei unumstößliche Prämissen zugrunde liegen. (Einheitlichkeit des Bewusstseins, Kontinuität des Bewusstseinsstroms, Konkretheit und Momenthaftigkeit der Erfahrung) In diesem zweiten Teil wird erörtert, welche Schlüsse sich aus dieser Übereinstimmung ziehen lassen.
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
「母国の紹介・ ドイツとドイツ歌曲」 2006年 9月 千種区高見学区女性会 愛知県立大学の留学生としての千種区高見学区女性会の国際エベントでの発表。
Nishida Kitarō – Rethinking the Spirit of the West. 2006年11月 名古屋大学 Presentation at the FeetForth (FF06) International Students Conference (16-17th November) of the Graduate School of International Development at the Nagoya University.
Participate in creating our Future - Suggested ways for dealing with problems of globalization. 2006年12月 国連大学 (UNU Global Seminar in Hama/ Japan.) 国連大学グローバル・セミナー第8回沖縄セッションでのグループ発表。UNU Global Seminar–8th Okinawa Session, „Globalization: What can we do to establish a peaceful coexistence?“
Die Reine Erfahrung bei Nishida Kitarō und William James. 2007年11月 University of Copenhagen Presentation at the annual conference of the "Phenomenological Society of the Northern Countries" at the "Institute for Individuality Research" at the University of Copenhagen.
Rethinking the Individuality of You and Me: The Self in the Philosophy of Nishida Kitarō and William James. 2008年 8月 Seoul National University This Presentation at the World Congress of Philosophy (WCP XXII) „Rethinking Philosophy today“ thrives on elucidating the similarities and differences in the philosophical concepts of the self and the other in the Philosophy of Nishida Kitarō and William James.
Fremd- und Selbsterfahrung - Phänomenologische Theorien der Intersubjektivität. 2009年 4月 University of Cologne Presentation at the annual Meeting of the „Deutschen Gesellschaft für phänomenologische Forschung e.V. (DGPF)“.
Struktur und Entfaltung des Bewusstseins im Denken Nishida Kitarōs. 2011年 9月 University of Hildesheim Presentation at a international Conference on the theme of "Nishida Kitarō 西田幾多郎 in der Philosophie des 20. Jahrhunderts - Zum 100. Erscheinungsjubiläum der Studie über das Gute (Zen no kenkyū, 1911)".
Nishida Kitarō: Kalligrafie als philosophische Ausdrucksform. 2013年 8月 University of Athens This Talk is about the relation between Art and Philosophy in Nishida's thought on the XXIII. World Congress of Philosophy:Philosophy as inquiry and way of life.
Top of page

まえがき/紹介文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Editor's Introduction 共著 2016年 7月 European Journal of Japanese Philosophy Vol.1, Chisokudō Publications Editor's Introduction together with Dr. Morisato Takeshi for the European Journal of Japanese Philosophy Vol.1, (P5~P7).
Editor's Introduction 共著 2017年11月 European Journal of Japanese Philosophy Vol.2, Chisokudō Publications Editor's Introduction together with Dr. Morisato Takeshi for the European Journal of Japanese Philosophy Vol.2, (P5~P7).
Editor's Introduction 共著 2018年 9月 European Journal of Japanese Philosophy Vol.3, Chisokudō Publications Editor's Introduction together with Dr. Morisato Takeshi for the European Journal of Japanese Philosophy Vol.3, (P7~P8)
Top of page

書評

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Nishitani Osamu, Wunderland der Unsterblichkeit 単著 2016年 7月 European Journal of Japanese Philosophy Vol.1, Chisokudō Publications 西谷修の1996年07月10日に日本で出版された不死のワンダ-ランドのドイツ翻訳についての書評。(P375~P378)西谷修の著書「不死のワンダーランド」(1996年7月10日出版)のドイツ語訳についての書評。
Philosophie im Gegenwärtigen Japan 単著 2018年 9月 European Journal of Japanese Philosophy Vol. 3, Chisokudō Publications In this book review (a collection of translated philosophical texts) published and translated by Prof. Hans Peter Liederbach, the importance of translations in the field of Philosophy is made essential to show how translation might foster a balanced intercultural academic exchange between scholars in Japan and Germany. (P318~P321)
Top of page

シンポジウム報告

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
The 4th Conference of the ENOJP:Übergänge-Transitions. 移り渉り: Crossing the Boundaries in Japanese Philosophy」 共著 2019年 3月 愛知県立大学多文化共生研究所、(共生の文化研究・第13号) Journal of Cultural Symbiosis Research No. 13 This report of the fourth international Conference in Hildesheim (Germany) was published together with Leon Krings in the Journal of Cultural Symbiosis Research No. 13(P105~P109)
Top of page

シンポジウム/学会報告

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Bericht zum fünfjährigen Bestehen des European Network of Japanese Philosophy (ENOJP)」 単著 2019年10月 Tetsugaku, Vol. 3 (2019) The Philosophical Association of Japan (日本哲学会) A report in the International Journal "Tetsugaku" about the five years of existence of the European Network of Japanese Philosophy (ENOJP) The present report thrives on giving a brief account of the significant milestones of the network since its foundation, recalls the accomplishments of the last five years, and provides an outlook on the forthcoming anniversary event.
Top of page
検索結果に戻る