金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナオオハラ ナオキ
ローマ字OHARA Naoki
氏名大原 直樹
メールoharan@kinjo-u.ac.jp
学位薬学博士 
所属薬学部 / 薬学科
職名教授
所属学会日本脂質栄養学会 日本毒性学会 日本薬理学会 日本薬学会 日本薬剤師会 
専門分野基礎医学 生活科学 薬学   
研究課題食用油の安全性に関する研究 食品、医薬品の安全性に関する研究  

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
1977年 4月 日本薬理学会会員(昭和61年学術評議員) 現在に至る
1988年 2月 日本薬学会会員 現在に至る
1988年 4月 日本生化学会会員 2014年 3月迄
1998年11月 日本毒性学会会員 現在に至る
2004年10月 大気環境学会会員 2006年 3月迄
2005年 4月 日本脂質栄養学会 現在に至る
2008年 8月 お茶の水女子大学ライフワールド・ウオッチセンター(事務局:増田研究室)主催の「知の市場」に参加、準備に携わり、平成21年夏に主婦連および食品薬品安全センター秦野研究所共催で、「化学生物総合管理学特論 中級」を開講した。(「食品の一般毒性試験」を講義) 2009年 8月迄
2009年11月 金城学院大学エクステンションプログラム。2009.11.17「心配の種 おいしい油」、 2010.6.12「食品の安全性評価」  2010年 6月迄
2010年 日本脂質栄養学会評議員
2010年10月 日本脂質栄養学会第19回大会 大会長 2010年10月迄
2010年12月 上記項目の「知の市場」講義を12月22日、早稲田大学にて担当。油の安全性について新しい知見を盛り込む。 2010年12月迄
2011年 1月 日本脂質栄養学会理事 現在に至る
2011年 1月 日本薬学会東海支部長 2011年12月迄
2011年 2月 日本薬学会東海支部長(2011年7月第57回東海支部学術大会長) 2012年 1月迄
2011年 9月 脂質栄養学会「油脂安全性委員会」委員長 現在に至る
2011年 9月 日本脂質栄養学会・小児脂質栄養委員会委員 2013年 3月迄
2012年 1月 岐阜大学工学部 集中講義 生命工学特論 2012年 1月迄
2012年 1月 「知の市場」講師(早稲田大学理工学部) 2012年 1月迄
2014年 1月 日本薬理学会代議員 2016年迄
2015年 1月 日本薬学会代議員 現在に至る
Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Calcium-Antagonisms」(Eds. A. Fleckenstein, H. Roskamm) 共著 1981年 Springer Verlag, Berlin P221-229 Blockade of renal autoregulatory vasoconstriction by calcium antagonists. Koroku Hashimoto, Hiroshi Ono, Naoki O'Hara
「New Therapy of Ischemic Heart Disease and Hypertension」(Eds. K. Hashimoto, C. Kawai) 共著 1982年 Medical Tribune, Tokyo P44-49 Vasodilator action of calcium antagonists with special reference to their effect on the autoregulation of renal blood flow. Hiroshi Ono, Nobuyuki Ogawa, Takuo Sato, Naoki O'Hara, Koroku Hashimoto
「食品安全性辞典」 共著 1998年 8月 共立出版 大原直樹,小野宏,大島赴夫他,著者144名 総ページ数505(小野宏,小島康平,斎藤行生,林裕造 監修)
「トキシコロジー用語事典」 共著 2003年 7月 じほう 日本トキシコロジー学会編集 大原直樹,小野宏,大野泰雄他,著者116名 総ページ数464
「安全性薬理試験マニュアル」 共著 2009年 9月 エル・アイ・シー 第3章コアバッテリー以外の安全性薬理試験法の実際と評価 第1節腎・尿系P105-115.第6章化学構造からみた作用と安全性薬理試験 第3節腎/尿系へ影響を及ぼす化学物質と構造式P371-385.大原直樹,橋本敬太郎他,著者46名 総ページ数432
「食品安全性辞典」 共著 2010年11月 共立出版 前出。改訂2版
ミニブタにおける植物油脂の内分泌撹乱作用 共著 2012年 6月 第43回日本脂質生化学会 奥山治美、大原直樹、山田和代、宮澤大介、安井裕子、野々垣常正、小林身哉、北森一哉、河村典久、渡邉真一、市川祐子、橋本洋子、半谷 朗、本間誠二、大貫洋二、永田洋子、斎藤義明、臼見憲司、斎藤敏樹、片桐公一、Fats to Pigs研究グループ   大豆油群(10%大豆油)、水添大豆油群(水素添加大豆油9%+大豆油1%)、カノーラ油群(カノーラ油9%+大豆油1%)を雄性ミニブタ(NIBS系)に離乳後、18ヶ月給餌した。このときのステロイドホルモン変動について解析した。
Industrial control of guidelines for lipid nutrition. In “Fat and cholesrerol don’t cause heart attacks and statins are not the solution” 共著 2016年 8月 Columbus UK 脂質栄養のあり方、行政、民間企業の無知、コレステロールは下げる必要がないこと、スタチンの無効性などを説いた。 Okuyama H, Langsjoen PH, Langsjoen AM, Ohara N. In “Fat and cholesrerol don’t cause heart attacks and statins are not the solution” Rosch PJ ed. pp.73-112 (2016)
糖尿なのに脂質(あぶら)が主因! 共著 2017年 6月 日本脂質栄養学会・クオリティケア 糖尿病と合併症の予防には、脂質栄養の知識が欠かせない。最近、明らかにされつつある食用植物油の毒性にも触れ、糖尿病は人災であることを認識させる。
日本人は絶滅危惧民族  誤った脂質栄養が拍車 共著 2019年 9月 中日出版 1960年以降の国の栄養指導の中で、誤った脂質摂取指導が日本人の健康を害してきた。また、コレステロール低下を目指した誤った認識に基づく医療と植物油摂取を推奨する間違った栄養指導は、様々な思惑によって、全貌が隠蔽されようとしている。
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Difference in the responses to perhexiline induced by the different concentration of solution administered intravenously in anesthetized dogs」 共著 1979年11月 応用薬理18:767-771. カルシウム拮抗薬パーヘキシリンの静脈内投与時における,溶媒の影響を調べた。Hiroshi Ono, Naoki O'Hara, Katsunori Oguro
「Determination of captopril in biological fluids by gas liquid chromatography」 共著 1980年 1月 Journal of Chromatography 188:177-183. ガスクロマトグラフィーによるカプトプリルの血中濃度測定法を検討した。Yasuhiko Matsuki, Katsuharu Fukuhara, Tomiharu Ito, Hiroshi Ono, Naoki O'Hara, Toru Yui, Toshio Nambara(査読あり)
「Perhexiline maleateの一般薬理作用知見補遺」 共著 1980年 8月 応用薬理18:767-771. カルシウム拮抗薬パーヘキシリンの一般薬理試験評価結果の報告(新薬申請資料)。橋本虎六,小野宏,林裕造,小黒捷義,大原直樹,木村道子,勝村英夫
「Vasodilating effects of perhexiline, glyceryl trinitrate and verapamil on the coronary, femoral, renal and mesenteric vasculature of the dog」 共著 1981年 3月 Journal of Cardiovascular Pharmacology 3:251-268. 血液環流イヌ臓器標本を用い,パーヘキシリン,ニトログリセリン,ベラパミルの血管作用を比較した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, KatsunoriOguro, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Effect of perhexiline on atrioventricular nodal function of anesthetized dogs」 共著 1981年 5月 Journal of Cardiovascular Pharmacology 3:446-454. 麻酔イヌにおけるパーヘキシリンの変伝導効果に対する効果をを解析した。Hiroshi Ono, Naoki O'Hara (査読あり)
「Analysis of the mechanism of acute decrease of blood pressure induced by captopril(SQ 14, 225)in dogs by the use of aprotinin, Sar1-Ile8 angiotensin II and indomethacin」 共著 1981年 6月 Japanese Circulation Journal 45:672-679. 麻酔イヌを用い,カプトプリルの急性降圧効果を観察,解析した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Effects of perhexiline on hemodynamics in anesthetized open-chest dogs」 共著 1981年12月 Japanese Heart Journal 22:951-958. 麻酔開胸イヌにおけるパーヘキシリンの血行動態に対する効果を評価した。Hiroshi Ono, Naoki O'Hara, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Flunisolide の一般薬理作用 (2) 末梢作用」 共著 1982年 3月 応用薬理23:391-416. 新規抗菌薬Flunisolideの安全性評価(新薬申請資料)。(小野宏,大原直樹,木村道子,勝村英夫,山下章代,宿野部和一)
「Effect of an antianginal drug, perhexiline, on myocardial oxygen con-sumption in anesthetized open-chest dogs compared with verapamil and glyceryl trinitrate」 共著 1982年 6月 Japanese Circulation Journal 46:559-567. パーヘキシリンの心筋代謝に及ぼす影響をニトログリセリン,ベラパミルと比較,評価した。Hiroshi Ono, Naoki O'Hara, Koroku Hashimoto(査読あり)
「電解質加高張ブドウ糖輸液製剤HI-800 の一般薬理試験」 共著 1982年 6月 基礎と臨床16: 1-14. 新規開発電解質加高張ブドウ糖輸液製剤の安全性評価(新薬申請資料)。小野宏,山下章代,大原直樹,金澤由基子
「Different effects of captopril on blood pressure in the acute and chronic two-kidney Goldblatt hypertensive dogs」 共著 1982年 7月 Japanese Circulation Journal 46:706-714. カプトプリルの降圧効果を片腎動脈狭窄高血圧イヌの急性期と慢性期で比較した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Potentiation of bradykinin-induced decrease of blood pressure in dogs by SQ14, 551, the disulfide metabolite of captopril」 共著 1982年 9月 Japanese Journal of Pharmacology 32:934-937. カプトプリルの降圧効果には同物質の二量体代謝物が関与し,それはブラジキニン増強作用が強いことを示した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Participation of kinins or prostaglandins on SQ14, 551-induced immediate decrease of blood pressure in anesthetized dogs」 共著 1983年 3月 Japanese Journal of Pharmacology 33:485-488. カプトプリルの二量体代謝物が起こす降圧の機序の一つとしてプロスタグランジンの関与を示した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, Koroku Hashimoto(査読あり)
「Estimation of cardiodepressant potency of nadolol, alprenolol, pro-pranolol and pindolol, beta-blocking agents, in heart-lung preparation and blood perfused excised papillary muscle preparation of the dog」 共著 1983年12月 Japanese Journal of Pharmacology 36:507-517. 血液灌流摘出イヌ心筋標本を用い,β遮断薬の心抑制効果を比較評価した。Hiroshi Ono, Yukiko Kanazawa, Naoki O'Hara, Koroku Hashimoto(査読あり)
「乾燥polyethylene glycol処理ヒト免疫globulin(GV-523) の一般薬理試験(自律神経系)」 共著 1983年12月 応用薬理26:877-886. ヒト由来生物製剤の安全性評価(新薬申請資料)。小野宏,山下章代,宿野部和一,大原直樹,木村道子,勝村英夫
「beta-Adrenoceptor changes in human lymphocytes, induced by dynamic exercise」 共著 1984年 2月 Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 325: 190-192. ヒトにおける運動によるβ受容体数の変化をリンパ球上のベータ受容体密度で調べた。Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Naoki O'Hara(査読あり)
「A study on the cardiodepressant action of a beta-blocking agent, carteolol in heart-lung preparation of the dog」 共著 1984年 9月 Japanese Circulation Journal 48:1030-1044, (1984). β遮断薬の心抑制効果をイヌ心肺標本を用いて評価した。Hiroshi Ono, Naoki O'Hara(査読あり)
「Human cardiac beta-adrenoceptors: Both beta1- and beta2-adrenoceptors are functionally coupled to the adenylate cyclase in right atrium.」 共著 1984年11月 Journal of Cardiovascular Pharmacology 6:1184-1191. ヒト心筋にはβ受容体の二つのサブタイプが存在し,いずれもアデニル酸シクラーゼとリンクしていることを示した。Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara, Hans-Reinhard Zerkowski, Norbert Rohm H(査読あり)
「Identical binding properties of(+/-)- and (-)125iodocyanopindolol to beta2-adrenoceptors in intact human lymphocytes」 共著 1984年11月 Archives internationales de Pharmacodynamie et de Therapie 272:24-39. シアノピンドロールによるバインディングアッセイ時に,その−体とラセミ体を用いることに差があるか否かを解析した。Naoki O'Hara, Otto-Erich Brodde(査読あり)
「Increased density and responsiveness of alpha 2 and beta-adrenoceptors in circulating blood cells of essential hypertensive patients」 共著 1984年12月 J Hypertens Suppl.2(3):S111-S114. 高血圧患者ではリンパ球β受容体および血小板アルファ受容体の密度が上昇していることを示した。Brodde OE, Daul A, O'Hara N, Bock KD(査読あり)
「乳酸桿菌菌体を主成分とする抗腫瘍薬LC-9018の一般薬理試験」 共著 1984年12月 応用薬理28:733-773,(1984). 免疫増強効果を狙った乳酸桿菌菌体破砕物の安全性評価(新薬申請資料)。小野宏,勝村英夫,大原直樹,金澤由基子,宿野部和一,尾川信之,木村道子,山下章代,矢島高二
「Properties of alpha- and beta-adrenoceptors in circulating blood cells of patients with essential hypertension」 共著 1985年 1月 Journal of Cardiovascular Pharmacology 7 Suppl.6:S162-S167. 本態性高血圧患者のリンパ球におけるアドレナリン受容体密度変化の総説的論文。Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Naoki O'Hara, Adel M. Khalifa(査読あり)
「Effects of beta-adrenoceptor antagonist administration on beta2-adrenoceptor density in human lymphocytes. The role of the “intrinsic sympathomimetic activity”」 共著 1985年 2月 Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 328:417-422. β遮断薬投与による受容体密度の変化が,その内因性アゴニスト効果で左右されることを示した。Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Norbert Stuka, Naoki O'Hara, Ulrich Borchard(査読あり)
「Different mechanisms underlying reduced beta2-adrenoceptor responsiveness in lymphocytes from neonates and old subjects」 共著 1985年 7月 Mechanisms of Ageing and Development 31:115-122. ヒトリンパ球のβ受容体反応性が加齢に伴って下がることを,新生児と老人の血球で確認した。N. O'Hara, A. E. Daul, R. Fesel, U. Siekmann, O.-E. Brodde(査読あり)
「Terbutaline-induced desensitization of human lymphocyte beta2-adrenoceptors. Accelerated restoration of beta-adrenoceptor responsiveness by prednisone and ketotifen.」 共著 1985年 9月 Journal of Clinical Investigation 76:1096-1101. テルブタリンによるβ受容体のdesensitizationからの回復がprednisone や ketotifen処置によって早まることを確認した。O.-E. Brodde, M. Brinkmann, R. Schemuth, N. O'Hara, A. Daul(査読あり)
「Acute regulation of lymphocyte beta 2-adrenoceptors is altered in patients with essential hypertension」 共著 1985年12月 J Hypertens Suppl.3(3):S149-S152. 高血圧患者におけるベータ受容体の密度および機能変化を示した。Brodde OE, Daul AE, O'Hara N, Wang XL, Bock KD(査読あり)
「Effect of propranolol, alprenolol, pindolol and bopindolol on beta2-adrenoceptor density in human lymphocytes」 共著 1986年 Journal of Cardiovascular Pharmacology 8 Suppl.6:S70-S73. ヒトリンパ球上のβ受容体密度を指標に,ベータ遮断薬の内因性アゴニスト効果を比較した。O.-E. Brodde, X.- L. Wang, N. O'Hara, A. Daul, W. Schiess(査読あり)
「Alpha2-adrenergic receptors on canine platelet membranes characterized by[3H]-yohimbine binding」 共著 1986年 5月 Research Communications in Chemical Pathology and Pharmacology 52:179-194. イヌの血小板にα受容体が存在することを示し,薬理学的に利用価値があることを予測した。Naoki O'Hara, Syunji Yokota, Yasuhide Kouchi, Hiroshi Ono(査読あり)
「Papaverine inhibits bindings of [3H]-prazosin and [3H]-yohimbine to rat renal cortical membranes」 共著 1986年11月 Research Communications in Chemical Pathology and Pharmacology 54:157-171. ラット腎組織におけるβ受容体のサブタイプの存在をバインディングアッセイで調べた。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono(査読あり)
「Direct evidence for the interaction between papaverine and alpha2-adrenergic receptors in canine platelets」 共著 1987年 3月 Life Sciences 40:1301-1308. イヌ血小板のα受容体を指標にパパベリンに結合能があることを示した。Naoki O'Hara, Hiroshi Ono(査読あり)
「Effects of l-carnitine on membrane potential derangements induced by palmitoylcarnitineand anoxia in isolated surperfused guinea-pig papillary muscle」 共著 1989年11月 Research Communications in Chemical Pathology and Pharmacology 66:179-190. 心筋保護薬カルニチンの心筋活動電位に及ぼす影響を調べた。Syunji Yokota, Yutaka Hironaka, Naoki Ohara(査読あり)
「LC-9018 の一般薬理試験(補遺)」 共著 1989年12月 薬理と治療17 Suppl.6:63-84. 免疫増強効果を狙った乳酸桿菌菌体破砕物の安全性評価。補遺(新薬申請資料)。小野宏,大原直樹,横田俊二,瀧澤美保子,石黒由美子,小西知香,勝村英夫,宿野部和一,尾川信之 
「抗炎症薬2-(10, 11-Dihydro-10 oxodibenzo[b, f]thiepin-2-yl)propionic acid (CN-100)のラットにおける身体依存性試験」 共著 1990年 4月 医薬品研究 21:559-573. 新規抗炎症薬の中枢毒性評価(新薬申請資料)。小野宏,尾川信之,勝村英夫,宿野部和一,大原直樹,久原和憲,武井峰男(査読あり)
「自然発症高血圧ラットにおけるBenazepril hydrochlorideと利尿薬,beta-blockerあるいはCa channel blockerとの併用時の降圧効果」 共著 1991年 3月 薬理と治療19:151-160. Benazepril hydrochlorideと降圧治療目的での多剤併用効果比較(新薬申請資料)。瀧澤美保子,勝村英夫,鈴木香,大原直樹
「Antihypertensive action of the novel angiotensin converting enzyme inhibitor benazepril hydrochloride in hypertensive rat models」 共著 1991年 6月 Arzneimittelforschung 41:608-612. 高血圧ラットを使った新規アンジオテンシン変換酵素阻害剤の効果分析。Tanaka M, Yamamoto S, Kenzo Nakao, Inukai T, Nobuyuki Ogawa, Hideo Katsumura, Naoki Ohara, Kazuichi Shukunobe, Hiroshi Ono(査読あり)
「Pharmacology of phosphorus-containing novel angiotensin converting enzyme inhibitor, SQ29, 852 in anesthetized dogs」 共著 1991年12月 Journal of Pharmacobio-Dynamics 14:655-662. 新開発アンジオテンシン変換酵素阻害薬の薬効概要を麻酔イヌで調べた。Naoki Ohara, Syunji Yokota, Chika Konishi, Kazuichi Shukunobe, Hiroshi Ono(査読あり)
「General pharmacology of Epinastine hydrochloride (WAL 801), an antiallergic agent」 共著 1992年 1月 薬理と治療20:63-90. 抗アレルギー薬塩酸エピナスチンの一般薬理作用を総括した(新薬申請資料)。Naoki Ohara, Mihoko Takizawa, Syunji Yokota, Hideo Katsumura, Chika Konishi, Yumiko Ishiguro, Kazuichi Shukunobe, Hisato Kitagawa
「Pharmacological studies of a novel cardiotonic agent, pimobendan (UD-CG 115 BS)」 共著 1992年 4月 薬理と治療20:129-160. 新規強心薬,pimobendan の薬効概要。Syunji Yokota, Mihoko Takizawa, Hideo Katsumura, Kazuichi Shukunobe, Yumiko Ishiguro, Hisato Kitagawa, Naoki Ohara
「アンジオテンシン変換酵素阻害剤(S)-1-[6-Amino-2-[[hydroxy-(4-phenylbutyl)phosphinyl] oxy]-1- oxohexyl]-L-proline(SQ29, 852)の一般薬理試験(III)消化器系,泌尿生殖器系,血液ならびに炎症に対する影響」 共著 1992年 4月 医薬品研究23:404-422. アンジオテンシン変換酵素阻害剤,SQ29, 852の消化器系,泌尿生殖器系,血液ならびに炎症に対する影響を調べた(新薬申請資料)。大原直樹,横田俊二,尾川信之,勝村英夫,宿野部和一,糸川幸子,小野宏(査読あり)
「アンジオテンシン変換酵素阻害剤(S)-1-[6-Amino-2-[[hydroxy-(4-phenylbutyl)phosphinyl] oxy]-1- oxohexyl]-L-proline(SQ29, 852)の一般薬理試験(I) 一般症状,中枢神経系及び末梢神経系に対する影響」 共著 1992年 4月 医薬品研究23:379-394. アンジオテンシン変換酵素阻害剤,SQ29, 852の一般症状,中枢神経系及び末梢神経系に対する影響を調べた(新薬申請資料)。大原直樹,横田俊二,尾川信之,勝村英夫,宿野部和一,糸川幸子,小野宏(査読あり)
「非イオン性低浸透圧性ヨード造影剤Ioversolの一般薬理試験」 共著 1992年 4月 医薬品研究23:423-429. 非イオン性低浸透圧性ヨード造影剤Ioversolの一般薬理試験結果総括(新薬申請資料)。横田俊二,瀧澤美保子,勝村英夫,宿野部和一,石黒由美子,大原直樹,小野宏(査読あり)
「Hypotensive effect of a phosphorus-containing novel angiotensin converting enzyme inhibitor, SQ29, 852 in conscious hypertensive dogs」 共著 1992年 6月 Journal of Pharmacobio-Dynamics 15:267-276. 新開発アンジオテンシン変換酵素阻害薬の薬効概要を覚醒イヌで調べた。Naoki Ohara, Mihoko Takizawa, Syunji Yokota, Nobuyuki Ogawa, Hiroshi Ono(査読あり)
「アンジオテンシン変換酵素阻害剤(S)-1-[6-Amino-2-[[hydroxy-(4-phenylbutyl)phosphinyl] oxy]-1- oxohexyl]-L-proline(SQ29, 852)の一般薬理試験(II)循環器系,呼吸器系に対する影響」 共著 1992年 7月 医薬品研究23:395-403. アンジオテンシン変換酵素阻害剤,SQ29, 852の循環器系,呼吸器系に対する影響を調べた(新薬申請資料)。大原直樹,横田俊二,尾川信之,勝村英夫,宿野部和一,糸川幸子,小野宏(査読あり)
「ヒト尿由来上皮細胞成長因子MG 111 の一般薬理作用(I)」 共著 1992年12月 薬理と治療20 Suppl.12:315-343. ヒト尿由来上皮細胞成長因子MG 111の一般薬理作用をまとめた報告(新薬申請資料)。野口桂一,松尾克郎,山口智宏,渡辺泰,入江大祐,大原直樹,石黒由美子,勝村英夫,吉田弘道,横田俊二,小西知香,鎌田勝雄,亀山勉
「自然発症高血圧ラットおよび2腎性1側腎動脈狭窄高血圧ラットにおけるSQ 29, 852の降圧作用」 共著 1992年12月 薬理と治療20:99-106. 自然発症高血圧ラットと2腎性1側腎動脈狭窄高血圧ラットにおいてSQ 29, 852 の降圧効果を比較した。勝村英夫,石黒由美子,吉田弘道,大原直樹
「組み換え沈降B型肝炎ワクチンBR-HBの一般薬理試験」 共著 1993年 2月 基礎と臨床27:7-23. 組み換え沈降 B型肝炎ワクチンBR-HBの一般薬理試験総括報告(新薬申請資料)。勝村英夫,石黒由美子,吉田弘道,大原直樹,吉田巌,合田英雄
「抗パーキンソン病薬Talipexoleの一般薬理試験(2)」 共著 1993年 9月 薬理と治療21:363-375. 抗パーキンソン病薬Talipexoleの一般薬理試験を一部担当し,総括(新薬申請資料)。大原直樹,松岡由美子,勝村英夫,小西知香,吉田弘道,内藤由紀子,西脇秀幸
「MRI 用造影剤AMI-25の一般薬理」 共著 1993年11月 薬理と臨床3:7-25. MRI 用造影剤AMI-25の一般薬理試験を実施し,報告(新薬申請資料)。石黒由美子,小西知香,勝村英夫,宿野部和一,瀧澤美保子,宮原香,大原直樹
「新規Ca++拮抗薬lacidipineの一般薬理作用」 共著 1994年 1月 薬理と臨床4:7-40. 新規 Ca++拮抗薬, lacidipine の一般薬理作用をまとめた報告(新薬申請資料)。原勝利,芳崎新,前田真理子,沖山雅彦,勝村英夫,横田俊二,石黒由美子,小西知香,宿野部和一,尾川信之,瀧澤美保子,大原直樹
「Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の一般薬理試験(第1報)一般症状および中枢神経系に対する影響」 共著 1996年 応用薬理52:139-145. Anthracycline 系抗癌抗生物質 Menogaril(TUT-7)の一般症状および中枢神経系に対する影響をまとめた報告(新薬申請資料)。橋本宗弘,小野宏,大原直樹,尾川信之,小西知香,横田俊二,勝村英夫,瀧澤美保子,宿野部和一,石黒由美子
「Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の一般薬理試験(第2報)循環器系,呼吸器系に対する影響」 共著 1996年 応用薬理52:146-160. Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の循環器系,呼吸器系に対する影響をまとめた報告(新薬申請資料)。橋本宗弘,小野宏,大原直樹,尾川信之,小西知香,横田俊二,勝村英夫,瀧澤美保子,宿野部和一,石黒由美子
「Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の一般薬理試験(第3報)末梢神経系,消化器系に対する影響」 共著 1996年 応用薬理52:161-171. Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の末梢神経系,消化器系に対する影響をまとめた報告(新薬申請資料)。橋本宗弘,小野宏,大原直樹,尾川信之,小西知香,横田俊二,勝村英夫,瀧澤美保子,宿野部和一,石黒由美子
「Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の一般薬理試験(第4報)泌尿生殖器系,血液系その他に対する影響」 共著 1996年 応用薬理52:173-184. Anthracycline系抗癌抗生物質Menogaril(TUT-7)の泌尿生殖器系,血液系その他に対する影響をまとめた報告(新薬申請資料)。橋本宗弘,小野宏,大原直樹,尾川信之,小西知香,横田俊二,勝村英夫,瀧澤美保子,宿野部和一,石黒由美子
「Age-related differences and roles of endothelial nitric oxide and prostanoids in angiotensin II responses of isolated, perfused mesentericarteries and veins of rats」 共著 1997年 2月 European Journal of Pharmacology 320:175-181. 摘出腸間膜動静脈血管床のアンジオテンシンII反応性が加齢によって変化する機構には内皮のNOやプロスタノイドが関与することを見出した。Chika Konishi, Yukiko Naito, Yoshiaki Saito, Naoki Ohara, Hiroshi Ono(査読あり)
「ATP-induced, P2U purinoceptor-mediated constriction of isolated, perfused mesenteric beds of the rat」 共著 1998年 2月 European Journal of Pharmacology 363:157-160. 摘出腸間膜動静脈血管床のATP受容体が血管部位によって違った分布をし,反応性の差異に影響することを示した。Naoki Ohara, Chika Konishi, and Yukiko Naito(査読あり)
「Cardioprotective effects of an angiotensin-converting-enzyme inhibitor, imidapril, and Ca++channel antagonist, amlodipine, in spontaneously hypertensive rats at established stage of hypertension」 共著 1998年 4月 Japanese Journal of Pharmacology 77:79-87. SHRを用い,imidaprilとamlodipineの心保護作用を解析した。Syunji Yokota, Yukiko Naito, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara, Hiroshi Narita(査読あり)
「Differences in responses to norepinephrine and ATP in isolated, perfused mesenteric vascular beds between normotensive and spontaneously hypertensive rats」 共著 1998年11月 Journal of Cardiovascular Pharmacology 32:807-818. 摘出腸間膜血管床のATP反応を動静脈同時に観察し,高血圧症による反応性の変化を調べた。Yukiko Naito, Chika Konishi, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara(査読あり)
「Changes in the regulation by endothelium of norepinephrine response in isolated, perfused mesenteric vascular bed of rats at different ages」 共著 1998年12月 Mechanisms of Ageing and Development 106:161-172. 摘出腸間膜動静脈血管床のノルアドレナリン反応性が加齢に伴い変化する時の内皮機能の関与を解析した。Chika Konishi, Yukiko Naito, Naoki Ohara (査読あり)
「Age-related changes in Adenosine 5'-triphosphate response of isolated, perfused mesenteric arteries of rats」 共著 1999年 3月 Life Sciences 64:1265-1273. 摘出腸間膜動静脈血管床のATP反応性の加齢による差異を薬理学的に解析した。Chika Konishi, Yukiko Naito, Naoki Ohara (査読あり)
「Dietary intake of rapeseed oil or soybean oil as the only fat nutrient in spontaneously hypertensive rats and Wistar Kyoto rats -blood pressure and pathophysiology」 共著 2000年 5月 Toxicology 146 (2-3):197-208. SHRとWKYラットで菜種油26週間摂取が及ぼすさまざまな生理学的,病理学的効果をまとめた。Yukiko Naito, Hiromichi Yoshida, Tomoko Nagata, Azusa Tanaka, Hiroshi Ono, Naoki Ohara (査読あり)
「Blood coagulation andosmolar tolerance of erythrocytes in stroke-prone spontaneously hypertensive rats given rapeseed oil or soy bean oil as the only dietary fat 」 共著 2000年 8月 Toxicology Letters 116/3:209-215. SHR-SPにおいて菜種油強制投与が血液凝固時間,赤血球膜の浸透圧耐性に影響を及ぼすことを示した。Yukiko Naito, Chika Konishi, Naoki Ohara (査読あり)
「Changes in Na+, K+-ATPase activity and blood pressure of stroke-prone spontaneously hypertensive rats after 4-week intake of rapeseed oil or soybean oil as the only dietary fat」 共著 2000年 9月 Pharmacology and Toxicology 87:144-148. SHR-SPにおいて菜種油強制投与がNa+ , K+-ATPase 活性を変化させることを示した。Yukiko Naito, Chika Konishi, Hideo Katsumura, Naoki Ohara (査読あり)
「Thirteen-week dietary intake of rapeseed oil or soybean oil as the only dietary fat in Wistar Kyoto rats -Change in blood pressure-」 共著 2000年 9月 Food and Chemical Toxicology 38/9:811-816. 13週間の菜種油摂取がWKYラットの血圧に及ぼす影響を調べ,臨床化学的データも得た。Yukiko Naito, Kikuko Kasama, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara (査読あり)
「Plasma triglyceride-rich lipoprotein remnants as a risk factor of 'Pokkuri Desease'」 共著 2001年 6月 Legal Medicine 3:84-94. 血漿中リポたんぱく質レムナントのTGと心臓突然死との関連の疫学的調査。Sanae Takeichi, Yasuhiro Nakajima, Nobuhiro Yukawa, Takeshi Saito, Yoshihisa Seto, Xiu-Lin Huang, Takahiko Kusakabe, Zheng-Bin Jin, Iwao Hasegawa, Takamitsu Nakano, Abby Saniabadi, Masakazu Adachi, Naoki Ohara, Tao Wang, Katsuyuki Nakajima (査読あり)
「Rapeseed oil ingestion and excerbation of hypertension-related conditions in stroke prone spontaneously hypertensive rats」 共著 2003年 5月 Toxicology 187:205-216. 菜種油摂取がSHR-SPの遺伝的病態を促進,悪化させることを示した。Yukiko Naito, Tomoko Nagata, Yuko Takano, Takashi Nagatsu, Naoki Ohara (査読あり)
「Remnant-like particles from subjects who died of coronary artery disease suppress NO synthase activity and attenuate endothelium-dependent vasorelaxation」 共著 2003年12月 Clinica Chimica Acta 338:151-156. ヒト血漿リポたんぱく質レムナントがNOSの活性を下げる可能性をウサギの血管標本で示した。Naoki Ohara, Sanae Takeichi, Yukiko Naito, Yasuhiro Nakajima, Nobuhiro Yukawa, Takamitsu Nakano, Katsuyuki Nakajima (査読あり)
「Delayed exacerbation of acute myocardial ischemia/reperfusion-induced arrhythmia by tracheal instillation of diesel exhaust particles. 」 共著 2004年 1月 Inhalation Toxicology 16:319-331. ディーゼル排気粒子の気管内投与が遅発性の虚血再灌流障害を起こすことを報告。Syunji Yokota, Mami Furuya, Takayuki Seki, Hideki Marumo, Naoki Ohara, Atsunaka Kato (査読あり)
「Validity of plasma remnant lipoproteins as surrogate markers of antemortem level in cases of sudden coronary death」 共著 2004年 5月 Clin Chim Acta.343(1-2):93-103. 血漿中リポたんぱく質レムナントが心突然死のマーカーであることの評価データ。Takeichi S, Nakajima Y, Yukawa N, Fujita MQ, Saito T, Satoh F, Seto Y, Kusakabe T, Jin ZB, Hasegawa I, Nakano T, Saniabadi A, Adachi M, Ohara N, Usui S, Okazaki M, Nakajima K. (査読あり)
「Topical reactions against intracutaneous injection of three hyaluronan products, Artz(TM), Synvisc(TM) and Durolane(TM) in guinea pigs」 共著 2004年10月 Japanese Pharmacology and Therapeutics(薬理と治療)32:663-677. ヒアルロン酸製剤の安全性を比較した試験報告。Naoki Ohara, Chiaki Matsuoka, Tomoko Nagata, Yukiko Kanazawa, Hiroko Inada, Shinji Horiuchi, Katsuhiko Saegusa, Hiroshi Ono (査読あり)
「Acute functional enhancement of circulatory neutrophils after intratracheal instillation with diesel exhaust particles in rats」 共著 2005年 1月 Inhal Toxicol.17(12):671-679.  ディーゼル排気による白血球の活性化を,気管内投与後のラットで示した。Syunji Yokota, Takayuki Seki, Mami Furuya, Naoki Ohara. (査読あり)
「Exploration for unknown substances in rapeseed oil that shorten survival time of stroke-prone spontaneously hypertensive rats -Effects of super critical gas extraction fractions -」 共著 2006年 7月 Food and Chemical Toxicology 44:952-963. カノーラ油摂取によるラットの寿命短縮原因物質を,二酸化炭素超臨界抽出分画を投与することによって検索した。Naoki Ohara, Yukiko Naito, Tomoko Nagata, Kenjiro Tatematsu, Shinya Fuma, Shigehiro Tachibana, Harumi Okuyama. (査読あり)
「Anti-inflammatory effect of topically applied propolis extract in carrageenan-induced rat hind paw edema」 共著 2007年 5月 Phytotherapy Research 21 452-456. プロポリスには局所適用によっても抗炎症効果が期待できることを示した。Yukiko Naito, Misao Yasumuro, Keiichiro Kondou, Naoki Ohara (査読あり)
「A ninety-day feeding, subchronic toxicity study of oligo-N-acetylglucosamine in Fischer 344 rats」 共著 2007年 7月 Food and Chemical Toxicology 45 1186-1193. 食品添加物oligo-N-acetylglucosamineの安全性試験ガイドラインに沿った試験の報告。Kazumi Tago, Yukiko Naito, Tomoko Nagata, Tomomi Morimura, Katsuhiko Saegusa, Mami Furuya, Takayuki Seki, Hiroyasu Kato, Shinji Horiuchi, Naoki Ohara (査読あり)
「A ninety-day feeding, subchronic toxicity study of oligo-N-glucosamine in Fischer 344 rats」 共著 2007年 9月 Food and Chemical Toxicology 45 1575-1587. 食品添加物oligo-N-glucosamineの安全性試験ガイドラインに沿った試験の報告。Yukiko Naito, Kazumi Tago, Tomoko Nagata, Tomomi Morimura, Katsuhiko Saegusa, Mami Furuya, Takayuki Seki, Hiroyasu Kato, Shinji Horiuchi, Naoki Ohara (査読あり)
「The effects of organic extract of diesel exhaust particles on ischemia/reperfusion-related arrhythmia and on pulmonary inflammation」 共著 2008年 1月 Journal of Toxicological Sciences 33 1-10. ディーゼル排気吸引による虚血再灌流障害の増悪には排気粒子中にある非極性物質が関与することを示した。Syunji Yokota, Naoki Ohara, Takahiro Kobayashi (査読あり)
「Different effects of 26-week dietary intake of rapeseed oil and soybean oil on plasma lipid levels, glucose-6-phosphate dehydrogenase activity and cyclooxygenase-2 expression in spontaneously hypertensive rats」 共著 2008年 7月 Food and Chemical Toxicology 46 2573-2579. 菜種油26週間投与によるG6PD活性の上昇,腎のCOX-2発現増大をSHRで確認した。Naoki Ohara, Kikuko Kasama, Yukiko Naito, Tomoko Nagata, Yoshiaki Saito, Makiko Kuwagata, Harumi Okuyama (査読あり)
「Dietary intake of rapeseed oil as the sole fat nutrient in Wistar rats.- Lack of increase in plasma lipids and renal lesions -」 共著 2008年12月 Journal of Toxicological Sciences 33 641-645. 菜種油はWistarラットに摂取させてもSHRやSHRSPで認められるような病的変化を起こさないことを見出した。Naoki Ohara, Yukiko Naito, Tomoko Nagata, Shigehiro Tachibana, Mari Okimoto, Harumi Okuyama (査読あり)
「Tracheal instillation of diesel exhaust particles component causes blood and pulmonary neutrophilia and enhances myocardial oxidative stress in mice」 共著 2008年12月 Journal of Toxicological Sciences 33 609-620. ディーゼル排気粒子を気管内投与したマウスでは全身性の白血球活性化がおり,心筋の炎症につながる酸化ストレスが増すことを示した。Syunji Yokota, Takayuki Seki, Yukiko Naito, Shigehiro Tachibana, Naoyuki Hirabayashi, Toshiaki Nakasaka, Naoki Ohara, Hiroyuki Kobayashi (査読あり)
「Similar changes in clinical and pathological parameters in Wistar Kyoto rats after a 13-week dietary intake of canola oil or a fatty acid composition-based canola oil mimic.」 共著 2009年 1月 Food and Chemical Toxicology 47 157-162. カノーラ油とカノーラ油と同脂肪酸組成でカノーラ油を含まない混合植物油をラットに与え,毒性兆候に大きな差がないことを示した。Naoki Ohara, Yukiko Naito, Kikuko Kasama, Tomoko Shindo, Hiromichi Yoshida, Tomoko Nagata, Harumi Okuyama (査読あり)
「Locally applied TCP inhibits tumor growth via possible activation of macrophages.」 共著 2010年 2月 Journal of Biomedical Materials Research: Part A  92A, 542-547. (Feb. 20, 2009. E pub ahead of print).  骨増殖のスキャホールドであるTCPに抗腫瘍効果があることを発見した。Naito Y, Nagata T, Tachibana S, Okimoto M, Ohara N, Hakamatsuka Y, Cheng J. (査読あり)
Regional differences of the mouse brain in response to an α-linolenic acid-restricted diet: Neurotrophin content and protein kinase activity 共著 2010年10月 Life Sciences 87 490–494. n-3脂肪酸摂取がマウスの脳成長因子に及ぼす影響について検討した。Daisuke Miyazawa , Yuko Yasui, Kazuyo Yamada, Naoki Ohara, Harumi Okuyama (査読あり)
Testosterone-lowering activity of canola oil and hydrogenated soybean oilin the stroke-prone spontaneously hypertensive rat 共著 2010年10月 Journal of Toxicological Sciences 35 743-747. カノーラ油および水素添加大豆油摂取によって、SHRSPの血中テストステロンレベルが低下したことを報じた。Harumi Okuyama, Naoki Ohara, Kenjiro Tatematsu, Shinya Fuma, Tomoyuki Nonogaki, Kazuyo Yamada, Yuko Ichikawa, Daisuke Miyazawa, Yuko Yasui and Seijiro Honma (査読あり)
ラットに対するカノーラ油および水素添加大豆油の有害作用と油中の微量因子 ―ジヒドロビタミンK1様物質の関与の可能性― 共著 2011年 3月 脂質栄養学 20 (1) pp.9~22 カノーラ油および水素添加植物油のラットにおける有害効果を紹介し、その機序のカギを握る物質として、ジヒドロビタミンK1の関与を推定した。大原直樹、内藤由紀子、奥山治美 (総説)
Biochemical responses to dietary alpha-linolenic acid restriction proceed differently among brain regions in mice 共著 2011年 4月 Biomedical Research 32(4):237-245 α-リノレン酸欠乏食がマウス脳の増殖因子やシグナル伝達系に及ぼす影響が、脳の解剖学的部位に依存して異なることを発見した。(査読あり)
Arachidonic acid supplementation during gestational, lactational and post-weaning periods prevents retinal degeneration induced in a rodent model 共著 2012年10月 British Journal of Nutrition 109(8):1424-1432 ラットにおいて、MNU-誘発網膜傷害が、アラキドン酸0.1、0.5または2%を食餌に添加することによって、用量依存的に軽減された。0.5または2%では、傷害が回避できた。従って、アラキドン酸は、胎児期、新生児期の網膜保護に有効である。Yoshizawa K, Sasaki T, Kuro M, Uehara N, Takada H, Harauma A, Ohara N, Moriguchi T, Tsubura A.(査読あり)
Three dissimilar high fat diets differentially regulate lipid and glucose metabolism in obesity-resistant Slc:Wistar/ST rats. 共著 2013年 8月 Lipids 48(8):803-815 高脂肪食摂取でも肥満にならないラット、Wistar/ST rats に数種の脂肪を与え、肥満になるか否かを調べた。対照飼料、魚油、大豆油、またはラードを添加した高脂肪食を4週間与え、血中、肝組織中の脂肪を分析した。肝の脂質、糖代謝にかかわるmRNA 発現をmicroarray とPCRで調べた。魚油摂取群はペロキシゾームの脂肪分解が亢進し、血脂を下げた。大豆油高脂肪群は、ペロキシゾームの脂肪分解抑制で脂肪肝となったがVLDLは正常であった。対照群とラード摂取群の脂肪プロファイルには差がなかった。。Hashimoto Y, Yamada K, Tsushima H, Miyazawa D, Mori M, Nishio K, Ohkubo T, Hibino H, Ohara N, Okuyama H. (査読あり)。
Canola and hydrogenated soybean oils accelerate ectopic bone formation induced by implantation of bone morphogenetic protein in mice 共著 2014年 Toxicology Reports 1 (2014) 955-962 Canola oil and H2-Soybean oil accelerated bone morphogenetic protein (BMP)-induced bone formation in mice to a greater extent than Soybean oil. Further research is required to evaluate whether the difference in accelerated ectopic bone formation is associated with altered levels of VK2 and VK-dependent protein(s) among the three dietary groups. Yoko Hashimoto , Mayumi Mori, Shuichiro Kobayashi, Akira Hanya, Shin-ichi Watanabe, Naoki Ohara, Toshihide Noguchi, Tatsushi Kawai, Harumi Okuyama(査読あり)
Effects of arachidonic acid intake on inflammatory reactions in dextran sodium sulphate-induced colitis in rats 共著 2015年 British Journal of Nutrition 114 2015, pp 734-745 Male rats were administered arachidonic acid (AA) at 0, 5, 35 or 240 mg/kg, p.o., for 8 weeks. Inflammatory bowel disease was induced by 3 % dextran sulphate sodium (DSS) in drinking water during the last 7 d of AA administration. These animals passed loose stools, diarrhoea and red-stained faeces. Cox-2 concentration and myeloperoxidase activity in the colonic tissue were increased by AA 240 mg/kg. TBX B2 in the medium of cultured colonic mucosae was dose-dependently increased. Leukotriene B4 concentration was increased and saturated at 5 mg/kg. AA at 240 mg/kg promoted DSS-induced colonic mucosal oedema with macrophage infiltration. In rats with bowel disease AA metabolism is affected by oral AA, even at 5 mg/kg/d, whereas AA shows no effects in rats without inflammatory bowel disease. Y Naito, Xu Ji, S Tachibana, S Aoki, M Furuya4, Y Tazura, D Miyazawa, A Harauma, T Moriguchi, T Nagata, N Iwai, N Ohara(査読あり)
Inhibition of Excessive Cell Proliferation by Calcilytics in Idiopathic Pulmonary Arterial Hypertension 共著 2015年 9月 PLoS One. 2015; 10(9): e0138384. In this study, we examined whether pharmacological blockade of CaSR attenuated the excessive proliferation of PASMCs from IPAH patients by MTT assay.The excessive PASMC proliferationwas modulated by pharmacological tools of CaSR, showing us that calcilytics are useful for a novel therapeutic approach for pulmonary arterial hypertension. Aya Yamamura, Naoki Ohara, Kikuo Tsukamoto (査読あり)
Eicosanoids Derived From Arachidonic Acid and Their Family Prostaglandins and Cyclooxygenase in Psychiatric Disorders 共著 2015年11月 Bentham Science Curr Neuropharmacol 13: 776-785 Arachironate (AA) can be converted into active compounds by metabolism/cyclooxygenases (COX). Beneficial effect of COX-2 inhibitor celecoxib add-on therapy has been reported in early stage of schizophrenia. Moreover, the treatment of celecoxib attenuated refractory depression and bipolar depression. Further, the COX/prostaglandin E pathway plays an important role in synaptic plasticity and may be included in pathophysiology in autism spectrum disorders (ASD). In this regard, plasma transferrin, which is an iron mediator related to eicosanoid signaling, may be related to social impairment of ASD. COX-2 is typically induced by inflammatory stimuli in the majority of tissues, and the only isoform responsible for propagating the inflammatory response. Thus, COX-2 inhibitors considered as the best target for Alzheimer's disease.  Yui K, Imataka G, Nakamura H, Ohara N, Naito Y.(査読あり)
Medicines and vegetable oils as hidden causes of cardiovascular disease and diabetes. 共著 2016年 6月 Pharmacology 98: 134-170 Statin-induced suppression of prenyl intermediates in the cholesterol biosynthetic has been linked to atherosclerosis. Certain types of vegetable oil shortened survival of rats. These vegetable oils and statins and warfarin share, a common mechanism to inhibit vitamin K2-dependent processes, which was interpreted to lead to increased onset of CVD, DM, chronic kidney disease, bone fracture and even mental disorder. High n-6/n-3 fatty acid ratio of ingested foods, but not animal fats, was emphasized to be another risk factor for many of the diseases described above. To date, no randomized controlled trials (RCTs) have been performed to prove the above interpretation. However, the opposite types of RCT trials have been performed by increasing the intake of high-linoleic vegetable oils and reducing that of animal fats, which resulted in increased CVD and all-cause mortality. Okuyama H, Langsjoen PH, Ohara N, Hashimoto Y, Hamazaki T, Yoshida S, Kobayashi T, Langsjoen AM.
Calcilytics enhance sildenafil-induced antiproliferation in idiopathic pulmonary arterial hypertension 共著 2016年 8月 European Journal of Pharmacology 784:15-21. 2016 Idiopathic pulmonary arterial hypertension (IPAH) shows sustained vasoconstriction and pulmonary artery remodeling. Phosphodiesterase type 5 (PDE5) inhibitors are used in the treatment of IPAH. Recently, we have shown that Ca(2+)-sensing receptor (CaSR) antagonists, or calcilytics, inhibit cell proliferation of pulmonary arterial smooth muscle cells (PASMCs) from IPAH. In this study, the additive or synergistic effect of calcilytics on antiproliferation following PDE5 inhibition was examined in IPAH-PASMCs by MTT assay. It is revealed that calcilytics additively/synergistically enhance the antiproliferative activity mediated by PDE5 inhibition, suggesting that a combination therapy of a PDE5 inhibitor with a calcilytic may be useful as a novel therapeutic approach for IPAH. Yamamura A, Yagi S, Ohara N, Tsukamoto K.(査読あり)
Tadalafil induces antiproliferation, apoptosis, and phosphodiesterase type 5 downregulation in idiopathic pulmonary arterial hypertension in vitro 共著 2017年 9月 European Journal of Pharmacology 810: 44-50, 2017 Tadalafil attenuates vascular remodeling by inhibiting cell proliferation, promoting apoptosis, and downregulating phosphodiesterase type 5 (PDE5) in idiopathic pulmonary arterial hypertension (IPAH) pulmonary arterial smooth muscle cells, thereby ameliorating IPAH. Yamamura A, Fujitomi E, Ohara N, Tsukamoto K, Sato M, Yamamura H(査読あり)
A critical review of the consensus statement from the European Atherosclerosis Society Consensus Panel 2017 共著 2018年 1月 Pharmacology 101, 184-218, 2018 既に否定された動脈硬化のコレステロール原因説を蒸しかえしてスタチン類の販売促進に一役買おうとする研究者への科学的な批判。Okuyama H, Hamazaki T, Hama R, Ogushi Y, Kobayashi T, Ohara N, Uchino H
Dietary soybean oil, canola oil and partially-hydrogenated soybean oil affect testicular tissue and steroid hormone levels differently in the miniature pig 共著 2020年 1月 Food and Chemical Toxicology カノーラ油摂取によるミニブタ精巣の病理学的変性について触れ、その作用は多くの点でラットとは異なることを示した。また、精巣への影響については、視床下部-下垂体-性腺軸の機能が関与している可能性を見出した。Daisuke Miyazawa, Naoki Ohara, Kazuyo Yamada, Yuko Yasui, Kazuya Kitamori, Yoshiaki Saito, Kenji Usumi, Tomoko Nagata, Tsunemasa Nonogak, Yoko Hashimoto, Yoshimichi Miyashiro, Seijiro Homma, Harumi Okuyama
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
「Perhexilineの末梢循環に対する作用」 1977年10月 日本薬理学会第57回関東部会(前橋) 大原直樹,小黒捷義,小野宏,橋本虎六 日本薬理学雑誌74:82P, (1978)
「Perhexilineの心血管作用における溶媒の影響」 1978年 3月 日本薬理学会第51回総会(仙台) 小野宏,小黒捷義,大原直樹,橋本虎六 Japanese Journal of Pharmacology 28 Suppl.:109P, (1978)
「実験的不整脈に対するPerhexilineの作用.」 1978年 3月 日本薬理学会第51回総会(仙台) 小黒捷義,小野宏,大原直樹,橋本虎六 Japanese Journal of Pharmacology 28 Suppl.:90P, (1978)
「Perhexilineの房室伝導に対する作用.」 1978年 8月 日本薬理学会第28回北部会(札幌) 小黒捷義,大原直樹,橋本虎六 日本薬理学雑誌74:58P, (1978)
「Perhexilineの血行動態に対する作用」 1978年10月 日本薬理学会第29回北部会(弘前) 小野宏,大原直樹,橋本虎六 日本薬理学雑誌75:39P, (1979)
「アンギオテンシン変換酵素阻害薬SQ14, 225 の血圧に対する急性効果について」 1979年 3月 日本薬理学会第52回総会(東京) 大原直樹,小野宏,橋本虎六 Japanese Journal of Pharmacology 29 Suppl.:102P, (1979)
「無麻酔犬薬理試験における技術的諸問題の検討」 1979年 5月 日本実験動物技術者協会第13回総会(浜松) 勝村英夫,木村道子,大原直樹,小野宏
「動静脈酸素較差同時測定器(AVOX)による心筋酸素消費量の測定」 1979年 9月 日本薬理学会第30回北部会(弘前1) 小野宏,佐藤拓夫,大原直樹 日本薬理学雑誌76:31P, (1980)
「血液灌流摘出イヌ横隔膜筋標本におけるCa2+拮抗薬の作用の様相」 1979年 9月 日本薬理学会第30回北部会(弘前) 佐藤拓夫,小野宏,大原直樹 日本薬理学雑誌76:26P, (1980)
「ビーグル犬を用いた腎動脈狭窄による実験的高血圧犬の作製」 1980年 5月 第15回日本実験動物学会(東京) 勝村英夫,大原直樹,木村道子
「イヌ実験的高血圧に対するcaptopril の作用」 1980年11月 日本薬理学会第63回関東部会(東京) 大原直樹,木村道子,小野宏,橋本虎六 日本薬理学雑誌78:74P, (1981)
「Antihypertensive effect of captopril( SQ14, 225)in 2-kidney Goldblatt hypertensive dogs」 1981年 7月 8th International Congress of Pharmacology (Tokyo). Naoki O'Hara, Hiroshi Ono, Koroku Hashimoto
「イヌ心肺標本によるβ遮断薬の心機能に対する影響の検討」 1982年 3月 第46回日本循環器学会学術集会(京都) 小野宏,大原直樹,橋本虎六 Japanese Circulation Journal 46:836, (1982)
「β遮断薬nadolo lの心筋抑制作用」 1982年 6月 日本薬理学会第66回関東部会(東京) 金澤由基子,小野宏,大原直樹 日本薬理学雑誌80:121P, (1982)
「Vasodilator action of calcium antagonists with special reference to their effect on the autoregulation of the renal blood flow」 1982年10月 Asian Pacific Adalat-Symposium (Tokyo). Hiroshi Ono, Nobuyuki Ogawa, Takuo Sato, Naoki O'Hara
「Role of endogenous catecholamines in regulation of human alpha2- and beta2- adrenoceptors in circulating blood cells」 1983年 5th Meeting on Adrenergic Mechanisms, (Porto) . Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara.Blood Vessels 21:135-136, (1984).
「Demonstration of beta-adrenoceptor coupled adenylate cyclase in membranes from humanright atria」 1983年 5月 5th International Confere nce on Cyclic Nucleotides and Protein Phosphorylation(Milan). O.-E. Brodde, N. O'Hara, J. Arroyo, H.-R. Zerkowski, N. Rohm. Advance in Cyclic Nucleotides and Protein Phosphorylation Research Vol.17:p.124, Raven Press, New York, (1983).
「Characterization of human platelet beta2-adrenoceptors by [3H]-yohimbine binding, aggregation and adenylate cyclase inhibition」 1983年 7月 British Pharmacological Society Summer Meeting (Leicester). Jacqueline Arroyo, Johan Bergerhausen, Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara..British Journal of Pharmacology 80 Suppl.:521P, (1983).
「Properties of (-)- and (±)-125iodocyanopindolol (ICYP) binding to beta2-adrenoceptors in human lymphocytes」 1983年 9月 Joint Meeting of French Toxicological and German Pharmacological Societie s. (Freiburg). Naoki O'Hara, Otto-Erich Brodde Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 324 Suppl.:R63, (1983).
「 Beta2-adrenoceptor density in human lymphocytes under stimula tion evoked by dynamic exercise and inhibition by propranolol」 1983年11月 7th Meeting of German Hypertension Society (Hamburg). N.O'Hara, A.Daul, R.Fesel, K.D.Bock, O.-E.Brodde Therapie-Woche 33:5998, (1983), Journal of Hypertension 2:108, (1984).
「Density and responsiveness of beta2-adrenoceptors in lymphocytes from subjects of different ages」 1984年 3月 25th General Meeting of German Pharmacological Society (Mainz). N.O'Hara, A.M.Khalifa, W.Hensel, U.Siekmann.Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 325 Suppl.:R263, (1984).
「Increased density and responsiveness of alpha- and beta-adrenoceptors in circulating blood cells of essential hypertensive patients」 1984年 6月 10th International Congress of Hypertension (Interlaken). Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Naoki O'Hara, Kraus D.Bock.Abstract 96.
「Lymphocyte beta2-adrenoceptor density and responsiveness:Changes with age」 1984年 7月 9th International Congress of Pharmacology (London). Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara.Abstract 833P.
「Properties of beta-adrenoceptors in intact human lymphocytes」 1984年 7月 9th International Congress of Pharmacology (London). Naoki O'Hara, Otto-Erich Brodde.Abstract 832P.
「Effects on human lymphocyte beta2-adrenoceptors of beta blockers with and without intrinsic activity」 1984年10月 General Meeting of German Internal Medicine Society (Wiesbaden). Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Naoki O'Hara, Adel M.Khalifa, Kraus D.Bock.Verhandlungen Deutsche Geselschaft Innere Medizin 90:561, (1984)
「Alpha- und Beta-adrenozeptor-Veraenderungen un zirkulierenden Blutzellen essentieller Hypertoniker: erhoehte Rezeptorenanzahl und -ansprechbarkeit.」 1984年11月 8th Meeting of German Hypertension Society (Dortmund). Otto-Erich Brodde, Anton Daul, Naoki O'Hara, Kraus D.Bock.Therapie-Woche 34:6372, (1984), Journal of Hypertension 3:400, (1985).
「Dichte lymphozytaerer beta2-Rezeptoren und Kreislaufregulation unter Adrenalininfusion unt Ergometerbelastung bei normotonen jungen Maennern」 1984年11月 8th Meeting of German Hypertension Society(Dortmund). M.Anlauf, J.Stoetzer, N.O'Hara, O.-E.Brodde.Therapie-Woche 34:6365, (1984), Journal of Hypertension 3:409, (1985).
「Einfluss von Prednison auf die durch Terbutalin verminderte Anzahl und Ansprechbarkeit von beta2-Adrenozeptoren in zirkulierenden Lymphozyten」 1984年11月 8th Meeting of German Hypertension Society (Dortmund). M.Brinkmann, R.Schemuth, A.Daul, N.O'Hara, O.-E.Brodde.Therapie-Woche 34:6370, (1984), Journal of Hypertension 3:410, (1985).
「Lymphocytes beta2-adrenoceptors:Age-related changes in density and responsiveness」 1984年11月 8th Meeting of German Hypertension Society (Dortmund). N.O'Hara, A.Daul, U.Siekmann, O.-E.Brodde.Therapie-Woche 34:6422, (1984), Journal of Hypertension 3:409, (1985).
「Affinity of bucindolol to alpha- and beta-adrenoceptor subtypes as evaluated by radio-ligand binding studies」 1984年12月 British Pharmacological Society Winter Meeting (London). Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara.British Journal of Pharmacology 81Suppl.:173P, (1984).
「Alteration of human lymphoyte beta2-adrenoceptor density by beta-adrenoceptor blocker administration:The role of ISA」 1984年12月 British Pharmacological Society Winter Meeting (London). M.Brinkmann, U.Brochard, O.-E.Brodde, A.Daul, N.O'Hara.British Journal of Clinical Pharmacology 18:588P, (1984).
「Properties of human cardiac beta-adrenoceptor-coupled adenylate cyclase」 1984年12月 British Pharmacological Society Winter Meeting (London). Otto-Erich Brodde, Naoki O'Hara.British Journal of Pharmacology 81Suppl.:6P, (1984).
「Reversal of agonist-induced human lymphocyte beta2-adrenoceptor desensitization by prednisone and ketotifen」 1984年12月 British Pharmacological Society Winter Meeting (London). M.Brinkmann, O.-E.Brodde, A.Daul, N.O'Hara.British Journal of Clinical Pharmacology 18:587P, (1984).
「ヒトリンパ球β-アドレナリン・レセプターの数およびカテコラミンによるcAMP産生量の加齢に伴う変化」 1985年 6月 日本薬理学会第72回関東部会(東京) 大原直樹,O.-E.Brodde,U.Siekmann,小野宏,橋本虎六 日本薬理学雑誌87:22P, (1986).
「イヌ血小板α2-アドレナリン受容体」 1985年10月 日本薬理学会第73回関東部会(東京). 大原直樹,河内泰英,小野宏 日本薬理学雑誌87:90P, (1986)
「 いくつかのカルシウム拮抗薬(diltiazem, nifedipine, perhexilineおよびverapamil とpapaverine)の [3H]-prazosin ならびに [3H]-yohimbine 結合部位に対する影響」 1986年 4月 日本薬理学会第59回総会(新潟). 大原直樹,小野宏,橋本虎六 Japanese Journal of Pharmacology 40(Suppl.):201P, (1986).
「新規強心薬 ZSY-27 および ZSY-39 のイヌ心肺標本における評価」 1986年 6月 日本薬理学会第74回関東部会(横須賀). 横田俊二,尾川信之,大原直樹,勝村英夫,宿野部和一,小野宏 日本薬理学雑誌88:83P, (1986).
「イヌ血小板α2-アドレナリン受容体と[3H]-ヨヒンビンの結合に対するパパベリンの影響」 1987年 3月 日本薬理学会第60回総会(千葉). 大原直樹,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 43 Suppl.:183P, (1987).
「Solubilization of a1-adrenergic receptors on rat renal cortical membranes by several detergents」 1987年10月 The International Sympo sium of Neurotransmitter Receptors (Hiroshima) . Naoki Ohara, Syunji Yokota, Koichi Kojima, Hiroshi Ono
「モルモット心筋における低酸素およびパルミトイルカルニチンによる膜電位障害に対するl-塩化カルニチンの改善作用」 1989年 3月 日本薬理学会第62回総会(京都). 横田俊二,大原直樹,広中豊,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 49 Suppl.:254P, (1989).
「新規アンジオテンシン変換酵素阻害薬SQ29, 852の薬理作用」 1989年 3月 日本薬理学会第62回総会(京都). 大原直樹,横田俊二,尾川信之,勝村英夫,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 49 Suppl.:213P, (1989).
「腎性高血圧犬における新規アンジオテンシン変換酵素阻害薬, SQ29, 852の連続投与の効果」 1989年10月 日本薬理学会第81回関東部会(東京). 瀧澤美保子,大原直樹,勝村英夫,宿野部和一,小野宏 日本薬理学雑誌94:99P, (1989).
「摘出灌流ラット腸間膜動静脈の反応性とその調節の加齢による変化」 1995年 3月 日本薬理学会第68回年会(名古屋). 小西知香,大原直樹,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 67 Suppl.:272P, (1995
「正常血圧および高血圧ラットにおける腸間膜動静脈反応性の差異」 1995年 3月 日本薬理学会第68回年会(名古屋). 内藤由紀子,吉田弘道,大原直樹,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 67 Suppl.:271P, (1995).
「摘出灌流ラット腸間膜血管におけるangiotensinII 誘発収縮反応の発達・加齢に伴う変化」 1995年10月 日本薬理学会第93回関東部会(浜松). 小西知香,内藤由紀子,斉藤義明,大原直樹,小野宏 日本薬理学雑誌107:17P, (1996).
「摘出灌流ラット腸間膜動静脈標本におけるATP反応性の発達・加齢による変化」 1996年 3月 日本薬理学会第69回年会(長崎). 小西知香,内藤由紀子,横田俊二,大原直樹,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 71 Suppl.:130P, (1996)
「正常血圧(WKY)および自然発症高血圧ラット(SHR) 摘出灌流腸間膜動静脈標本におけるATPの作用」 1996年 3月 日本薬理学会第69回年会(長崎) 内藤由紀子,小西知香,  吉田弘道,斉藤義明,大原直樹,小野宏 Japanese Journal of Pharmacology 71 Suppl.:130P, (1996).
「Age-related changes in acetylcholine(ACh)-dilation in isolated perfused mesenteric veins of rats」 1997年 3月 日本薬理学会第70回年会(幕張). Chika Konishi, Yukiko Naito, Naoki Ohara, Hiroshi Ono Japanese Journal of Pharmacology 73 Suppl.:129P, (1997).
「Different response of veins to ATP of isolated perfused mesenteric vascular bed in SHR compared with that in WKY」 1997年 3月 日本薬理学会第70 回年会(幕張). Yukiko Naito, Chika Konishi, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara, Hiroshi Ono Japanese Journal of Pharmacology 73 Suppl.:129P, (1997).
「Improvement of cardiac function by chronic treatment with imidapril, a novel angiotensin-converting enzyme inhibitor in SHR, compared with that of amlodipine」 1997年 3月 日本薬理学会第70回年会(幕張). Syunji Yokota, Yukiko Naito, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara, Hiroshi Narita Japanese Journal of Pharmacology 73 Suppl.:239P, (1997).
「ラット四塩化炭素反復投与による毒性発現における食餌制限効果」 1997年 7月 日本毒科学会第23回学術年会(福岡) 関誠,大原直樹,関剛幸,小島幸一,笠間菊子,今井清
「Age-related changes in purinoceptor subtype-mediated contractions of isolated, perfused mesenteric arteries and veins of rats」 1998年 3月 日本薬理学会第71回年会(京都). Chika Konishi, Yukiko Naito, Naoki Ohara, Hiroshi Ono Japanese Journal of Pharmacology 76 Suppl.:181P, (1998).
「Nitric oxide in the contraction and dilation of perfused mesenteric arterial beds isolated from normotensive Wistar-Kyoto and spontaneously hypertensive rats」 1998年 3月 日本薬理学会第71回年会(京都). Yukiko Naito, Chika Konishi, Hiromichi Yoshida, Naoki Ohara, Hiroshi Ono Japanese Journal of Pharmacology 76 Suppl.:181P, (1998).
「Age-related changes of ATP response and regulation by endothelium in isolated perfused mesenteric arteries and veins of rats」 1998年 7月 13th International Congress of Pharmacology (Munich). Naoki Ohara, Chika Konishi, Yukiko Naito, Hiroshi Ono Naunyn-Schmiedeberg's Archives of Pharmacology 358 Suppl.2:R218, (1998).
「Difference between P2-purinoceptor-mediated constrictions of arteries and veins in isolated perfused mesentery of rats」 1999年 3月 日本薬理学会第72回年会(札幌). Naoki Ohara, Yukiko Naito, Chika Konishi Japanese Journal of Pharmacology 79 Suppl.:253P, (1999).
「脳卒中易発性自然発症高血圧ラットの血圧,血液凝固時間およびNa+, K+ -ATPase活性に対する菜種油4週間投与の影響」 2000年 3月 日本薬理学会第73回年会(横浜). 内藤由紀子,吉田弘道,小野宏 ,大原直樹 Japanese Journal of Pharmacology 82 Suppl.:281P, (2000).
「自然発症高血圧および正常血圧 Wistar Kyoto ラットにおける菜種油および大豆油長期摂取の影響」 2000年 3月 日本薬理学会第73回年会(横浜). 内藤由紀子,吉田弘道,小野宏,大原直樹 Japanese Journal of Pharmacology 82 Suppl.:281P, (2000).
「Long-term intake of rapeseed oil as the sole dietary fat and altered membrane function in stroke prone spontaneously hypertensive rats.」 2001年 3月 日本薬理学会第74回年会(横浜). 内藤由紀子,吉田弘道,小野宏,大原直樹 Japanese Journal of Pharmacology 85 Suppl.:133P, (2001).
「Rapeseed oil ingestion shortened life span and excerbated hypertension-related conditions in stroke-prone spontaneously hypertensive rats.」 2003年 3月 日本薬理学会第76回年会(福岡). 内藤由紀子,永田伴子,鷹野祐子,大原直樹 Japanese Journal of Pharmacology 91 Suppl.I:291P, (2003).
「The effects of diesel exhaust particles(DEP)on acute myaocardial ischemia-reperfusion in rats」 2003年 3月 日本薬理学会第76回年会(福岡). 横田俊二,内藤由紀子,古谷真美,関剛幸,丸茂秀樹,大原直樹,今井清,加藤温中 Japanese Journal of Pharmacology 91 Suppl.I:290P, (2003).
「ディーゼル排気粒子気管内投与の不整脈増悪作用の機構の解析」 2004年 3月 日本薬学会第124回年会(大阪) 横田俊二,古谷真美,加藤温中,大原直樹 29 P1 II174
「脳卒中易発症自然発症高血圧ラットの生存日数および赤血球膜浸透圧抵抗性に対する菜種油摂取の影響」 2004年 3月 日本薬学会第124回年会(大阪) 内藤由紀子,大原直樹 29 P2 II388
「ディーゼル排気粒子気管内投与の心虚血-再灌流不整脈,血液中の好中球数,好中球活性酸素産生能およびサイトカイン産生に対する影響」 2004年10月 第45回大気環境学会年会(秋田). 横田俊二,大原直樹,加藤温中
「高感受性動物へのディーゼル排気曝露の慢性影響(4)血液凝固系,生化学および肺胞洗浄液成分への影響」 2004年10月 第45回大気環境学会年会(秋田). 横田俊二,大原直樹,加藤温中
「プロポリス抽出物塗布による抗炎症効果の検討 ラット足蹠カラゲニン浮腫に対する影響」 2005年 8月 第7回応用薬理シンポジウム(千葉) 内藤由紀子,立花滋博,横田俊二,大原直樹 要旨集p.67
「カノーラ油およびその超臨界抽出分画を混餌摂取させた脳卒中易発症高血圧自然発症ラットにおける生理学的病理学的変化」 2005年 9月 日本脂質栄養学会第14回大会(姫路) 立花滋博,内藤由紀子,永田伴子,大原直樹,立松憲次郎,夫馬慎弥,奥山治美 脂質栄養学14:P-13.P.178(2005)
「ディーゼル排気粒子抽出成分3種の起炎症作用と心虚血-再灌流不整脈に対する作用」 2005年 9月 第46回大気環境学会年会(名古屋) 横田俊二,大原直樹
「脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの生存日数に影響を及ぼすカノーラ油中未知物質の探索」 2005年 9月 日本脂質栄養学会第14回大会(姫路) 内藤由紀子,永田伴子,立花滋博,大原直樹,立松憲次郎,夫馬慎弥,奥山治美 脂質栄養学14:P-12.P.177(2005)
「ディーゼル排気粒子抽出物の酸化作用と生物作用」 2006年 3月 日本薬学会第126年会(仙台) 横田俊二,大原直樹,小林隆弘 要旨集3:p192
「ヌードマウスにおける腫瘍増殖に対する食用油投与の影響」 2006年 3月 日本薬学会第126年会(仙台) 内藤由紀子,立花滋博,永田伴子,大原直樹 要旨集3:p168
「植物油がマウスの精子数および精子運動能に及ぼす影響」 2006年 3月 日本脂質栄養学会第15回大会(岐阜) 立花滋博,内藤由紀子,沖本麻莉,永田伴子,大原直樹,奥山治美 脂質栄養学15:P-5.P.170 (2006)
「Dietary canola oil intake elevates plasma lipid levels and depresses anti-oxidative enzyme activities in spontaneously hypertensive rats」 2006年 7月 ISSFAL 2006 P018(Cai rns) Naoki Ohara, Yukiko Naito, Kikuko Kasama, Tomoko Nagata, Shigehiro Tachibana, Yoshiaki Saito, Makiko Kuwagata, Harumi Okuyama
「マウスの腫瘍増殖に対するカノーラ油投与の影響」 2006年 9月 日本脂質栄養学会第15回大会(岐阜) 内藤由紀子,永田伴子,立花滋博,大原直樹 脂質栄養学15:P-4.P.169 (2006)
「COX-2 expression in the kidney of stroke prone spontaneously hypertensive rats Fed a dietcontaining canola oil」 2007年 3月 日本薬理学会第80回年会(名古屋) 内藤由紀子,桑形麻樹子,永田伴子,大原直樹
「Regulation of IL-6 in the effect of granulocyte colony-stimulating factor (G-CSF)」 2007年 3月 日本薬学会第127回年会(富山) 横田俊二,内藤由紀子,関剛幸,丸茂秀樹,大原直樹 要旨集2, 198.
「マウスの腫瘍増殖に対する食用油摂取の影響」 2007年 3月 日本薬学会第127回年会(富山) 内藤由紀子,立花慈博,沖本麻莉,奥山治美,大原直樹 要旨集 2, 172.
「公衆浴場および家庭内浴室における消毒副生成物の曝露評価」 2007年 7月 第28回日本食品微生物学会学術総会(東京) 高橋淳子,久保田佳子,大原直樹,小島幸一,香川田中聡子,神野透人,高鳥浩介
「カノーラ油を摂取した脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの腎臓COX-2発現」 2007年 9月 日本脂質栄養学会第16回大会(出雲) 内藤由紀子,桑形麻樹子,永田伴子,大原直樹,奥山治美 脂質栄養学16:P-25.P.191(2007)
「Effect of canola oil intake for 12 weeks on Wistar Rats」 2008年 3月 日本薬理学会第81回年会(横浜) Naito Y, Tachibana S, Okimoto M, Nagata T, Ohara N, Okuyama H Journal of Pharmacological Sciences 2008, 106, Suppl. I, 250P
「ディーゼル排気粒子の起炎作用の機構の検討」 2008年 3月 日本薬学会第128回年会(横浜) 横田俊二,関剛幸,内藤由紀子,平林尚之,大原直樹 Abstracts 2008, 要旨集3, 194.
「Canola oil ingestion induces high plasma lipids both in SHRSP and WKY rats but renal injury only in SHRSP」 2008年 5月 ISSFAL 2008, P070(Kansas City) Naito Y, Nagata T, Tachibana S, Okimoto M, Furuya M, Ohara N
「ディーゼル排気粒子の血液中好中球増加作用の機構について」 2008年 6月 第35回日本トキシコロジー学会学術年会(東京) 横田俊二,関剛幸,内藤由紀子,立花滋博,平林尚之,中阪聡亮,大原直樹 The Journal of Toxicological Sciences 2008, 33 Suppl.: P-019, S122.
「カノーラ油6週間混餌摂取による腎組織傷害 SHRSPおよびWKYラットでの比較」 2008年 9月 日本脂質栄養学会第17回大会(大阪) 内藤由紀子,永田伴子,立花滋博,沖本麻莉,古谷真美,大原直樹 脂質栄養学17:P-9.P.149 (2008)
「公衆浴場における消毒副生成物の曝露評価と微生物汚染について」 2008年 9月 日本防菌防ばい学会年次大会(大阪) 高橋淳子,久保田佳子,大原直樹,小島幸一,香川田中聡子,神野透人,高鳥浩介,
「雌雄F-344ラットにおけるグリーンナッツ油の26週間混餌投与の影響」 2008年 9月 日本脂質栄養学会第17回大会(大阪) 立花滋博,内藤由紀子,沖本麻莉,古谷真美,関剛幸,大原直樹,奥山治美 脂質栄養学17:P-10.P.150 (2008)
「Locally applied TCP inhibits tumor growth via possible activation of macrophage」 2009年 3月 日本薬学会第129回年会,京都 Naito Y, Nagata T, Tachibana S, Okimoto M, Ohara N, Hakamatsuka Y, Cheng J 要旨集 4, 320.
「カノーラ6週間混餌摂取による脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの腎組織傷害WKYラットとの比較」 2009年 3月 日本薬理学会第82回年会(横浜) 内藤由紀子,立花滋博,沖本麻莉,永田伴子,古谷真美,福光徹,大原直樹 Journal of Pharmacological Sciences 2009, 109, Suppl. I, 178P.
「新規食用油であるグリーンナッツ油の血漿脂質に対する影響」 2009年 3月 日本薬理学会第82回年会(横浜) 沖本麻莉,内藤由紀子,立花滋博,古谷真美,福光徹,永田伴子,大原直樹 Journal of Pharmacological Sciences 2009, 109, Suppl. I, 228P.
カノーラ油を摂取させたSHRSPラットのG6PD活性上昇とインスリン関係 2009年 7月 第36回日本トキシコロジー学会学術年会 立花 滋博, 福光 徹, 沖本 麻莉, 永田 伴子, 内藤 由紀子, 大原 直樹, 奥山 治美カノーラ油摂取SHRSPで認められる肝G6PD活性上昇とその時認められる耐糖性低下について報告した。
「カノーラ油を6週間摂取したSHRSPの腎傷害および酸化ストレスの関与 SHRSPおよびWKYラットでの比較」 2009年 9月 日本脂質栄養学会第18回大会(東京) 内藤由紀子,立花滋博,沖本麻莉,永田伴子,古谷真美,大原直樹 脂質栄養学17:P-16.P.196 (2009)
「雌雄F-344ラットにおける植物油の長期混餌投与の影響 大豆油,カノーラ油およびパーム油の比較」 2009年 9月 日本脂質栄養学会第18回大会(東京) 立花滋博,内藤由紀子,永田伴子,古谷真美,関剛幸,大原直樹,奥山治美 脂質栄養学17:P-17.P.197(2009)
食餌脂肪酸のn-6/n-3比がマウス脳における神経栄養因子産生及びプロテインキナーゼ活性に及ぼす影響 2009年10月 第82回日本生化学会大会 宮澤大介、安井裕子、山田和代、大原直樹、奥山治美  食餌中脂肪酸組成の違いがマウス脳の神経成長因子とそれがかかわる細胞内情報伝達に影響を及ぼすことを報告した。
ミニブタにおけるカノーラ油長期摂取の影響 2010年 9月 日本脂質栄養学会第19回大会(犬山) 立花滋博、内藤由紀子、永田伴子、斉藤義明、臼見憲司、古谷真美、宮澤大介、安井裕子、北森一哉、山田和代、大原直樹、奥山治美  ミニブタにカノーラ油、大豆油、水素添加大豆油を18カ月摂取させた際の生化学病理学的変化を報告した。 脂質栄養学19 216 P-14
植物油摂取によってラットで認められる有害効果 2010年 9月 日本脂質栄養学会第19回大会(犬山)  大原直樹、内藤由紀子、奥山治美  シンポジウム2 油脂の微量因子は無視できるか?の中で、これまでに経験したラットにおける植物油摂取がもたらす有害効果を概説した。脂質栄養学19 173 S-2-1
高リノール酸食、高αリノレン酸食を給餌したマウスの脳の神経栄養因子産生とプロテインキナーゼ活性 2010年 9月 日本脂質栄養学会第19回大会(犬山) 宮澤大介、安井裕子、山田和代、大原直樹、奥山治美  PUFA添加食がマウスの脳成長因子に及ぼす影響を、その下流のシグナルへの影響とともに調べた。脂質栄養学19 214 P-12
食用油投与によるミニブタの病理組織学的変化 2011年 1月 第27 回日本毒性病理学会  斉藤義明, 臼見憲司, 古谷真美, 立花滋博, 内藤由紀子, 永田伴子, 宮澤大介 , 安井裕子, 山田和代, 大原直樹 , 奥山治美  カノーラ油、大豆油、水素添加大豆油を18カ月与えたミニブタの病理組織には、SHRSPで認められたと同様の病変は見られなかった。
薬学6年制初の長期実務実習を体験して 2011年 7月 第57回日本薬学会東海支部大会 飯田ちえ美、尾藤由布子、池田義明、森一博、竹田妙子、水谷秀樹、鈴木達男、中尾誠、片山肇、大原直樹   学生フォーラム:長期実務実習の体験を通じて学んだこと、改善するべき点等を報告し、意見交換した。
高脂肪高コレステロール食が脳の生化学パラメータに及ぼす影響-脳由来神経栄養因子とプロテインキナーゼ活性   2011年 7月 第57回日本薬学会東海支部大会 今井 唯、宮澤大介、北森一哉、安井裕子、大原直樹、奥山治美、家森幸男、山田和代   摂食脂肪の影響が海馬の神経栄養因に影響を及ぼし、細胞内情報伝達を変化させる可能性が、その発現およびPKAおよびPKC活性の変化から示唆された。
アラキドン酸のラットにおける中期多臓器発がん試験 2011年 9月 日本脂質栄養学会第20回大会(板戸) 立花滋博, 青木聡子, 安藤栄里子, 斉藤義明, 関 剛幸, 古谷真美, 立松憲次郎, 大原直樹, 永田伴子   ラットをもちいた中期多臓器発がん試験を実施し、大量のアラキドン酸摂取が発がんを促進するか否かを検討した中間報告・
ミニブタ組織のステロイドホルモンに対する植物油脂長期投与の影響 2011年 9月 日本脂質栄養学会第20回大会(板戸) 宮澤大介, 大原直樹, 桜井 杏, 安井裕子, 北森一哉, 斉藤義明, 臼見憲司, 山田和代, 今井 唯, 山田英里, 大橋彩乃, 水谷友香, 野々垣常正, 小林身哉, 奥山治美   ミニブタにカノーラ油、大豆油または水素添加大豆油を18ヶ月間与え、ホルモン産生への影響を調べた。マイクロアレイを用いた遺伝子発現の比較ではステロール代謝への影響が推定されたが、血漿中および精巣組織中ステロイドホルモン量には際立った影響がなかった。
植物油脂長期投与によるミニブタ組織のステロイドホルモンへの影響 2011年 9月 第84回 日本生化学会大会 宮澤大介、大原直樹、桜井杏、安井裕子、北森一哉、斉藤義明、臼見憲司、山田和代、今井 唯、山田英里、大橋彩乃、水谷友香、野々垣常正、小林身哉、奥山治美    3種の植物油を18ヶ月間摂取させたミニブタの組織中ステロイドホルモン測定結果を示し、摂取する油脂による影響を示した。
脳卒中易易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)を用いるアラキドン酸の病態進行に対する影響の検討 2011年 9月 日本脂質栄養学会第20回大会(坂戸) 青木聡子, 立花滋博, 安藤栄里子, 田面喜之, 古谷真美, 永田伴子, 内藤由紀子, 大原直樹   SHRSPにアラキドン酸を与え、SHRSPの背景病態である高血圧、動脈硬化等の循環器障害に対する影響を検討した中間報告。
植物油投与によるミニブタ臓器中の金属評価 2011年11月 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2011(名古屋) 河村典久、白石彩乃、林紋加、長谷川博子、宮澤大介、安井裕子、北森一哉、山田和代、大原直樹、奥山治美  3種の植物油を摂取したミニブタの器官組織中の銅、鉄、亜鉛、マグネシウム量を定量したが、投与による顕著な影響は認められなかった。
金城学院大学薬学部における屋根瓦方式PBLチュートリアル教育の現状と将来への展望 2012年 7月 第44回日本医学教育学会大会 設立後6年間の教育の中で、本学部が推進する屋根瓦方式PBL教育がいかなる成果をあげたか、また、問題点がなんであるか、将来への期待・展望はどういうものかを、報告した。青柳裕、安藤裕明、矢野玲子、小幡由紀、小崎康子、安田公夫、大原直樹
アラキドン酸摂取がSHRSPの病態進行に及ぼす影響の検討 2012年 9月 日本脂質栄養学会第21回大会(淵野辺)  脂質栄養学 21.(2)208,2012 雌雄SHRSPに、アラキドン酸を、5、35、240mg/kg/dayの用量で90日間強制経口投与した。一般症状、体重、摂餌量、血液学的所見、血液生化学的所見、剖検結果には、アラキドン酸の影響は認められなかった。雌のPLのみ、用量依存的は低下が認められ、240mg/kg/day投与群では有意な低下になた。NOALは雄で240、雌で35mg/kg/dayと考えられた。  立花滋博、鈴木絵梨、西谷清華、斉藤義明、臼見憲司、永田伴子、内藤由紀子、大原直樹、宮澤大介、奥山治美
中期多臓器発発癌試験法によるアラキドン酸の発癌プロモーション作用への影響評価 2012年 9月 日本脂質栄養学会第21回大会(淵野辺)    脂質栄養学 21(2)148、2012 F344ラットを用いた中期発癌試験を実施し、アラキドン酸摂取の影響を検討した。1000mg/kg/dayまでのアラキドン酸は、発癌に影響を及ぼさなかった。 立花滋博、斉藤義明、青木聡子、安藤栄里子、立松憲次郎、大原直樹、永田伴子
植物油が脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)の生存日数に及ぼす影響  ― カノーラ油による生存日数短縮とその背景 ― 2012年12月 日本薬学会 環境衛生部会 フォーラム2012 (名古屋) カノーラ油摂取がSHRSPの生存日数を短縮する背景にある機序の一つにステロイドホルモン代謝への影響がある。テストステロンの低下がCYP17の抑制にある可能性を示し、また、Star やCYP11Aへの影響の可能性についても触れた。河村 さやか、内藤 由紀子、立花 滋博、小野田 早恵、大原 直樹、吉川 真衣、新美 まどか、川口 真帆、宮澤 大介、安井 裕子、山田 和代、奥山 治美
Sex difference of the adverse effects induced by canola oil ingestion in stroke-prone spontaneously hepertenive rats 2013年 3月 第86回日本薬理学会年会(福岡) In male SHRSP testicular CYP-17 appeared to be inhibited by canola oil ingestion. Therefore inhibitory effects of canola oil on CYP-17 in addition to CYP-11A and CYP11B2 may play a role in the suppression of testosterone production. Amma C, Takamatsu M, Yoshikawa M, Niimi M, Kawaguchi M, Naito Y, Tachibana S, Ohara N, Okuyama H
モノクロタリン誘発性肺高血圧症ラットにおけるカルシウム感受性受容体拮抗薬の効果 2013年 7月 第123回日本薬理学会近畿部会(名古屋) IPAH-PASMCsにおいて観察されたCaSRの発現増加および機能増強が、モノクロタリン誘発性肺高血圧症(MCT)ラットでも再現されることが分かった。また、CaSRの選択的阻害薬であるNPS2143が肺高血圧症の新規治療薬として有効であることも示された。本研究による知見は、肺高血圧症の発症機構の解明や新規治療薬の開発に大きく貢献すると考えられる
モノクロタリン誘発肺高血圧ラットにおける性ホルモンの影響 2013年 8月 次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム 2013 (熊本) 雌雄ラットにモノクロタリンを投与し、実験的肺高血圧症動物を作製した。投与4週で肺高血圧症が確立し、そのプロファイルには雌雄差が示唆され、従来から指摘されているように雌で症状が顕著であることが確認されたが。今回の検討では統計学的な有意差はみられなかった。小林沙紀、塚本喜久雄、大原直樹、山村 彩
機能性食用油の安全性に関する研究 ― 食用油摂取がステロイドホルモン代謝に及ぼす影響 ― 2013年 9月 日本脂質栄養学会第22回大会(高知) 雄性 SHRSP では、菜種(カノーラ)油摂取によって血漿中プレグネノロン濃度の上昇傾向、血漿中および精巣中テストステロン濃度の低下と血漿中アルドステロン濃度の上昇が認められ、精巣におけるCYP17aの低下が確認されているが、今回の結果は、一部、それを支持するものであった。トクホにおいてもカノーラ油由来の物質がステロイドホルモン代謝に影響を及ぼすことが示唆されたが、植物油摂取がステロイドホルモン代謝に及ぼす影響の全貌については未知の点が数多く、今後検討を進めたい。大原直樹、内藤由紀子、岩井直温
異なる高脂肪食が非肥満性ラットの代謝に及ぼす影響の比較 2013年 9月 日本脂質栄養学会第22回大会(高知) 高脂肪食を与えても肥満にならないWistar/STラットに基礎飼料(油脂4.4%)、基礎飼料に魚油、大豆油、またはラードを添加し、脂肪含量を20%とした飼料を4週間与えた。体重と摂取カロリーには群間差が無かった。内臓脂肪は、基礎飼料群に比べ高脂肪食群で高かった。魚油群ではペロキシゾームでの脂肪酸酸化の促進とVLDL分泌の低下がみられ、血脂が低下し、糖代謝も抑制されていた。大豆油群ではペロキシゾームでの脂肪酸酸化が抑制され、VLDL分泌は基礎飼料群と差が無かった。また、肝での脂質レベル上昇が認められた。ラード群では肝、血中脂質レベルが基礎飼料群と同じであった。脂質、糖代謝は亢進していた。橋本洋子、山田和代、津嶋宏美、森眞由美、宮澤大介、西尾康二、大原直樹、奥山治美
脳卒中易発症高血圧自然発症ラットにおける3種の機能性食用油摂取の影響 2013年 9月 日本脂質栄養学会第22回大会(高知) 摂取脂肪(7%)を全てヘルシーリセッタ、ヘルシーコレステまたは健康サララに置き換えた飼料を4週間与えたSHRSPで、毒性学的検討を行った。体重、一般症状、摂餌量に影響は無かった。精巣周囲脂肪にも群間差はなく、脂肪がつきにくいという効果を実証できなかった。動脈硬化指数はヘルシーコレステ群で低下し、その有効性が示唆された。内藤由紀子、遠藤恒介、翁 華春、大原直樹、岩井直温
高融点油脂を摂取した脳卒中ラットの寿命短縮効果について 2013年 9月 日本脂質栄養学会第22回大会 雄SHRSPに菜種油、ラード、パーム油、完全水素添加菜種油を添加した飼料を与え、寿命を比較した。パーム油群の寿命101±2日は、寿命を短縮する作用のある菜種油群94±3日とないラード群115±6日の中間の寿命となったが、完全水素添加菜種油では130日まで死亡例が無かった。ラードとパーム油の脂肪酸組成は差が無いが、それぞれを与えた群の寿命には有意な差があった。この原因はコレステロール含量にあると考えられた。また、菜種油の有害因子は水素添加の工程で消失することが示唆された。立松憲次郎、宮澤大介、大原直樹、奥山治美
Functional coupling of TRPC6 channel with Ca2+-sensing receptor in pulmonary hypertension 2014年 3月 第87回日本薬理学会年会 We examined whether TRPC channel is involved in enhanced Ca2+ influx followed by Ca2+-sensing receptor (CaSR) activation in idiopathic pulmonary arterial hypertension (IPAH) -pulmonary arterial smooth muscle cells (PASMC) . La3+ inhibited the plateau phase of CaSR-mediated [Ca2+]cyt increase in IPAH-PASMCs. The expression of TRPC6 in IPAH-PASMCs was greater than in normal PASMCs. Knockdown of TRPC6 channel in IPAH-PASMCs with siRNA attenuated the CaSR-mediated [Ca2+]cyt increase. In contrast, overexpression of TRPC6 with CaSR in normal PASMCs mimicked the extracellular Ca2+-induced [Ca2+]cyt increase. TRPC6 current was evoked by the activation of CaSR in IPAH-PASMCs. The extracellular Ca2+-induced [Ca2+]cyt increase due to functional coupling between CaSR and TRPC6 channel is a novel pathogenic mechanism contributing to the augmented Ca2+ influx and excessive PASMC proliferation in IPAH patients. Yamamura A, Ohara N, Tsukamoto K, Jason X.-J. Yuan
肺動脈性高血圧におけるCa2+感受性受容体とTRPC6チャネルの機能的連関 2014年 3月 日本薬学会第134年会 特発性肺動脈性肺高血圧症(IPAH)患者由来の肺動脈平滑筋細胞(PASMCs)における細胞外Ca2+誘発性[Ca2+]cyt上昇はCa2+感受性受容体(CaSR)とTRPC6チャネルの機能的連関によることが示唆された。この機構が、IPAH患者の過剰なCa2+流入や細胞増殖に関与している可能性が考えられる。山村彩、平工 明里、堀井 千裕、塚本喜久雄、小崎康子、大原直樹、Jason X.-J. Yuan
Fully hydrogenation suppresses the activities of life-span shortening in SHRSP rats fed canola oil 2014年 6月 ISSFAL 2014 To clarify the impact of fully hydrogenation, we investigate the life span of SHRSP rats fed the diet containing 10% fully hydrogenated canola oil (FHCO) comparing with other oils under1% NaCl solution loading. Lard and Palm oil have similar ratio of palmitic acid (16:0), oleic acid and linoleic acid. In early term, the slightly increase of food ingestion (15-20%) was observed in rats fed FHCO. However, the body weight gain delayed significantly (10-12%) in Can and FHCO, compared with other two groups at 11 weeks old. The survival times of SHRSP rats were in line with Can (94±3 day), Plm (101±2 day) and Lrd (115±6 day), and rats fed FHCO diet were not died within experimental period (180 < day). Thus FHCO converts the causative agents of life-span shortening to safety substance or poorly-absorbed form. Furthermore, this reaction might produce the preventive agent for cerebral strokes and develop a novel functional health food. Tatematsu K, Miyazawa D, Ohara N, Okuyama H
Ca2+感受性受容体に対するジヒドロピリジン系Ca2+チャネルブロッカーの効果 2014年 7月 第60回薬学会東海支部大会 正常ヒト(Normal)、IPAH患者、慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)患者由来の肺動脈平滑筋細胞(PASMCs)を用いて、Ca2+感受性受容体(CaSR)を介した細胞内Ca2+濃度([Ca2+]cyt)応答を測定した。ニフェジピンの投与によってIPAH-PASMCsの[Ca2+]cytが増大した。ニフェジピン誘発性[Ca2+]cyt上昇は、CaSR阻害薬NPS2143で抑制された。NormalおよびCTEPHPASMCsの[Ca2+]cytにニフェジピンは無効だった。ニカルジピンやBay K 8644もニフェジピンと同様のCa2+応答を惹起したが、ジルチアゼムやベラパミルは影響を与えなかった。IPAH-PASMCsにおけるニフェジピン誘発性[Ca2+]cyt上昇は、CaSRのsiRNAノックダウンで減少した。Normal-PASMCsにCaSRを高発現させると、ニフェジピン誘発性[Ca2+]cyt上昇が認められようになった。モノクロタリン誘発性肺高血圧症ラットにニフェジピンは無効だった。ジヒドロピリジン系Ca2+チャネルブロッカーは肺高血圧症で発現亢進するCaSRを活性化するために有効でないことが明らかになった。山村彩、堀井千裕、平工明里、塚本喜久雄、小崎康子、大原直樹、山村寿男、Jason X.-J. Yuan
糖尿病マウスにおける機能性食用油の4週間摂取の影響 2014年 8月 日本脂質栄養学会第23回大会 肥満・糖尿病モデルマウスにおける機能性食用植物油3製品の4-週間投与安全性試験を行い、際立った有害性が認められないことを示した。内容由紀子、大原直樹、岩井直温
肺高血圧症で機能亢進するCa2+感受性受容体はジヒドロピリジン系Ca2+チャネルブロッカーによって活性化する 2014年 8月 第56回 日本平滑筋学会総会 ジヒドロピリジン系Ca2+チャネルブロッカーが肺高血圧症に有効でない理由が、肺高血圧症で発現亢進しているCa2+感受性受容体(CaSR)を活性化するためであることを科学的に裏付けた。山村彩、平工明里、堀井千裕、塚本喜久雄、小崎康子、大原直樹、Jason X.-J. Yuan
肺高血圧症モデルラットの病態における週齢差の影響 2014年 8月 2次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2014 ラット(SD系、雌雄、4週齢と20週齢)に肺高血圧症を誘発するモノクロタリン含有生理食塩水(20 mg/ml)を皮下注射(60 mg/kg、1回)し、死亡率を調べ、そのパラメーターの性差、週齢差を比較した。また、対照群およびモノクロタリン投与群の21日目のラットから心臓、肺、肝臓、腎臓、大動脈および肺動脈を摘出し、重量や形態学的変化を観察した。4週齢のモノクロタリン投与群ラットでは、約14日目から肺高血圧症を発症し、約21日目から死亡がみられた。体重は、21日目から減少し、28日目では対照群と比較して約40%減少した。体重減少率に性差はなかった。モノクロタリン投与後、約35日間で全てのラットが死亡した。次に、対照群およびモノクロタリン投与群の21日目における臓器重量を測定した。モノクロタリン投与群の心臓、肺、肺動脈の臓器重量は、対照群と比較し増加した。特に、心肥大および肺動脈の肥厚が顕著だった。一方、20週齢のモノクロタリン投与群でも、心臓、肺、肺動脈の臓器重量は増加した。しかし、モノクロタリン投与群において、35日目までの死亡するラットは皆無だった。肺高血圧症患者で認められる年齢差をモデルラットで一部再現できた。森志穂、堀井千裕、平工明里、塚本喜久雄、大原直樹、山村彩
Influence of HGF-β / MR System on Cytokine Production by Macrophages 2014年10月 第87回日本生化学会大会 HGF-βによるマクロファージのIL-10産生促進の背景機序は、マクロファージのマンノース受容体を介していることを示した。大西浩之、小島亜衣梨、宮澤大介、山田和代、大原直樹、水谷秀樹、岡清正、水野信哉、中村敏一
親の食餌脂肪酸が乳仔マウス脳の神経栄養因子産生に及ぼす影響 2014年10月 第87回日本生化学会大会 n-3系脂肪酸摂取制限によって、マウス乳仔脳のDHAが減少し、AAが増加した。親動物の摂取脂肪酸が仔動物の脳の脂肪酸組成に影響を及ぼすことが確認された。また、この影響の強弱は脳の解剖学的部位に依存していることが明らかになった。宮澤大介、大西浩之、内田優希、坂本康子、木村愛莉、木村里奈、山田和代、北森一哉、大原直樹
Depressed production by rapeseed oil ingestion of testosterone is partially due to decreased expression of testicular CYP11A1 in SHRSP 2015年 3月 日本薬理学会第88回年会 We aimed to examine the influence of Canola oil on the expression and activity of CYP11A1 in the testis of SHRSP. Relative expression of CYP11A1 protein to COXIV was 78.5± 8.4% and 55.9± 5.7% in SO group and RA group(p<0.05). CYP11A1 activity in SO group and RA group were 38.9±3.2 pg/mg tissue and 27.8±3.7 pg/mg tissue(p<0.05). In addition reduced expression of mRNA for StAR and CYP17A1 were also found. The target of the effect of RA is on the upstream pathway of testosterone production. At least the decreased expression of CYP11A1 gives rise to the reduction of plasma testosterone level in SHRSP given RA oil. Ayana Takagi, Mina Teramachi, Yukiko Naito, Daisuke Miyazawa, Naoki Ohara
SHRSPのステロイドホルモン代謝に関わるいくつかの酵素のmRNA発現に対するカノーラ油摂取の影響 2015年 8月 日本脂質栄養学会第24回大会 カノーラ油摂取は、脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)の精巣におけるStAR、CYP11a、CYP17および3βHSDのmRNA発現を抑制した。副腎ではStARおよびCYP11aのmRNA発現が増大傾向にあったが、CYP11b2 mRNAが有意に増大した。ステロイド代謝に対するカノーラ油摂取の影響が精巣と副腎では異なっており、精巣がカノーラ油の毒作用の標的と考えられる。また、副腎におけるCYP11b2のmRNA発現促進と血漿中アルドステロン濃度の上昇から、テストステロンがアルドステロン産生を制御している可能性が示唆された。  西川真衣、髙木彩菜、寺町仁那、内藤由紀子、立松憲次郎、宮澤大介、橋本洋子、山村 彩、大西浩之、大原直樹、奥山治美
いくつかの食用油によるSHRSP寿命短縮での18:1脂肪酸含量の影響 2015年 8月 日本脂質栄養学会第24回大会 食用油摂取による脳卒中易発症性高血圧ラット(SHRSP)の寿命短縮は菜種油(Can)をはじめとして複数の種類が報告されている。寿命短縮活性を示す油脂は、一部を除き18:1脂肪酸(オレイン酸、エライジン酸)の含量が高い。今回は、SHRSPの寿命短縮におけるオレイン酸の役割を検討すべく、市販されている高オレイン酸の菜種油(HOCO)を用意し、これを摂取したSHRSPの寿命を測定した。菜種油のオレイン酸を増加した種ではSHRSPの寿命短縮活性をより増強させたことから、油脂中のオレイン酸含量が寿命短縮に関連する可能性を支持する。 近藤佑香、立松憲次郎、大原直樹
キャノーラ油および水素添加大豆油が骨形成に及ぼす影響 2015年 8月 日本脂質栄養学会第24回大会 マウスを用い、キャノーラ油または水素添加大豆油を与えて、ブタBMP移植による骨形成を観察。これらの群では、対照の大豆油摂取群と比較し、骨形成が有意に亢進した。これはグラ化オステオカルシンの低下によると見られるが、キャノーラ油ではオステオカルシンの低下が、水素添加大豆油群ではジヒドロビタミンK1によるビタミンK作用の抑制が原因となっている。 橋本洋子、森眞由美、小林周一郎、半谷朗、渡邉真一、大原直樹、野口俊英、河合達志、奥山治美
完全水素添加処理菜種油摂取によるSHRSP病態改善のメカニズムの検討 2015年 8月 日本脂質栄養学会第24回大会 菜種油(Can)をはじめとするいくつかの食用油を摂取した脳卒中易発症性高血圧ラット(SHRSP)は、大豆油(Soy)を摂取したラットと比べて、その寿命が著しく短縮する。一方、菜種油に完全水素添加処理した油脂(FHCO)を摂取させると、SHRSPで認められる病態が改善される(第23回脂質栄養学会大会)。今回は、FHCOによる病態改善作用がどのような機構で起こるかを推察するために、臓器中の脂肪酸組成、遺伝子発現並びに病理組織解析を検討した。FHCOを摂取したSHRSPは、脂質代謝酵素発現を変化させ、Can摂取で認められる腎障害や脾臓の異常造血を抑えることが観察された。永田翔子、立松憲次郎、斉藤義明、大原直樹
機能性食用油の安全および糖代謝に対する影響 2015年 8月 日本脂質栄養学会第24回大会 特定保健用食品(トクホ)の食用植物油には、「コレステロールが気になる方に」あるいは「体脂肪が気になる方に」と表示されていることから、生活習慣病患者やその予備軍といわれるヒトにおいて関心が高いと考えられる。本研究では、食品の性質を考慮して長期間摂取の影響を評価し、またその手法として網羅的遺伝子発現解析の有効性も検討した。C578BL/6J マウスに20 週間トクホ食用油(HR、HC およびKS)を摂取させた場合、顕著な有害作用が認められないことが明らかとなった。また、網羅的に遺伝子発現を解析することは、予測していた遺伝子変動以外の変動を見つけることができ、さらに詳細な解析につなぐ有用な手法であることが示唆された。 内藤由紀子 大原直樹
カノーラ油の有害効果   -SHRSPのステロイドホルモン代謝におよぼす影響- 2015年11月 日本薬病院剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2015 SHRSPに脂肪源としてカノーラ油を与えると生存日数が短縮し、ステロイドホルモン代謝に影響が見られる。本研究では、雌でも同様の影響が認められるか否かについて検討した。性腺がカノーラ油の毒作用の標的器官の一つと考えられるが、雌における影響は顕著でなく、カノーラ油の毒性には性差があることが明らかになった。  花井仁美、西川真衣 、髙木彩菜、寺町仁那、立松憲次郎、宮澤大介、橋本洋子、山村 彩、大西浩之、大原直樹 、奥山治美
Changes by canola (rapeseed) oil ingestion of steroid hormone production in SHRSP 2016年 3月 日本薬理学会第89回年会 カノーラ油摂取SHRSP精巣のCYP11a mRNAとタンパク質発現に抑制が見られた。StAR, CYP17, 3βHSDのmRNA発現も抑制されたが、タンパク質の変化が不明瞭だった。テストステロン生成阻害にはCYP11a抑制が関わっている。また、副腎ではStAR、CYP11a、3βHSDのmRNAには発現抑制が見られなかった。CYP11b2のmRNA発現上昇がアルドステロン産生を亢進した。  S Yagi, M Nishikawa, H Hanai, S Suzumura, Y Naito, K Tatematsu, D Miyazawa, Y Hashimoto, A Yamamura, H Ohnishi, N Ohara, H Okuyama
SHRSPにおけるカノーラ油摂による有害効果の性差 2016年 3月 日本薬学会第136年会 SHRSP を10w/w% の大豆油またはカノーラ油を含む飼料で飼育し、カノーラ油による有害効果の性差を調べた。雄では大豆油群に比べ、カノーラ油群雄で、血圧、心拍数が上昇した。カノーラ油群では耐糖能が低下し、血小板数が減少したが、雌ではいずれにも影響がなかった。一方、生存日数は雌雄ともにカノーラ油群で短縮したが、雄での影響がより顕著だった。  豊田祐理子、花井仁美、西川真衣、橋本夏那、大原 直樹、内藤 由紀子、宮澤 大介、立松 憲次郎、橋本洋子、奥山治美
油脂中のオレイン酸含量がSHRSP寿命短縮に与える影響 2016年 3月 日本薬学会第136年会 オレイン酸含量が、SHRSPの寿命短縮に及ぼす影響を定量的に示し、キャノーラ油やサフラワー油による寿命短縮には、微量因子以外に含有脂肪酸の組成が大きく関わる可能性について述べる。 近藤佑香、立松憲次郎、大原直樹
肺高血圧症由来肺動脈平滑筋細胞におけるカルシウム感受性受容体拮抗薬の抗増 殖作用 2016年 3月 日本薬理学会第89回年会 特発性肺動脈性高血圧症(IPAH)患者の肺動脈平滑筋細胞(PASMCs)において、カルシウム感受性受容体の発現増加が過剰増殖を引き起こし、肺血管リモデリングにつながる。本研究では、カルシウム感受性受容体拮抗薬の細胞増殖に対する効果を解析した。IPAH患者におけるPASMCsの過剰増殖を介した肺血管リモデリングが、カルシウム感受性受容体の活性によって制御されていることが示され、カルシウム感受性受容体拮抗薬は新規治療薬として有望である。 山村 彩、八木聡美、鈴村紗世、大原直樹、塚本喜久雄
カノーラ油摂取が脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)のステロイドホルモン代謝に及ぼす影響 2016年 6月 日本毒性学会第43回年会(名古屋)(2016年6月) カノーラ油摂取の影響は精巣と副腎で異なる。精巣がカノーラ油の毒作用の標的と考えられる。副腎でのCYP11b2のmRNA発現促進と血漿中アルドステロン濃度の上昇から、カノーラ油がCYP11b2を直接抑制する可能性もあるが、テストステロンがアルドステロン産生を生理学的に制御している場合、その抑制が阻害された可能性もある。  西川 真衣、八木 聡美、大原 直樹、立松 憲次郎、内藤 由紀子、奥山 治美
SHRSPにおけるカノーラ油摂取による有害効果の探索 2016年 9月 日本脂質栄養学会第25回大会(秋田) カノーラ油摂取によるSHRSPの肝G6PD活性化が確認された。これは、カノーラ油摂取群に認められる血脂上昇と関連があるかもしれない。また、同様の変化が腎でも認められた。G6PD活性上昇を伴う内因性ジギタリス様物質の遊離増大を推定し、Na+, K+-ATPase活性およびそのmRNA発現、さらに、内因性ジギタリス様物質生成に関わるといわれるCYP27a1 mRNAの発現を調べたが、これらを関連付ける結果は得られなかった。   夏目沙矢香、二宮理紗子、西川真衣、内藤由紀子、立松憲次郎、大原直樹、奥山治美
二種のWistar系ラットに高脂暴食の及ぼす影響 2016年 9月 日本脂質栄養学会第25回大会(秋田) 血中 insulin と leptin 量は魚油を除く高脂肪食群で増加し、2 系統で差はみられなかった。一方、adiponecti n 量は Jla では有意の変化が認められなかったがSLC では高脂肪食で減少した。視床下部の食欲関連の mRNA についての qPCR では、食欲を克進させる Neuropeptide Y の発現が SLC ではいずれの高脂肪食群でも基準食群と比較し、有意な減少が認められ た。一方 Jla では高脂肪食の影響は見られなかった。また AMP kinase αsubunit の mRNA 量に も 同様のパターンが見 ら れた。一方、ghrelin、や leptin の受容体、corticotropinreleasing hormone、pre-melanin concentrating hormone、などの発現量には 2系統での高ヒ酔食に対する応答に差異は見られなかった。このことから Jla 系の多食傾向には、SLC 系の高脂肪食で見られる adiponectin の関与する食欲増進系の抑制が見られないことが一因となっていると考えた。  山田和代、黒田詩織、後藤芹菜、大西浩之、宮澤大介、津嶋宏美、大久保剛、日比野英彦、大原直樹、奥山治美
完全水添油脂を摂取したSHRSPの糞便中脂質含量 2016年 9月 日本脂質栄養学会第25回大会(秋田) FHCO を摂取した SHRSP では、糞便量、糞便中の脂質排池量が有意に上昇し、これが植物ステロール蓄積を抑制すると考えられた。永田翔子、立松憲次郎、大原直樹
親の食餌脂肪酸が乳仔マウス脳の神経栄養因子産生とプロテインキナーゼに及ぼす影響 2016年 9月 日本脂質栄養学会第25回大会(秋田) 大脳皮質、海馬の脂肪酸組成では、SAF 群で DHA が有意に減少し また、アラキドン酸量が増加していた。総 n-6 系脂肪酸、総 n-3 系脂肪酸、n-6/ロー3 比も親の食餌の脂肪酸組成を反映したものであった。この結果から授乳期の親の食餌脂肪酸 が、母乳を介して仔の脳の脂肪酸組成に影響を与えることが明らかとなった。BDNF 量を定量したところ、 海馬では SAF 食で減少していたが、大脳皮質では増加して いた。解析した領域によって異なる結果であった。脳の領域によって食餌脂肪酸に対する反 応性が異なることが示唆された。PKC の活性には両群聞に差はなかった。Stress-activated protein kinase/N-terminal kinaseは大脳皮質、海馬ともに SAF 群で リン酸化が低下していた。n-3 系脂肪酸制限によ り SAPK/]NK の活性が影響を受ける可能 性が示唆された。宮澤大介、大西浩之、浅井香穂、岩田真由香、郭 真美、北森一哉、山田和代、大原直樹、奥山治美
食用植物油摂取が脳卒中易発症高血圧自然発症ラットの血圧に与える影響 2016年 9月 日本脂質栄養学会第25回大会(秋田) 連続血圧測定において、暗期の収縮期血圧には群間差が認められなかったが、明期 の血圧は、摂取第 40 日以降、大豆油群と比較してカノ ー ラ油群で高値を示した。TH およ び DBH mRNA 発現は、2、4 およ び 8 週間摂取にお いて群間差が認められなかったが、16 週間摂取においてはカノーラ油群の両遺伝子発現が低かった。一方 COMT mRNA 発現は、2 週間摂取においてのみ、大豆油群と比較してカノーラ油群で、高かった。内藤由紀子。大原直樹
植物油摂取による脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)の短命化とその性差 2017年 3月 日本薬学会第137年会(仙台) 脂肪を含まないAIN-93 組成の粉末飼料に10w/w% の大豆油(対照群)またはカノーラ油のみを加えた飼料で雌雄SHRSP(5週齢)を死亡するまで飼育した。死亡動物は発見後,剖検し,病理標本を鏡検した。カノーラ油摂取群は,雌雄ともに短命であった。死因は,心臓死,脳卒中あるいは血管傷害であった。カノーラ油摂取は雌雄を問わずSHRSPを短命化し、死因も同じであるが、生存日数には性差があることが分かった。  福原 彩, 二宮 理紗子, 恒川 有里, 西川 真衣, 豊田 祐理子, 内藤 由紀子 , 立松 憲次郎, 奥山 治美, 大原 直樹
脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)における植物油摂取によるステロイド代謝系の変化とその性差 2017年 3月 日本薬学会第137年会(仙台) カノーラ油摂取によるテストステロンの低下がアルドステロン上昇と相関しているかを調べることを目的とした.また,雌でも同様の解析をした.カノーラ油摂取群の精巣組織中テストステロン,デヒドロエピアンドロステロンおよびプレグネノロンと血漿中アルドステロン濃度を個体別にプロットすると,有意な負の相関または負の相関傾向が見られた.群別に見ると,大豆油群では精巣組織プレグネノロン濃度と血症アルドステロン濃度が正の相関傾向を示した.また,血漿テストステロン濃度とアルドステロン濃度にも正の相関傾向が見られ,同様の相関は雌でも認められたが,雌ではアルドステロン濃度の上昇は見られなかった.雄ではカノーラ油摂取による病態増悪に,テストステロン低下とそれに伴うアルドステロン上昇が関与する可能性が示唆された.カノーラ油摂取による短命化との関連についてはさらに詳細な検討が必要である.金森 裕未, 夏目 沙矢香, 角屋 美帆, 花井 仁美, 八木 聡美, 内藤 由紀子, 立松 憲次郎, 大原 直樹, 奥山 治美
SHRSPにおけるカノーラ油毒性 2017年 9月 日本脂質栄養学会第26回大会(東京) シンポジウムで大原が報告した内容の詳細をポスターにして発表した。ビタミンK作用の修飾、雄におけるテストステロンの低下が、SHRSPの背景病態増悪に関わっていることを明確に示した。恒川有里、西川真衣、大原直樹、宮澤大介、橋本洋子、内藤由紀子、立松憲次郎、奥山治美
シンポジウム2 植物油脂の環境ホルモン作用  ―脳卒中易発症高血圧自然発症ラット(SHRSP)におけるカノーラ油毒性の標的器―       2017年 9月 日本脂質栄養学会第26回大会(東京)  シンポジウム カノーラ油8週間摂取による、SHRSPで認められる毒性を解析し、標的器官が性腺であることを明らかにした。しかし、毒性に性差があることから、単純に性腺毒性として結論付けられない部分が今後の研究課題として残る。これらの背景、周辺のデータを紹介した。 大原直樹、内藤由紀子、立松憲次郎、奥山治美
完全水添油脂を摂取した脳卒中ラットにおける臓器特異的な脂肪酸蓄積 2017年 9月 日本脂質栄養学会第26回大会(東京) 完全水添植物油はSHRSPの生存日数をむしろ延長するが、その機序について考察した。近藤佑香、立松憲次郎、大原直樹
カノーラ油毒性におけるレニン・アンギオテンシン・アルドステロン系の関与 2018年 6月 日本薬学会東海支部大会 カノーラ油毒性におけるレニン・アンギオテンシン・アルドステロン系の関与カノーラ油の毒性全般をまとめ、周知する目的で発表した。西川真衣、内藤由紀子、立松憲次郎、大原直樹 、奥山治美
Canola oil toxicity in SHRSP and its sex difference 2018年 7月 WCP2018 国際薬理学・臨床薬理学会議 The testis may be the target of canola oil toxicity. In females there were no increases in the expressions of mRNA for CYP11b2 in the adrenal gland, for renin in the kidney, nor plasma aldosterone. The kidney is also a possible target of canola oil toxicity, but some regulation by testosterone of aldosterone production could take part in the mechanisms of the toxicity. Nishikawa M, Ohara N, Ninomiya R, Naito Y, Tatematsu K, Saito Y, Miyazawa D, Hashimoto Y, Ohnishi H, Okuyama H
完全水添油脂とDHAのSHRSP組織脂質に及ぼす影響 2018年 9月 日本脂質栄養学会 第27回大会 完全水添油脂摂取によってSHRSP昇圧が抑えられ、寿命が著しく延びる。そこには、吸収される脂肪酸の低下と、一方でDHAによる肝脂質合成酵素の制御が関与している可能性がある。
SHRSPにおけるCanola油毒性 ― レニン・アンギオテンシン系 の関与― 2019年 3月 第92回日本薬理学会年会 Both renin and angiotensin II concentrations in C group, 753±97 and 66.9±6.5pg/mL were higher than respective those in S group, 459±23 and 46.4±5.5 pg/mL (p<0.01, N=12 and p<0.05, N=10). Expressions of mRNA for renin in the kidney was significantly high and ACE2 in the testis was low in C group comparing with S group, while ACE in the lung and angiotensinogen in the liver were comparable. Thus the enhanced production of renin in the kidney and increased plasma angiotensin II level lead to the acceleration of blood pressure elevation and vascular injuries, and may be involved in the C toxicity. ACE2 may also be concerned via steroid hormone metabolism.
完全水素添加菜種油がWistar/STラットの組織脂質に及ぼす影響 2019年 8月 日本脂質栄養学会第28回大会(東京) 完全水添菜種油(FHCO)は、消化管からの脂質吸収抑制によってWistar/STラットの組織脂肪を減らした。SHRSPでは体重減少、腎傷害の改善、血圧上昇の抑制も見られる。今回、組織コレステロールが低下したのは、DHA蓄積増加によると考えられる。DHAによるHmgr発現抑制が寄与した可能性がある。また、植物ステロールの吸収抑制も毒性が低減する理由と考えられる。酒向史裕、立松憲次郎、大原直樹
カノーラ油毒性におけるレニン・アンギオテンシン系の関与と性差 2019年 9月 日本脂質栄養学会第28回大会(東京) カノーラ油毒性の標的臓器は性腺であり、雄では腎レニン・アンギオテンシン系も影響を受けることがわかった。精巣のテストステロン産生が抑制され、ステロイドの産生に関わる酵素群のmRNA発現に影響があることを報告したが、短命化や腎および心組織の傷害は雄のみで認められている。雄ではテストステロン産生の低下と副腎のアルドステロン産生の増大がリンクしており、アルドステロン増大が心血管傷害に関連すると考えられる。また、レニン・アンギオテンシン系の活性化が確認され、雄では腎傷害が比較的早くから認められることを踏まえると、カノーラ油摂取による精巣および腎傷害はともに毒性機序に関わると考えられる。雌雄で性腺への影響が認められたにもかかわらず毒性に性差がみられることは、テストステロンがその鍵を握っていることを示唆する。 西川真衣、内藤由紀子、大原直樹、立松憲次郎、宮澤大介、奥山治美
サチャインチオイル摂取が生活習慣病進展に与える影響 2019年 9月 日本脂質栄養学会第28回大会(東京) ob/obマウスではサチャインチオイルは、血糖上昇を抑え、アディポネクチンが関与する脂質代謝に影響を及ぼして白色脂肪重量を低下させた。機序解明はこれからであるが、サチャインチオイルは生活習慣病の改善、予防に有用であると考えられた。内藤由紀子、大原直樹
羊尻尾脂や食用植物油が自然発症高血圧ラットの血圧および血清脂質に与える影響 2019年 9月 日本脂質栄養学会第28回大会(東京) 自然発症高血圧ラット(SHRSP)の血圧や病理所見に対する、内モンゴルの羊尻尾脂と中国およびカナダ産カノーラ油を大豆油と比較した。8週間摂取後の所見は、植物油を与えた3群で内臓脂肪が多く出血が見られた。カノーラ油群では体重の減少、血圧の上昇、精巣重量の増大が認められた。全般的に羊尻尾脂が最も毒性が低く、カノーラ油は有害所見が多かった。中国産にくらべ、カナダ産のカノーラ油で特にその傾向があった、包音都古栄 金花、武燕燕、周華偉、銭坤、張方蘇、香川靖雄、間陽子、奥山治美、大原直樹、内藤由紀子
The target of canola oil toxicity in SHRSP and mechanisms underlying the toxicity 2020年 3月 日本薬理学会第93回年会(誌上年会) SHRSPにおけるカノーラ油毒性の標的とその毒性に関与する機序 ⼤原 直樹,⻄川 真⾐,⽴松 憲次郎,内藤 由紀⼦,宮澤 ⼤介,奥⼭ 治美
Top of page

秦野研究所年報

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「Angiotensin変換酵素阻害薬captoprilのイヌ血圧に対する急性効果について」 共著 1979年10月 秦野研究所年報 2:21-22. 大原直樹,宿野部和一,小野宏(査読あり)
「腎循環自動調節に対する諸種血管拡張薬の影響」 共著 1979年10月 秦野研究所年報 2:18-19 小野宏,大原直樹,勝村英夫.(査読あり)
「Two-kidney Goldblatt 型高血圧犬の急性期におけるcapropril(SQ14, 225)連続投与による降圧効果の検討」 共著 1980年10月 秦野研究所年報 3:17-18. 大原直樹,宿野部和一,木村道子,勝村英夫,山下章代,小野宏.(査読あり)
「動静脈酸素較差連続測定器A-VOXによる心臓酸素消費変化の観察」 共著 1980年10月 秦野研究所年報 3:21-23. 小野宏,大原直樹,佐藤拓夫,勝村英夫,宿野部和一.(査読あり)
「Two-kidney Goldblatt型高血圧犬におけるcapropril(SQ14, 225)の降圧効果-急性期,慢性期高血圧および正常血圧での降圧効果比較-」 共著 1981年10月 秦野研究所年報 4:20-22. 大原直樹,宿野部和一,木村道子,勝村英夫,小野宏,稲田浩子.(査読あり)
「イヌ心肺標本におけるcarteolol,pindololおよびpropranololの心抑制作用の検討」 共著 1981年10月 秦野研究所年報 4:24-25. 小野宏,山下章代,宿野部和一,大原直樹,勝村英夫,木村道子.(査読あり)
「Captoprilのdisulfide metabolite, SQ14, 551の降圧作用」 共著 1982年10月 秦野研究所年報 5:22-24. 大原直樹,宿野部和一,小野宏(査読あり)
「β-遮断薬nadololの心筋抑制作用-血液灌流イヌ摘出心筋標本による検討- 」 共著 1982年10月 秦野研究所年報 5:24-26. 金澤由基子,小野宏,大原直樹,宿野部和一,木村道子.(査読あり)
「ヒト血小板のα2-アドレナージック・レセプター」 単著 1985年10月 秦野研究所年報 8:35-39. 大原直樹.(査読あり)
「イヌ血小板のα2-アドレナージック・レセプター.」 共著 1986年10月 秦野研究所年報 9:34-36(1986). 大原直樹,横田俊二,小野宏.(査読あり)
「各種界面活性剤によるラット腎α1-adrenergic receptorの可溶化」 共著 1988年10月 秦野研究所年報 11:58-62. 大原直樹,横田俊二,小島幸一,安達智子,小野宏. (査読あり)
「摘出モルモット心筋の活動電位に対するl-carnitne chloride の作用.」 共著 1989年10月 秦野研究所年報 12:40-45. 横田俊二,大原直樹,弘中豊,小野宏.(査読あり)
「Mongolian gerbil(スナネズミ)の両側総頸動脈一時閉塞モデルについて」 共著 1990年10月 秦野研究所年報 13:35-36. 宿野部和一,石黒由美子,大原直樹.(査読あり)
「新規アンジオテンシン変換酵素阻害薬SQ29, 852の薬理作用について」 共著 1990年10月 秦野研究所年報 13:29-34. 瀧澤美保子,横田俊二,勝村英夫,宿野部和一,小西知香,大原直樹.(査読あり)
「英国毒性学会提案の方法に基づく固定用量法急性毒性試験法の有用性確認のための国際共同研究」 共著 1990年10月 秦野研究所年報 13:37-39. 小野宏,勝村英夫,今井清,大原直樹,稲田浩子,山口一喜,畔上二郎.(査読あり)
「合成樹脂ビーズによる血液細胞からの活性酸素,サイトカイン遊離と心血管系に対するそれらの影響」 共著 1992年10月 秦野研究所年報 15:16-19. 大原直樹,小西知香,瀧澤美保子,小野宏.(査読あり)
「心虚血-再灌流障害に関する基礎的研究」 共著 1992年10月 秦野研究所年報 15:20-24. 横田俊二,菅野聡,大原直樹.(査読あり)
「虚血-再灌流障害」 共著 1994年10月 秦野研究所年報 17:30-36. 横田俊二,斉藤義明,笠間菊子,菅野聡,吉田弘道,大原直樹.(査読あり)
「心虚血再灌流障害とプロテアーゼインヒビター」 共著 1995年10月 秦野研究所年報 18:33-37. 横田俊二,菅野聡,笠間菊子,大原直樹.(査読あり)
「摘出灌流ラット腸間膜動静脈の反応性とその調節の加齢による変化」 共著 1995年10月 秦野研究所年報 18:38-42. 小西知香,大原直樹,小野宏.(査読あり)
「摘出灌流ラット腸間膜動静脈の反応性とその調節の加齢による変化」 共著 1995年10月 秦野研究所年報 18:38-42. 小西知香,大原直樹,小野宏.(査読あり)
「正常血圧および高血圧ラットにおける腸間膜動静脈反応性の差異」 共著 1995年10月 秦野研究所年報 18:43-47. 内藤由紀子,吉田弘道,大原直樹,小野宏.(査読あり)
「実験動物としてのイヌを考える」 共著 1996年10月 研究所年報 19:43-46. 勝村英夫,大原直樹.(査読あり)
「P2受容体を介したラット灌流腸間膜動静脈収縮反応」 共著 1999年10月 秦野研究所年報 22:26-30. 内藤由紀子,小西知香,大原直樹.(査読あり)
「菜種油摂取した脳卒中易発性自然発症高血圧ラットの血液凝固能および赤血球浸透圧抵抗性」 共著 2000年10月 秦野研究所年報 23:13-17. 内藤由紀子,小西知香,大原直樹. (査読あり)
「3種の健康補助食品.「核酸」,「ダイエットシステムシックス」および「ノコギリヤシ」のラットにおける4週間混餌投与による安全性評価」 共著 2002年10月 秦野研究所年報 25:36-53. 大原直樹,内藤由紀子,小野宏,花井美保,山内淳,江指隆年. (査読あり)
「ディーゼル排気粒子(diesel exhaust particle:DEP)のラット急性心虚血-再灌流不整脈への影響」 共著 2003年10月 秦野研究所年報26:36-47. 横田俊二,内藤由紀子,古谷真美,関剛幸,丸茂秀樹,大澤徳子,松本浩孝,大原直樹,加藤温中.(査読あり)
「菜種油摂取による脳卒中易発性高血圧自然発症ラットの短命化の要因に関する基礎的研究」 共著 2004年10月 秦野研究所年報27:49-61. 内藤由紀子,大原直樹. (査読あり)
「大気汚染粒子と造血因子」 共著 2008年10月 秦野研究所年報31:6-14. 横田俊二,関剛幸 ,内藤由紀子,立花滋博,平林尚之,中阪聡亮 ,大原直樹.(査読あり)
Top of page

学位論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「アンギオテンシン変換酵素阻害剤カプトプリルの降圧作用機序」 単著 1982年 9月 東京大学薬学部 東京大学乙06205 カプトプリルの薬効を片腎動脈狭窄高血圧イヌの急性期,慢性期において評価し,いずれにおいても降圧効果が認められること,また,その作用には二量体代謝物が関与することを明らかにした。
Top of page

総説

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「ラジオリガンドバインディングアッセイによるカルシウムチャネルの研究」 単著 1986年 羊土社 実験医学4:85-87.
「Dietary Lipids Impacts on Healthy Ageing」 共著 2007年 9月 Lipids 42: 821-825. Harumi Okuyama, Kazuyo Yamada, Daisuke Miyazawa, Yuko Yasui, Naoki Ohara
糖尿病、心血管疾患、慢性腎疾患などを発祥させる脂質栄養 ―隠れていた発症因子― 共著 2017年 4月 脂質栄養学 26(1)pp.75-88 慢性炎症性疾患の原因としての食用油をどのように捉え、理解するかについて纏めた。
Top of page

厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究報告

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「1, 1, 1, トリス(ヒドロキシメチル)エタンのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:41-42 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業(厚生省生活衛生局企画課生活化学安全対策室監修)
「4-アミノ-1-ナフタレンスルホン酸ナトリウムのラットを用いる28日間反復経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:341-349.  厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「ジシクロヘキシルアミンのラットを用いる28日間反復経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:105-116.  厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「ジトリデシルフタラートのラットを用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:259-261.  厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「ジトリデシルフタラートのラットを用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:317-328. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「ドコサン酸のラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1998年 化学物質毒性試験報告6:233-523. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「2, 3, 6-トリメチルフェノールのラットを用いる28日間反復経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:550-560. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「2, 3, 6-トリメチルフェノールのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:547-549. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「4-エチルビフェニルのラット用いる28日間反復経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:608-624. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「4-エチルビフェニルのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:605-607. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「6-tert-ブチル-m-クレゾールのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:179-181. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「N-(1, 3-ジメチルブチル)-N’-フェニル-p-フェニレンジアミンのラットを用いる28日間反復経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:520-529. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「N-(1, 3-ジメチルブチル)-N’-フェニル-p-フェニレンジアミンのラット用いる単回経 口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:517-519. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「o-sec-ブチルフェノールのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:211-213. 厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
「o-トルエンスルホンアミドのラット用いる単回経口投与毒性試験」 共著 1999年 化学物質毒性試験報告7:131-133.  厚生省OECD既存化学物質安全性点検に係る毒性調査研究事業
Top of page

脂質栄養学会

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
脂質性の栄養成分および原材料名の表示について 単著 2015年 Journal of Lipid Nutrition 脂質栄養 24 (2015) p.71-81 食品成分中の脂質の表示について、現状の問題点を挙げ、注意を喚起する短文を書いた。内閣府に要望書を提出する前の意思表示と、意見聴取を兼ねたもの。
Top of page

学校保健室向け一般誌

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
油と健康 単著 2015年11月 健康教室 2015年 11月号 p 78-82 東山書房 学校保健室が対照の本雑誌に、食用油脂に関する基礎知識と、植物油の危険性を伝える短文を書いた。
Top of page

招待講演

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
カノーラ菜種油毒性Canola oil toxicity 単著 2019年11月 中国 内蒙古農業大学における食品安全国際講演会 カノーラ油の毒性を紹介し、現在中国で進んでいる牧畜産業の縮小に伴う牧草地の耕地化と菜種栽培促進に危惧される事柄について述べた。
Top of page

発酵菌活生活推進協会主催講演会 招待講演

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
健康長寿のために 目を向けよう 油の安全性 単著 2020年 2月 発酵菌活生活推進協会主催講演会 沖縄コンベンションセンターにおいて、健康長寿のための食用植物油脂選びとその根拠について、一般向けの講演を行い、沖縄住民の平均余命の劇的な短縮は、誤った脂質栄養指導に基づく可能性があること等について解説した。
Top of page