金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナツルタ ミホコ
ローマ字TSURUTA Mihoko
氏名鶴田 美保子
学位人間発達学修士 
所属人間科学部 / 多元心理学科
職名准教授
所属学会産業・組織心理学会 
専門分野経営学   
研究課題大学生の就職活動の成果に影響する要因研究 大学生のキャリア意識に関する研究  

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
2018年 7月 産業・組織心理学会会員 現在に至る
2020年 4月 名古屋市男女平等参画推進会議委員 現在に至る
Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
マナー&コミュニケーション(K-note) 共著 2011年 9月 金城学院大学 金城学院大学キャリア開発B授業で使用。円滑な人間関係を構築し、自分自身のキャリアを拓いていくために、品格のある大人としてのマナーとコミュニケーションのあり方を解説した。(共同執筆につき本人担当部分抽出不可能)鶴田美保子、粟田裕子
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「女子大学生の就職活動におけるプロアクティブパーソナリティの役割」 単著 2013年 3月 金城学院大学大学院 人間生活学研究科論集 第13号 職場での活躍と強く関連すると考えられてきたプロアクティブパーソナリティ特性が、情動知能とキャリアパースペクティブと関連して、就職活動や、その成果としての採用にどのように影響するかを探索的に調べることを目的とした。また、就職活動というストレス体験をきっかけとした自己成長が喚起されるかどうかも併せて検討した。その結果、プロアクティブパーソナリティ特性が対人対応能力(情動知能の3つの下位因子のうちの一つ)とキャリアパースペクティブを介して就活最終ステージへ効果を及ぼし、その後、自己成長へつながることが分かった。この分析結果に基づき、学生は就職活動を通じてどのように成長するのかについて考察した。(P15~P27)
「大学生は女性管理職の能力をどのように評価するか」 共著 2017年 3月 金城学院大学論集 人文科学編  第13巻 第2号 男女大学生が女性管理職の能力をどのように評価するのかを、最近海外で開発された尺度を用いて測定し、性役割観、キャリア観との関連をパス解析およびクラスタ分析を用いて検討した。女性管理職の能力の中で、管理職倫理と関係役割行動において女子学生は男子学生より女性管理職の能力を高く評価したが、課題役割行動では男女とも同程度に評価が低かった。男女大学生とも、女性管理職能力の中の課題役割行動に対する評価は、性役割観によって規定される傾向がみられ、特に男子学生でこの傾向が顕著であった。(P1~P12)宗方比佐子、鶴田美保子
「大学生の就職活動を成功させる要因:展望論文」 単著 2018年 9月 金城学院大学論集 人文科学編  第15巻 第1号 大学生の就職活動の成果に影響を与える要因に関する国内論文を概観し、研究動向を明らかにすることを目的とした。大学生の就職活動を成功させる要因は、「特性(心的要因・能力要因)」「行動(大学生活要因・就職活動要因)」「環境(大学要因・人脈要因・家庭要因)」に分類できた。また、心的要因とともに能力要因が、準備的行動である大学生活要因と実務的行動である就職活動要因に影響し、加えて環境要因がサポートすることで内定獲得という就職活動の成果につながると考えられた。(P109~P119)
Top of page

学会発表

該当データはありません

Top of page

講演・研修

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
若年者地域雇用推進事業 単著 2012年 4月 岐阜県 岐阜県の未就職の若年者が、就職する上で必要である「共感性」「自発性・積極性」と「ビジネススキル・マナー」を育成出来るようにOFF-JTを実施した。
わたしの未来をセルフ・プロデュース  自分の心に向き合って ~メンタルヘルスケアの実践~ 単著 2016年11月 名古屋市守山生涯学習センター 女性対象の名古屋市主催講座を担当。一定の目的意識をもって社会との関わりをもちつつ、心の健康を保ち快適に生活できるように、ストレス関連理論を概説した。また、日常生活に取り入れることのできるポジティブ心理学のワークを紹介した。
人生100年時代のライフデザイン 単著 2020年11月 なごや女性カレッジ 女性対象の名古屋市主催講座を担当。人生100年を自分らしく生きるための参考になるように、2000年以降に発表されたキャリア理論を中心に解説を行った。
Top of page