金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナサダマツ ミユキ
ローマ字SADAMATU Miyuki
氏名定松 美幸
メールsadamatsu@kinjo-u.ac.jp
学位滋賀医科大学医学博士(論) 
所属人間科学部 / 多元心理学科
職名教授
所属学会日本生物学的精神医学会 日本てんかん学会 日本神経科学会 日本精神神経学会 Society for Neuroscience, foreign member 日本児童思春期精神医学会 日本不安障害学会 
専門分野内科系臨床医学 心理学 脳神経科学   
研究課題精神科領域における生物学的研究 児童思春期の精神障害 精神科リハビリテーション 

学会及び社会における活動等

該当データはありません

Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
DSIP and the circadian sleep-wake rhythm. 共著 1990年 SPB Academic publishing bw, Kato N, Nagaki S, Someya T, Tsunashima K, Kawata E, MasuiA, Sadamatsu M and Iida H.pp. 175-184
うつ病の病態生理と神経ペプチド「躁うつ病の薬理生化学1」 共著 1992年 金剛出版 定松美幸、加藤進昌 pp.33-50 神経ペプチドを中心に、うつ病の病態生理を反映する、あるいは発症機序に関与することが期待されているNPYやCRFなどについて最近の知見について解説し、今後の展望について述べた。
Development of seizure susceptibility and learning impairment in rat with hippocampal degeneration induced by trimethyltin. 共著 1996年 Elesevier, Ishida N, Akaike M, Tsutsumi S, Kanai H Masui A, Higashiyama A, Sadamatsu M and Kato N pp133-142 Our results present how the selective neuronal death within the hippocampus resulrts in various behavioral manifestations in TMT syndrome. The temporal relationship of seizure susceptibility and learning impairment with loss of hippocampal neurons were investigated.
Effect of theophylline on glutamate and aspartate release from the rat hippocampus and CSF as assessed by in vivo analysis. 共著 1996年 Elesevier, Nagaki S, Sakamoto Y, Osawa M, Mataga N, Fukuyama Y, Sadamatsu M and Kato N.pp. 243-246 In order to elucidate the mechanism of theophyline-induced seizures, we studied the release of excitatory amino acid in the rat hippocampus and CSF using microdialysis after the acute administraion fo theophylline. Our study showed that glutamate and asparate concentration increase at immediate and 3-5 h after theophylline administration in hippocampus. it is suggested that theophylline has a releasing action of the excitatory amino acids, which may cause the occurrence or theophyllline-induced seizures.
Reaction of NO-synthase containing neurons in therat hippocampus following trimethyltin (TMT) exposure. 共著 1996年 Elesevier, Kanai H, Ikeda M, Akaike M, Nishimura T, Takahashi Y, Sadamatsu M and Kato N. pp. 151-156 The present study focuses on the effect of TMT on the NO synthase-containing hippocam@pal neurons.
ストレス脆弱性と脳内神経ペプチド 「感情障害と神経・免疫・内分泌ー脳の世紀に向けてー」 共著 1997年 新興医学出版 高橋良斎、定松美幸、金井裕彦、赤池雅司、加藤進昌pp. 43-53 ストレス脆弱性と神経ペプチドとの関連について、著者らが手掛けてきた海馬障害モデル動物を用いて得られた知見に考察を加えた。
トリメチル錫による海馬神経変性とけいれん閾値低下に対するnitric oxide synthaseの関与「てんかん研究の最前線2ー基礎と臨床の境界ー」 共著 1997年 ライフサイエンス 金井裕彦、西村敏、赤池雅司、池田正行、高橋良齋、定松美幸、加藤進昌pp. 86-93
神経ペプチド「躁うつ病—基礎と臨床」 共著 1997年 朝倉書店 加藤進昌、定松美幸 pp. 270-279
精神病にみる情動異常 「情動とホルモン」 共著 1997年 中山書店 綱島浩一、定松美幸、加藤進昌 pp. 333-351 代表的な精神疾患を症例とともに概説し、それぞれと情動とのかかわりについて考察を加えた。
Clinical and basic research on PTSD 共著 2002年 Elsevier Sicnce B.V. Kakiuchi C, Imai H, Kuroki N, Sadamatsu M, TSunashima K, Iwanai A, Kato N. pp153-161 The studies of PTSD in Japan focus on the simple type of PTSD caused by recent natural disastar and social crimes, howevwer few structural and functional imaging studies have been reported. We currently investigate a structrural MRI study and a functional imaging study using Near-Infrared Spectroscopy with some psychological studies for clinical aspect. increased skin conductance response to trauma-related visual stimuli was reported. in victims of sarin poisoning the P300 and VEP(P100) latencies were significantly prolonged compared with the controls.
心的外傷後ストレス障害と社会不安障害 [社会不安障害治療のストラテジー]  共著 2005年 先端医学社 定松美幸 pp.80-84 PTSDの疾患概念と最近の生物学的研究から得られた知見を述べ、不安障害との合併とその治療について概説した。
心の発達と環境問題 [脳とこころのプライマリケア]  共著 2010年 シナジー 定松美幸 pp.48-59 環境ホルモン(内分泌かく乱物質)が胎生期、幼少期を主として人の脳に与える影響について、文献的考察を加え、著者のこれまでの動物モデルから得られた知見について概説した。
Consideration of congenital hypothyroidism as the possible cause of autism. 共著 2012年 2月 Intech Xu X, Kanai H, Ookubo M, Suzuki S, Kato N and Sadamatsu M. 発達障害の発症機序に甲状腺ホルモンと、環境ホルモンによる胎内環境の変化が影響しているという仮説のもとに、甲状腺ホルモン受容体ノックアウトマウスと、環境ホルモンに胎内暴露させた動物モデルラットの知見を示し、考察を加えた。
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
就学前の高機能広汎性発達障害児へのグループセラピー"あそびの教室"とその効果(解説) 共著 児童青年精神医学とその近接領域 われわれは独自のアプローチプログラムで、就学直前の高機能広汎性発達障害(HFPDD)児を対象としたグループセラピーを行った。この取り組みのポイントは、(1)HFPDD児を対象に、(2)就学前という早い段階で適切なグループセラピーを行い、(3)集団における肯定的な感情を育てるという点にある。グループセラピーの内容は、社会的ルールを設定した遊びが中心であるため"あそびの教室"と名づけられ、1グループ6名で、1回1時間の12回を1クールとした。対象は、A医療機関に通院中であり、現在「集団の中でうまく遊べない」または「多動や衝動性があり、友達とのトラブルが絶えない」という問題点を抱え、翌年の4月に就学となるHFPDD児である。今後このような取り組みをより効果的に進めていくための一助となるように、そのプログラムの詳細を報告した。参考データであるが、3グループ18名(平均年齢5.6±0.50歳)のグループセラピー実施前後の評価尺度の変化としては、Child Behavior Checklistの外向尺度のTスコアとADHD評価スケールの総スコアの有意な低下が統計学的に認められた。今後同様の取り組みがなされ、就学前に診断されたHFPDD児に対する治療的アプローチが医療機関のみならず関係機関で行われ、その充実やアプローチプログラムが確立されることを望む。
睡眠を引き起こす「睡眠物質」とは 共著 1989年 こころの臨床ア・ラ・カルト、8 定松美幸、加藤進昌 pp.13-17 睡眠の発生機構について諸説いろいろあるが、特に液性制御について、睡眠物質と期待されるDSIPを中心に解説した。
精神分裂病に対するBromperidolの臨床的検討 1日1回投与法の検討 共著 1989年 基礎と臨床 23巻7号 2879-2889 佐藤啓二、藤井正也、定松美幸 他 精神分裂病の外来症例を中心としてbromperidolの抗精神病作用の1日1回投与による検討をした.1)精神病19例(精神分裂病17例, 非定型精神病2例), 強迫神経症1例, 計20例のうち15例(75%)にやや改善以上の効果が認められた.症状別では特に幻覚, 妄想, 作為体験などに対し良好な結果が得られ, また, 不安, 抑うつ症状に対しても改善が認められた.2) 1日1回(6~9 mg)で十分な抗精神病作用が得られた.3) 1日1回投与は, その簡便さのためか, 患者から好まれ, 特に外来通院患者において顕著であった.4)アカシジアなどの副作用は9例45%に認められたが, いずれも軽度で, 治療上特に問題となるものはなかった.また, 多くの症例で抗パーキンソン剤(塩酸promethazine) 1日1回の併用投与で錐体外路症状の発現防止に有効であった.5)臨床検査においても, 特に治療上問題となるものはなかった
てんかん発作発現機序に対するソマトスタチンの関与とその拮抗薬の抗けいれん作用について 共著 1990年 てんかん財団研究年報 2: 75-83 加藤進昌、増井晃、定松美幸、松井京子、芹川忠夫、笹柾史、永木茂、山崎治、湊川文子、樋口輝彦
高感度酵素免疫測定法によるヒト成長ホルモン分泌リズムの睡眠依存性の再検討 共著 1990年 脳と精神の医学 1: 21-27 定松美幸、飯田英晴、加藤進昌、橋田誠一、石川栄治 健常男子成人6人から, 30分間隔で24時間連続採血して通常睡眠時(0~7時)と睡眠遅延時(6~13時)の血中成長ホルモンを高感度酵素免疫測定法(EIA)によって測定し, GH分泌リズムおよびその睡眠依存性を比較検討した.EIAによってhGHの最低値を検出することが可能になった.その結果, 通常睡眠時には, 1) 18時, 12~13時のピーク, 22時, 8時の谷をもつ, 2)入眠前にGH分泌が亢進している, 3)入眠2~3時間後に最大のピークをもち以後減少することが明らかになった.睡眠遅延時においても18~20時のピークは保存されていたが, 睡眠後半にGHが高い傾向があり, 個人でのばらつきが大きかった.GHと睡眠段階との関連では, 深睡眠の後にGHが減少した
ヒト・プロラクチン分泌リズムの睡眠依存性—レム・ノンレム周期との相関についてー 共著 1991年 脳と精神の医学 1: 265-271 飯田英晴、定松美幸、加藤進昌 健康成人9名から30分間隔で24時間連続採血し, プロラクチン(PRL)と睡眠-覚醒リズムとの関連および睡眠段階との時間的関連を通常睡眠(9例)と遅延睡眠(5例)とで検討した.24時間のPRL分泌パターンは睡眠-覚醒リズムに一致した睡眠依存性を示し, 明確な概日リズムはなかった.睡眠段階との関連ではREM期に引き続くNREMでPRLは有意に増大したが, REM期での減少はなかった.睡眠中のRRLの時間的変動とREM睡眠の出現率の時間的変動の時差相関は延べ14例中8例で, 一定の時間的ずれをもって有意であった.この時間的ずれは入眠潜時に規定されず, 第1 REM潜時に対応する.両者の関連性が認められなかった6例ではREM睡眠周期の規則性が崩れていた.この結果は睡眠中のPRL分泌動態は睡眠依存性を示し, かつREM期がそのトリガー的な役割をもつことを示唆していた
睡眠とGrowth hormone (GH) -GH分泌の睡眠依存性とデルタ睡眠誘発ぺプチド(DSIP) 共著 1991年 ホルモンと臨床、 39: 585-590 加藤進昌、定松美幸
睡眠異常の内分泌学的アプローチ 共著 1991年 クリニカル・ニューロサイエンス、 9: 1062-1065 加藤進昌、定松美幸 pp.1062-1065 下垂体ホルモン分泌と睡眠との関係において、健常人を対象に行った実験結果を示し、睡眠障害とホルモンとの関連について考察を加えた。
Changes of immunoreactive somatostatin, neuropeptide Y and corticotropin-releasing factors (CRF) in the brain of spontaneously epileptic rats (SER). 共著 1992年 Jpn, J. Psychiat. Neurol.46: 531-533 Sadamatsu M, Masui A, Serikawa T, Yamada J, Sasa M and Kato N
Trimethyltin (TMT) treated rats with specific hippocampal lesion as a possible model of endocrine abnormality in depression. 共著 1992年 Jpn. J. Psychiat. Neurol. 46: 572-573 Sadamatsu M, Masui A, Kanai H, Kato N, Akaike M and Tsutsumi S.
Altered brain contents of neuropeptides in spontaneously epileptic rats (SER) and tremor rats with absence seizures. 共著 1995年 Life Sci. 57: 523-531 Sadamatsu M, Kanai H, Masui A, Serikawa T, Yamada J, Sasa M and Kato N. Immunoreactive- (IR-) somatostatin (SRIF), neuropeptide Y (NPY) and corticotropin-releasing factor (CRF) contents were investigated in the brain of tremor rats with absence-like seizure and spontaneously epileptic rats (SER). Increased levels of IR-NPY and IR-CRF were observed in several regions including the amygdala and hippocampus in homozygous SER. Homozygous tremor rats showed lower levels of IR-NPY and IR-CRF contents mainly in the hippocampus and mesolimbic system than heterozygous tremor rats. IR-SRIF contents of homozygous SER were higher in frontal cortex than heterozygous SER and in amygdala than homozygous tremor rats. The results suggest that the change of neuropeptide levels may be involved in the phenotypical manifestation of seizures in SER and tremor rats, and that the development of tonic convulsion and absence seizures may be differently associated with the change of brain neuropeptide levels.
The 24-hour rhythms in plasma growth hormone, prolactin and thyroid stimulating hormone: effect of sleep deprivation. 共著 1995年 J. Neuroendocrinol. 7: 597-606 Sadamatsu M, Kato N, Iida H, Takahashi S, Sakaue K, Takahashi K, Hashida S and Ishikawa E 高感度酵素免疫測定法を用いて、血中成長ホルモン(GH)濃度の24時間リズムについて検討した。健常成人について、睡眠を6時間ずらした部分断眠と通常夜間睡眠を比較検討した結果、GHはこれまで知られているような入眠後最初に出現する徐派睡眠による分泌増加を主とするサーカディアンリズムのみならず、およそ6時間のウルトラディアンリズムを示すことが明らかになった。
Nitric oxide synthase-containing neurons in the hippocampus are preserved in trimethyltin intoxication. 共著 1996年 Brain Res. 712: 168-170 Ikeda M, Kanai H, Akaike M, Tsutsumi S, Sadamatsu M, Masui A and Kato N.We studied the effects of trimethyltin (TMT) (9 mg/kg, p.o.) on the nitric oxide synthase (NOS)-containing neurons in the rat hippocampus by NADPH-diaphorase histochemistry and a biochemical assay of NOS activity. TMT exposure caused the typical behavioral changes and a loss of the CA3/4 pyramidal cells, which were NADPH diaphorase-negative. The scattered interneurons and the CA1 pyramidal cells, which were NADPH diaphorase-positive, were spared. Hippocampal NOS activity showed no reduction in the TMT-treated rats compared with the controls. These results provide evidence of the preservation of the NOS-containing neurons in TMT intoxication.
The role of vasopressin, somatostatin and GABA in febrile convulsion in rat pups. 共著 1996年 Life Sci. 58: 2233-2242 Nagaki Sh, Nagaki Sa, Minatogawa Y, Sadamatsu M, Kato N, Ozawa M and Fukuyama Y.In order to further elucidate a possible role of neuropeptides and GABA in the pathogenesis of febrile convulsions, we studied changes of immunoreactive-arginine vasopressin (IR-AVP), IR-somatostatin (IR-SRIF) and gamma-aminobutyric acid (GABA) in the rat brain after febrile convulsions induced by ultra-red light (UR). IR-AVP levels in hypothalamus were increased 3 min after UR and decreased at 2 h and 6 h after the convulsions. IR-SRIF levels were increased in cortex and hippocampus at 3 min after UR and 0 min after the convulsions. The GABA content increased in all regions tested at 2 h and 6 h after the convulsions. These results suggest that AVP, SRIF and GABA may be involved in the pathogenesis of febrile convulsions in different ways.
Changes of immunoreactive neuropeptide Y, somatostatin and corticotropin-releasing factor (CRF) in the brain of novel epileptic mutant rat, Ihara's genetically epileptic rat (IGER). 共著 1997年 Brain Res. 776: 255-260 Takahashi Y, Sadamatsu M, Kanai H, Masui A, Amano S, Ihara N and Kato N.Ihara's genetically epileptic rat (IGER) is a rat mutant with genetically scheduled spontaneous convulsions mimicking human limbic seizures. In the present study, the possible changes of three neuropeptides, neuropeptide Y (NPY), somatostatin (SRIF) and corticotropin-releasing factor (CRF), in the brains of IGER were investigated. Increased contents of immunoreactive (IR) NPY were found only in the hippocampus of 2-month IGERs before developing convulsive seizures, while similar increases of IR-NPY were discovered in the striatum and pyriform and entorhinal cortex as well as hippocampus in 8-month IGERs with repetitive seizures. These findings indicate an enhanced rate of NPY synthesis in this experimental model of epilepsy which may play a critical role in the development of epileptogenesis.
Trimethyltin intoxication induces marked changes in neuropeptide expression in the rat hippocampus. 共著 1997年 Synapse 29: 333-342 Tsunashima K, Sadamatsu M, Takahashi Y, Kato N and Sperk G. In situ hybridization and immunocytochemistry were applied to investigate changes in the expression of somatostatin, neuropeptide Y, neurokinin B, cholecystokinin, dynorphin, and Met-enkephalin in the rat hippocampus after administration of a single peroral dose of trimethyltin hydroxide (9 mg/kg). Robust but transient increases of neuropeptide Y, neurokinin B, and Met-enkephalin mRNA levels were revealed in the granule cell layer of the dentate gyrus and increased neuropeptide Y and neurokinin B immunoreactivities were found in mossy fibers. Strong over-expression of NPY mRNA was also observed in hilar interneurons and in CA1 and CA3 pyramidal cells as well as in the cortex at 5 days postdosing. It is suggested that hilar interneurons respond differently to trimethyltin exposure, for which neuropeptides are valuable markers.
Trimethyltin syndrome as a hippocampal degeneration model: temporal changes and neurochemical features of seizure susceptibility and learning impairment. 共著 1997年 Neuroscience 81: 1183-1191 Ishida N, Kato N, Akaike M, Tsutsumi S, Kanai H, Sadamatsu M, Kuroda Y, Watanabe Y and McEwen BS. The effects of trimethyltin on the hippocampus were investigated in terms of changes in histology, depth electroencephalography, learning acquisition and memory retention, choline acetyltransferase and neuropeptides, and seizure-induced c-fos messenger RNA expression. Trimethyltin may offer potential as a tool for investigations on the relationship between neuronal death in the hippocampus and the development of seizure susceptibility and learning impairment. Alterations in glucocorticoids, glutamate and neuropeptides may all contribute to the manifestation of the trimethyltin syndrome.
テオフィリン投与下におけるラット脳内興奮性アミノ酸の変化とテオフィリン濃度 共著 1997年 日本小児臨床薬理誌 10: 65-68 永木茂、坂本由美子、俣賀宣子、深間内文彦, 定松美幸、加藤進昌、大澤真木子
不眠症の診断と治療 共著 1997年 ファルマシア、33: 266-269 綱島浩一、定松美幸、加藤進昌
睡眠の生理と病理 ー最近話題の睡眠障害からー 共著 1997年 滋賀医学、 19: 1-6 加藤進昌、定松美幸、山田尚登
Evaluation of self-similar features in time series of serum growth hormone and prolactin levels by fractal analysis: effect of delayed sleep and complexity of diurnal variation. 共著 1998年 J. Biomed. Sci. 5: 221-225 Noguchi T, Yamada N, Sadamatsu M and Kato N. We assayed the diurnal concentrations of growth hormone (GH) and prolactin (PRL) in 6 healthy male volunteers to evaluate the self-similar features in the time series of each hormone on the basis of fractal theory and to determine the fractal dimension as an index of the complexity of the diurnal variation. In addition, we assessed the effects of a 6-hour delay in the sleep period. There was a statistically significant fractal feature in the serum levels of GH both under the nocturnal-sleep and delayed-sleep conditions in all subjects. The time series of the serum PRL concentrations also showed a statistically significant fractal feature under the nocturnal-sleep and delayed-sleep conditions in all subjects. Two-way ANOVA revealed no significant difference in the fractal dimension between the two sleep conditions but did reveal a significant difference between the fractal dimensions of the GH and PRL levels.
Paroxysmal kinesigenic choreoathetosisの分子遺伝学的研究 共著 1998年 てんかん財団研究年報 10: 南光進一郎、加藤進昌、定松美幸、増井晃、服部峰子 pp.73-77 Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis (PKC)の1家系を用いて、てんかん類縁疾患や錐体外路性疾患の候補領域とされている第6,10、20番染色体と第1,2番染色体の連鎖解析を行った。若年性ミオクローヌスてんかんの候補領域である第6番染色体のD6S291座でのみ、組み換え率0,20で最大ロット値0.428となり、連鎖を否定するには至らなかった。
Trimethyltin-induced expression of neuropeptide Y-Y2 receptors in rat dentate gyrus. 共著 1998年 Neurotoxicol. Teratol. 20: 607-610  Sadamatsu M, Tsunashima K, Schwarzer C, Takahashi Y, Kato N and Sperk G. Trimethyltin (TMT) causes prominent neuronal damage and enhanced expression of neuropeptide Y in the hippocampus. We investigated expression of neuropeptide Y Y2 receptors after TMT intoxication. Markedly elevated (by 470%) concentrations of Y2 receptor mRNA were found in the suprapyramidal blade of the dentate granule cell layer after 5 days.After 16 days, mRNA levels in both blades of the granule cell layer showed no significant difference from those in controls. Quantification of Y2 receptor-specific binding revealed no significant change at both 5 and 16 days after TMT intoxication. It is suggested, together with a previous report describing a similar increase of neuropeptide Y expression, that a transient expression of Y2 receptors in the dentate gyrus in the initial phase of TMT intoxication may be involved in mediating TMT-induced hippocampal damage.
Calcitonin gene-related peptide immunoreactivity in the hippocampus and its relationship to cellular changes following exposure to trimethyltin. 共著 1999年 J. Neurosci. Res. 55: 441-457 Bulloch K, Sadamatsu M, Patel A and McEwen BS. Calcitonin gene-related peptide (CGRP) is a neuropeptide that is regionally regulated following peripheral insult and in central nervous system (CNS) damage models targeting limbic structures. In the present study, we characterized the anatomic expression and distribution of CGRP immunoreactivity (CGRP-IR) after exposure to the toxin, trimethyltin (TMT). We have specifically focused on comparing the changes in CGRP-IR with the pattern of apoptosis (via TUNEL staining), cell-cycle activation (Ki67-IR), and in alteration in microglia (OX-42-IR) and astrocyte (gGFAP-IR) immunocytochemistry in TMT-treated hippocampus. Our results show a marked change in CGRP-IR in regions of the hippocampus and activation of microglia, astrocyte, and the cell-cycle marker. Given the known effects of CGRP on these cell types and on programmed cell death elsewhere, these findings are consistent with a regional immunoregulatory/injury response role for CGRP .
Familial paroxysmal kinesigenic choreoathetosis (PKC): an electrophysiological and genotypic analysis. 共著 1999年 Epilepsia 40: 942-949 Sadamatsu M, Masui A, Sakai T, Kunugi H, Nanko S and Kato N. We report a pedigree of familial paroxysmal kinesigenic choreoathetosis (PKC) in which five of 18 members are affected. The pathophysiologic basis for PKC is still uncertain; reflex epilepsy versus dysfunction of basal ganglia. We examined (a) whether there were ictal discharges during the attacks, and (b) a linkage between PKC and possible DNA markers linked to several familial epileptic or movement disorders.The video-monitoring EEG findings in our cases strongly suggested that the etiology of PKC should be considered distinct from that of reflex epilepsy. However, the patients in this pedigree had experienced generalized convulsions in their infancies; thus we could not deny the possibility of an epileptogenic basis for PKC. There was no strong evidence for a linkage of the gene for PKC with the candidate regions on 1p, 2q, 6p, 10q, or 20q.
Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis locus maps to chromosome 16p11.2-q12.1 共著 1999年 Am. J. Hum. Genet. 65: 1688-1697 Tomita Ha, Nagamitsu S, et al/(20名) Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis (PKC), the most frequently described type of paroxysmal dyskinesia, is characterized by recurrent, brief attacks of involuntary movements induced by sudden voluntary movements. To localize the PKC locus, we performed genomewide linkage analysis on eight Japanese families with autosomal dominant PKC. Thus, in the eight families studied, the chromosomal localization of the PKC critical region (PKCR) is 16p11.2-q12.1. The PKCR overlaps with a region responsible for "infantile convulsions and paroxysmal choreoathetosis" (MIM 602066), a recently recognized clinical entity with benign infantile convulsions and nonkinesigenic paroxysmal dyskinesias.
リドカインキンドリングラットにおける脳内ソマトスタチンとニューロペプチドYの変化 共著 1999年 日本小児臨床薬理学会雑誌 12: 99-103 永木茂, 坂本由美子, 俣賀宣子, 深間内文彦, 定松美幸, 加藤進昌, 大澤真木子 抗不整脈, 局所麻酔剤として用いられるリドカインの作用機序解明の為にリドカインの急性・慢性投与によるラット脳内のソマトスタチン(SRIF), ニューロペプチドY(NPY)含量, SRIF, NPYのmRNA発現, 線条体GABAの変化を検討した.急性投与によっては脳各部位におけるSRIF, NPY量に有意差はなかったが, 慢性投与ではSRIFは扁桃核で, NPYは扁桃核と海馬で有意な増加がみられた.GABA濃度の有意な上昇はリドカイン 60mg/kg急性投与の投与180分以降にみられた.慢性投与ではGABA濃度は痙攣発現時に増加したが, その後有意に減少し, 3時間後には有意差が認められなかった
睡眠調節機構 単著 1999年 MEDICO、 30: 定松美幸 pp.1-5  睡眠を調整する神経性制御と液性制御、時計遺伝子について最新の知見を用いて概説した。
Altered hippocampal expression of neuropeptide Y, somatostatin, and glutamate decarboxylase in Ihara's epileptic rats and spontaneously epileptic rats. 共著 2000年 Neurosci Lett. Vol 287, 105-8 Takahashi Y., Tsunashima K., Sadamatsu M., Schwarzer C., Amano S., Ihara N., Sasa M., Kato N. and Sperk G. By in situ hybridization and immunocytochemistry, expression of neuropeptide Y (NPY), somatostatin and glutamate decarboxylase 65 (GAD65) was studied in the hippocampus of two different epileptic mutant rats, Ihara's epileptic rat (IER) and the spontaneously epileptic rat (SER). GAD65 mRNA expression was enhanced in interneurons of the hippocampus in young IER, that had not yet developed generalized seizures. In older IER and older SER that both showed spontaneous seizures, marked increases of NPY mRNA in hippocampal granule cells and interneurons were found, as well as elevated GAD65 mRNA levels in interneurons. NPY immunoreactivity was enhanced in hilar interneurons and the dentate gyrus of older IER. In addition, some older IER stained heavily for NPY in mossy fibers. These findings suggest that up-regulation of NPY and GAD65 synthesis may be important in epileptogenesis
Upregulation of brain somatostatin and neuropeptide Y following lidocaine-induced kindling in the rat. 共著 2000年 Brain Res. 852: 470-474 Nagaki S, Fukamauchi F, Sakamoto Y, Higuchi H, Miki N, Miki N, Ono M, Sadamatsu M, Kato N and Osawa M. Male Sprague-Dawley rats received a daily injection of 60 mg/kg of lidocaine (> 30 days). Twenty percent of rats developed convulsions (kindled rats) and remaining rats did not show convulsions (non-kindled rats). The level of immunoreactive somatostatin (IR-SRIF) in kindled rats was significantly increased in amygdala than that in non-kindled rats and control rats. Immunoreactive neuropeptide Y (IR-NPY) contents in kindled rats were significantly increased in amygdala, hippocampus, cortex and striatum compared to non-kindled and control rats. The expression of SRIF mRNA in kindled rats produced a significant increase in amygdala, while NPY mRNA in kindled rats showed an elevated expression in both amygdala and hippocampus. These results coincide with the previous findings with the elevated expression of SRIF and NPY mRNA in electrically and pharmacologically kindled models。
精神疾患の治療薬睡眠薬 共著 2000年 医学と薬学 44巻5号 Page849-856 定松美幸、加藤進昌 一般医家向けに、睡眠薬の作用、副作用、作用時間別分類などについて概説した。
精神科におけるトピックス Triazolamと成長ホルモン 共著 2000年 Central Nervous System Today 3; 52-56 定松美幸, 古川俊一, 黒河佳香, 橋田誠一, 青木治亮, 山田尚登, 加藤進昌
Type II glucocorticoid receptors are involved in neuronal death and astrocyte activation induced by trimethyltin in the rat hippocampus. 共著 2001年 Exp Neurol. 171(1):22-8 Imai H, Nishimura T, Sadamatsu M, Liu Y, Kabuto M, Kato N. According to our previous study, trimethyltin (TMT), a neurotoxicant, induces the loss of pyramidal neurons in the rat hippocampus, which is preceded by a transient increase in plasma corticosterone concentration. To address whether this transient activation of the hypothalamopituitary-adrenocortical axis is related to neuronal loss in the hippocampus, we evaluated the effects of bilateral adrenalectomy (ADX) and the chronic supplemental treatment of glucocorticoid receptor agonists after ADX on TMT-induced hippocampal damage. Prolonged administration of corticosterone not only attenuated the exacerbating effects of adrenalectomy but also partially reversed the TMT-induced neuronal loss and reactive astrocytosis. Dexamethasone, but not aldosterone, could be substituted for corticosterone, suggesting a novel neuroprotective action of type II glucocorticoid receptors in the hippocampus.
ストレスと脳機能障害 共著 2001年 現代医療 33巻11号  pp.145-151 綱島浩一、今井秀樹、劉影、定松美幸、加藤進昌 ストレスによって引き起こされる精神疾患としてPTSDを取り上げ、動物モデルの例から脳機能障害について最近の知見を解説し、進行中のヒト対象のプロジェクトを紹介した。
Mapping of the wet/dry earwax locus to the pericentromeric region of chromosome 16. 共著 2002年 Lancet. 8; 359(9322):2000-2 Tomita H, Yamada K, Ghadami M, Ogura T, Yanai Y, Nakatomi K, Sadamatsu M, Masui A, Kato N, Niikawa N. Human earwax is a one-gene trait comprising two phenotypically distinct forms--wet and dry. This trait is attributed to secretory products of the ceruminous apocrine glands, and frequencies of phenotypes vary between ethnic groups. We did linkage analysis of eight Japanese families segregating earwax dimorphism. We assigned the earwax locus within a approximately 7.42-cM region between the loci D16S3093 and D16S3080 on chromosome 16p11.2-16q12.1, with a maximum two-point LOD score of 11.15 (theta;=0.00) at the locus D16S3044. Identification of the earwax locus could contribute to further anthropogenetic studies and physiological and pathological understanding of the apocrine-gland development.
PTSD 共著 2002年 Medical Practice 19(10):1766-1768 定松美幸、加藤進昌 一般医家向けに、PTSDの診断基準、生物学的背景、治療について解説した。
ストレスと海馬 PTSDのバイオロジー 共著 2002年 脳の科学(1343-4144)24巻3号 Page247-252 坂本英史、定松美幸, 加藤進昌 外傷後ストレス障害(PTSD)は, 比較的新しく確立された疾患概念であるが, その病態解明は急速に進展しつつある.特に情動と記憶に関連する障害については海馬が注目され, PTSD動物モデルを用いて, 視床下部-下垂体-副腎皮質系(HPA-axis)が関与する神経内分泌学的検討や海馬細胞障害について詳しい検討がなされつつある.臨床的には, 画像研究の発達に伴い, MRI, fMRI, PETなどから情動に関連する海馬や扁桃体等に一致した機能変化が認められている.今回, 海馬を中心として基礎, 臨床両面からPTSDの生物学的基礎について, 最近の知見をまとめた
ストレスと神経再生 PTSDの分子生物学 共著 2002年 分子精神医学 2巻7号: 232-235 定松美幸、今井秀樹、加藤進昌 最近, 成熟した動物においても海馬歯状回ではニューロンの新生がつづいていることが明らかになった.海馬は学習・記憶に重要な役割を果たすと共に, ストレス反応の上位中枢でもある.ストレスにより海馬神経細胞が障害され, 結果として学習・記憶が障害されることは以前から報告されていたが, この数年のあいだにストレスによって海馬における細胞新生が抑制されることが明らかになってきた.このメカニズムの解明は脳の可塑性や障害の修復など, 今後様々な精神疾患の治療に寄与するものと期待される
Activation of the prefrontal cortex to trauma-related stimuli measured by near-infrared spectroscopy in posttraumatic stress disorder due to terrorism. 共著 2003年 Psychophysiology, 40(4):492-500 Matsuo K, Kato T, Sadamatsu M, et al (13). To develop a noninvasive method for psychophysiological assessment of posttraumatic stress disorder (PTSD), 34 victims of the Tokyo Subway Sarin Attack in 1995 including 8 diagnosed as PTSD and 12 controls were examined by a multichannel near-infrared spectroscopy (NIRS) system. Hemodynamic response in the prefrontal cortex was monitored during the presentation of trauma-related and control stimuli by video images. Skin conductance response (SCR) was also examined. Oxygenated hemoglobin significantly increased during the trauma-related image in the victims with or without PTSD. Deoxygenated hemoglobin significantly decreased only in victims with PTSD. No significant alteration was found in controls. Significantly enhanced SCR was also observed in the victims with PTSD during trauma-related stimuli. The findings suggest that measurement of cerebral hemodynamic response by NIRS is useful for psychophysiological assessment of PTSD.
Hypoactivation of the prefrontal cortex during verbal fluency test in PTSD: a near-infrared spectroscopy study. 共著 2003年 Psychiatry Res. 30; 124(1):1-10 Matsuo K, Taneichi K, Sadamatsu M, et al (13). Several studies have suggested that there is frontal dysfunction in subjects with posttraumatic stress disorder (PTSD). We investigated the relationship between alterations of the hemodynamic response of the prefrontal cortex during a cognitive task (verbal fluency task; VFT) and memory function measured using the Wechsler Memory Scale-Revised (WMS-R). The subjects were victims of the Tokyo Subway Sarin attack with (n = 8) or without (n = 26) PTSD. Hemodynamic response in the prefrontal cortex was measured using a 24-channel near-infrared spectroscopy (NIRS) system. Subjects with PTSD had a significantly smaller response of oxygenated hemoglobin and total hemoglobin during the VFT compared with those without PTSD. Subjects with PTSD had significantly lower scores on attention and concentration in the WMS-R, which was positively correlated with the increase of total hemoglobin during the VFT.
Voxel-based analysis of MRI reveals anterior cingulate gray-matter volume reduction in posttraumatic stress disorder due to terrorism. 共著 2003年 Proc Natl Acad Sci U S A. 22;100(15):9039-43 Yamasue H, Kasai K, Sadamatsu M, et al (16). MRI studies using the manual tracing method have shown a smaller-than-normal hippocampal volume in patients with posttraumatic stress disorder (PTSD). Participants were 9 victims of the Tokyo subway sarin attack with PTSD and 16 matched victims of the same traumatic event without PTSD. The voxel-based morphometry showed a significant gray-matter volume reduction in the left anterior cingulate cortex (ACC) in trauma survivors with PTSD compared with those without PTSD. The severity of the disorder was negatively correlated with the gray-matter volume of the left ACC in PTSD subjects. The present study demonstrates evidence for structural abnormalities of ACC in patients with PTSD. The present findings provide further support for the important role of ACC, which is pivotally involved in attention, emotional regulation, and conditioned fear, in the pathology of PTSD.
Cytokines participate in neuronal death induced by trimethyltin in the rat hippocampus via type II glucocorticoid receptors. 共著 2004年 Neurosci Res. 50(2):209-17 Liu Y, Imai H, Sadamatsu M, Tsunashima K, Kato N. We investigated the role of IL-1alpha and IL-1beta expressed in the reactive gliosis following hippocampal damage induced by trimethyltin (TMT). IL-1alpha immunoreactivity was expressed earlier in small glial cells on day 4 post-TMT, while IL-1beta expression was obvious in large swollen glial cells on day 14 post-TMT. Both IL-1alpha and IL-1beta immunoreactivities were double-labeled with astrocyte marker. The expression of both IL-1alpha/beta was enhanced by adrenalectomy (ADX) prior to TMT administration. Corticosterone (CORT) or dexamethasone (DEX) supplementation not only cancelled effects of ADX, but also partially reversed TMT-induced enhancement of IL-1alpha/beta expressions. These changes coincided with TMT-induced neuronal death in CA3 pyramidal cells of the hippocampus. It is suggested that IL-1alpha/beta expressed in reactive astrocytes participate in TMT neurotoxicity via type II glucocorticoid receptors.
女子大学生における低体重の現状 共著 2004年 CAMPUS HEALTH 41巻2号 Page57-62 宮崎美千子, 橋本貴美子、定松美幸 ほか(16) 2001, 2002年度入学者で25歳以下日本人女子1149人を対象として, 低体重が身体にどのような影響を及ぼしているか, 食行動・性格・月経が互いにどのように関わっているかについて探り, 現在の健康管理に対して検討した.低体重者は26.0%で, 身体的にはいくつかの特徴がみられた.低体重者の特徴的な食行動は口唇コントロール行動で, 性格としては神経症傾向の低さと誠実性の高さを認めた.月経の規則性は, BMI 17.5以下では63.9%と有意に低下した.低体重のうちBMI 17.6-18.4は大きな問題を認めなかったが, BMI 17.5以下は, こだわりのある性格や特異な食行動が合わさって続発性無月経に至ると考えられた.さらに, BMI 17.6以上でも摂食態度異常者は神経症傾向が強くダイエット行動が大きく影響していることからBMI 17.5以下同様, より慎重な経過観察が必要であることが判明した
精神医学と睡眠学の接点 滋賀医科大学における取り組みを中心に 共著 2004年 脳と精神の医学15:188-195 大川匡子, 定松美幸, 増井晃 精神疾患にほぼ必発と言われる睡眠障害にすいて、滋賀医科大学では新たに睡眠学講座を設けて対応を工夫している。光療法の効果や、睡眠障害センターにおける活動について解説した。
胎生期に発現する遺伝子と精神疾患 共著 2004年 臨床精神医学 33(11) 1439-1445 定松美幸、尾関祐二 胎生期に発現する遺伝子と精神疾患との関連について、体内環境との関係と最近発見されたDISC1について解説した。
自閉症の動物モデル研究の現況 単著 2005年 脳と精神の医学 16: 47-52 近年注目されている発達障害について、動物モデルが盛んに提唱されており、社会性の障害の再現について特に工夫がみられる。主にサリドマイド、バルプロ酸投与モデルと低甲状腺ホルモンモデルについて、発症機序について検討されている状況を概説した。
A review of animal models for autism: implication of thyroid hormone. 共著 2006年 Congenital Anomalies 46:1-9 Sadamatsu M, Kanai H, Xu X, Liu Y, Kato N. 自閉症は、限定された興味、常同行為、コミュニケーションの障害などを特徴とする発達障害であり、近年発症率が増大していることが知られている。多くの解剖学的知見、組織学的検討、画像解析などが行われているが、決定的なものは見つかっていない。自閉症モデル動物について概説した。
Paroxysmal kinesigenic choreoathetosis: From first discovery in 1892 to genetic linkage with benign familial infantile convulsions. 共著 2006年 Epilepsy Research, 70 Suppl 1:S174-84 Kato N, Sadamatsu M, Kikuchi T, Niikawa N, Fukuyama Y. 一過性運動誘発性舞踏病(PKC)は常染色体優性遺伝の疾患である。われわれは23名中6名がPKCを有する家系を発見し、ビデオモニタリング脳波測定と連鎖解析を行った。ビデオモニタリングによって、運動誘発性の発作は反射てんかんの一種ではないことが明らかになった。連鎖解析では16番染色体が有意であることが認められた。また、この家系で湿性耳垢とPKCが関連していることが示唆された。
Perinatal bisphenol A affects the behavior and SRC-1 expression of male pups but does not influence on the thyroid hormone receptors and its responsive gene. 共著 2007年 Neurosci Res. 58(2):149-155 Xu X, Liu Y, Sadamatsu M, Tsutsumi S, Akaike M, Ushijima H, Kato N. 環境ホルモンの一種であるビスフェノールA(BPA)は甲状腺ホルモンに影響を与えることが知られている。出生前後に母乳を通してBPAを投与されたラットでは、雄のみに、生後一過性に、低甲状腺ホルモン状態を示したのち高甲状腺ホルモン状態を呈することが明らかになった。同様に雄のみに多動傾向が認められた。しかし甲状腺ホルモン受容体の発現に差は認められず、BPAはきわめて低用量暴露で甲状腺ホルモンに影響を与えるが、直接作用ではないことが示唆された。
FK506-protective effects against trimethyltin neurotoxicity in rats: hippocampal expression analyses reveal the involvement of periarterial osteopontin. 共著 2008年 Neuroscience. 153(4):1135-45 Morita M, Imai H, et al (12) 免疫抑制剤であるFK506の神経保護作用を、トリメチルスズ(TMT)投与による海馬障害モデルラットを用いて検討した。結果、FK506はTMT投与による海馬錐体細胞脱落をCA1領域では予防したが、CA3領域では変化を認めなかった。同時におこなったマイクロアレイでは、炎症に関与する遺伝子がTMT投与後早期に有意に増加しており、特にオステポンチンが最初のきっかけになることが示唆された。
コモンディジーズとしての精神疾患-有病率と疫学・変遷 発達障害 単著 2008年 精神科 13: 62-65 近年増加しているといわれているアスペルガー症候群を含む広汎性発達障害について実際に有病率が増加していることを含めて総説した。
Demyelination in the juvenile period, but not in adulthood, leads to long-lasting cognitive impairment and deficient social interaction in mice. 共著 2009年 Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry. 33(6):978-85 Makinodan M, Yamauchi T, Tatsumi K, Okuda H, Takeda T, Kiuchi K, Sadamatsu M, Wanaka A, Kishimoto T.脱ミエリン化は統合失調症発症に関与するといわれている。われわれはcuprizoneによる脱ミエリン化と行動異常についてマウスを用いて検討した。生後28-56日と57-84日にcuputizoneを投与し、126日目に行動実験を行った。組織学的には、両群で脳梁において有意に脱ミエリン化がみられ、早期に投与した群では作業記憶の障害が認められた。
登校再開した解離性健忘を伴う思春期の事例 共著 2009年 日本サイコセラピー学会雑誌 10巻1号 Page61-68 岸本直子, 根來秀樹, 澤田将幸, 太田豊作, 定松美幸, 飯田順三, 岸本年史解離性健忘を伴う多彩な身体症状を呈して不登校となった14歳女子の面接過程を報告した。その過程で記憶がないことに戸惑いや苦しみを感じているクライエントの気持ちを理解し、否定的な感情について言語化を促すことにより、身体症状が軽減し登校再開に至ることができた。
Effects of osmotic- release methylphenidate in attention-deficit /hyperactivity disorder as measured by event-related potentials. 共著 2010年 Psychiatry Clin Neurosci. 64(5):491-8 Sawada M, Iida J, Ota T, Negoro H, Tanaka S, Sadamatsu M, Kishimoto T. 10人のADHDにり患している男児について、徐放性メチルフェニデートを投与し、投与前後で事象関連電位のⅠ種だるミスマッチネガティビティ(MMN)とP300の変化を測定した。結果、メチルフェニデートを服用すると、MMNもP300 も有意に電位の増加が認められた。
Tai Chi exercise versus rehabilitation for the elderly with cerebral vascular disorder: a single-blinded randomized controlled trial. 共著 2010年 Psychogeriatrics. 10(3):160-6 Wang W, Sawada M, Noriyama Y, Arita K, Ota T, Sadamatsu M, Kiyotou R, Hirai M, Kishimoto T. 34人の脳血管障害を持つ高齢者に、太極拳を行う時間を設け、QOLに与える影響を調べた。結果、事象関連電位であるP300には変化を認めなかったが、睡眠の質、GHQスコア、抑うつ尺度、不安尺度などに有意な改善を認めた。
アトモキセチンの臨床(成人) 単著 2010年 精神科 16:232-23 現在注意欠陥多動性障害の成人に対して治療薬の治験が行われている。すでに小児には適応が認められているアトモキセチンについて、成人に投与した場合のリスクおよびメリットについて概説した。
就学前の自閉性障害児の著しい気分変動、多動、睡眠障害に対してolanzapineが有効であった2症例 共著 2010年 精神科治療学 25:1669-1677 太田豊作, 飯田順三, 澤田将幸, 岸本直子, 根來秀樹, 定松美幸, 岸本年史 就学前の自閉性障害児2例の著しい気分変動、多動、睡眠障害に対して、非定型抗精神病薬であるオランザピンを使用し良好な経過をたどったので報告した。各症例で症状が改善し安定した1日投与量は、それぞれ2.5mg, 1mgであった。どちらも重篤な有害事象は認められなかった。
自閉症スペクトラム障害の脳科学 社会性の障害に着目して 共著 2010年 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 62巻9号 975-986 加藤進昌, 山末英典, 渡辺慶一郎, 神出誠一郎, 定松美幸 1943年の自閉症の発見以後、1981年になりウィングがアスペルガー症候群を提唱してから、広汎性発達障害について多くの知見が集まりつつある。この稿では、アスペルガー症候群の歴史的、臨床的知見および動物モデル研究と遺伝子解析について概説した。
パニック障害の初回発作における検討 共著 2010年 3月 不安障害研究2巻1号 Page153 永嶌 朋久, 西井 重超, 北村 聡一郎, 井上 眞, 定松 美幸, 岸本 年史
オランザピン投与による脂肪組織及びエネルギー代謝への影響 共著 2010年 8月 神経化学49巻2-3 Page673 山内 崇平, 辰巳 晃子, 奥田 洋明, 牧之段 学, 井川 大輔, 廣田 直也, 芳野 浩樹, 定松 美幸, 岸本 年史, 和中 明生
Changed preference for sweet taste in adulthood induced by perinatal exposure to bisphenol A-A probable link to overweight and obesity. 共著 2011年 Neurotoxicol Teratol. 33(4):458-63 Xu X, Tan L, Himi T, Sadamatsu M, Tsutsumi S, Akaike M, Kato N. 最近の男性における肥満に環境ホルモンであるビスフェノールA(BPA)が関与している可能性が示唆されている。われわれは出生前後のBPA暴露が甘いものの好みを変化させ、雄ラットの体重増に関与していることを明らかにするために実験を行った。出生前後にBPAを0.01, 0.1、1.0 mg/L投与しシュークロースとサッカリンのどちらかを含む水を与えた。BPAを投与された雄ラットは、明らかにサッカリンを含む水を好み、有意に体重増を認めた。
奈良県立医科大学附属病院救命救急センターに搬送された自殺企図者の検討 共著 2011年 7月 日本社会精神医学会雑誌20巻3号 Page273-274 下田 重朗, 池下 克実, 有田 恵亮, 岸本 直子, 水野 薫子, 島本 卓也, 定松 美幸, 岸本 年史
アスぺルガー症候群の青年の自己意識 : 文章完成法を中心に 共著 2012年 青年心理学研究
Mutations in PRRT2 responsible for paroxysmal kinesigenic dyskinesias also cause benign familial infantile convulsions. 共著 2012年 5月 J Hum Genet. Paroxysmal kinesigenic dyskinesia (PKD (MIM128000)) is a neurological disorder characterized by recurrent attacks of involuntary movements. Benign familial infantile convulsion (BFIC) is also one of a neurological disorder characterized by clusters of epileptic seizures. The BFIC1 (MIM601764), BFIC2 (MIM605751) and BFIC4 (MIM612627) loci have been mapped to chromosome 19q, 16p and 1p, respectively, while BFIC3 (MIM607745) is caused by mutations in SCN2A on chromosome 2q24. We performed mutation analysis of PRRT2 by direct sequencing in 81 members of 17 families containing 15 PKD families and two BFIC families. Direct sequencing revealed that two mutations, c.649dupC and c.748C>T, were detected in all members of the PKD and BFIC families. Our results suggest that BFIC2 is caused by a truncated mutation that also causes PKD. Thus, PKD and BFIC2 are genetically identical and may cause convulsions and involuntary movements via a similar mechanism.
Mutations in PRRT2 responsible for paroxysmal kinesigenic dyskinesias also cause benign familial infantile convulsions. 共著 2012年 5月 J Hum Genet
症状への強いこだわりのために薬物乱用に至った離人症性障害の1例 共著 2012年 9月 精神神経学雑誌114巻9号 Page1110
就学前の高機能広汎性発達障害児へのグループセラピー"あそびの教室"とその効果 共著 2012年11月 児童青年精神医学とその近接領域53巻5号 Page637-648 われわれは独自のアプローチプログラムで、就学直前の高機能広汎性発達障害(HFPDD)児を対象としたグループセラピーを行った。この取り組みのポイントは、(1)HFPDD児を対象に、(2)就学前という早い段階で適切なグループセラピーを行い、(3)集団における肯定的な感情を育てるという点にある。グループセラピーの内容は、社会的ルールを設定した遊びが中心であるため"あそびの教室"と名づけられ、1グループ6名で、1回1時間の12回を1クールとした。対象は、A医療機関に通院中であり、現在「集団の中でうまく遊べない」または「多動や衝動性があり、友達とのトラブルが絶えない」という問題点を抱え、翌年の4月に就学となるHFPDD児である。今後このような取り組みをより効果的に進めていくための一助となるように、そのプログラムの詳細を報告した。参考データであるが、3グループ18名(平均年齢5.6±0.50歳)のグループセラピー実施前後の評価尺度の変化としては、Child Behavior Checklistの外向尺度のTスコアとADHD評価スケールの総スコアの有意な低下が統計学的に認められた。今後同様の取り組みがなされ、就学前に診断されたHFPDD児に対する治療的アプローチが医療機関のみならず関係機関で行われ、その充実やアプローチプログラムが確立されることを望む。(著者抄録)
Comparison of pervasive developmental disorder and schizophrenia by the Japanese version of the National Adult Reading Test. 共著 2013年 2月 Int J Psychiatry Clin Pract.17(1):10-5. In adults, it is sometimes difficult to discriminate between pervasive developmental disorder (PDD) and schizophrenia (SCH) when positive symptoms are not outstanding. We examined whether the Japanese version of the National Adult Reading Test (JART), is a valid scale for evaluating pre-morbid intelligence quotient (IQ) in patients with SCH,
Comparison of pervasive developmental disorder and schizophrenia by the Japanese version of the National Adult Reading Test. 共著 2013年 2月 Int J Psychiatry Clin Pract.
東日本大震災に対して、奈良県立医科大学精神医学講座がおこなった支援活動の報告 共著 2013年 6月 Journal of Nara Medical Association
Aberrant Monoaminergic System in Thyroid Hormone Receptor-β Deficient Mice as a Model of Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder. 共著 2015年 1月 Int J Neuropsychopharmacol. Here we examined behavioralchanges, regional monoamine metabolism, and expression of epigenetic modulatory proteins, including acetylated histone H3 and histone deacetylase, in the developing brain of TRα-disrupted (TRα (0/0) ) and TRβ-deficient (TRβ (-/-) ) mice. Tissue concentrations of dopamine, serotonin (5-hydroxytryptamine) and their metabolites in the mesocorticolimbic pathway were measured. TRβ (-/-) mice, a model of attention-deficit/hyperactivity disorder, showed significantly high exploratory activity and reduced habituation, whereas TRα (0/0) mice showed normal exploratory activity. The biochemical profiles of dopamine and 5-hydroxytryptamine showed significantly low dopamine metabolic rates in the caudate putamen and nucleus accumbens and overall low 5-hydroxytryptamine metabolic rates in TRβ (-/-) mice, but not in TRα (0/0) mice.
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
Reevaluation for rhythmicity of growth hormone secretion in human and monkey plasma –Application of highly sensitive enzyme immunoassay- 1993年 International conference on the cellular consequences of sleep Sadamatsu, M., Onoe H., Ono K., Kato N.
海馬障害の分子メカニズム:ステロイドホルモンとサイトカイン 2000年 第23回日本神経科学大会 今井秀樹、西村敏、定松美幸、堤俊輔、加藤進昌
The role of glucocorticoid in behavioral and histological impairment induced by trimethyltin. 2001年 Collegium Internationale Neuro-Psychopharmacologicum (CINP) M. Sadamatsu, H. Imai, S. Tsutsumi, N. Kato
Type 2 glucocorticoid receptors are involved in neuronal death and astrocyte activation induced by trimethyltin in the rat hippocampus. 2002年 ISDN/ANS meeting H Imai, Tu Nishimura, M Sadamatsu, Y Liu, M Kabuto, M Kawaguchi and N Kato.
海馬傷害モデル動物における神経細胞死と細胞新生 2002年 第25回日本神経科学大会  定松美幸、今井秀樹、劉影、石龍徳、加藤進昌
Animal model of autism: possible implication of thyroid hormone. 2004年 IACAPAP
甲状腺ホルモン改変動物は自閉症モデルとして有用か 2005年 第28回日本神経科学大会 定松美幸、渡邊慶一郎
新生児期低甲状腺ホルモン状態がラット中枢神経系の発達と行動に及ぼす影響について 2006年 第29回日本神経科学大会 定松美幸、金井裕彦、黒川清、加藤進昌 
実施医療機関における抗うつ薬の治験の現状と課題 2010年 第20回日本臨床精神神経薬理学会第40回日本神経精神薬理学会合同念会 抗うつ薬の臨床治験の経験から、被験者の選別の問題、プロトコールの問題、中止あるいは拒否に至る原因について考察を加え発表した。
PDD、AD/HD 注意欠如・多動性障害の診断・治療に関するアンケート調査 2011年11月 第52回日本児童青年精神医学会総会 松浦 広樹、太田 豊作, 飯田 順三, 岩坂 英巳, 末廣 佑子, 山室 和彦, 岸本 直子, 浦谷 光裕, 定松 美幸, 岸本 年史
生物学的知見 児童思春期強迫性障害における事象関連電位(ERP)および神経心理学的特徴 6ヵ月間の縦断的比較 2011年11月 52回日本児童青年精神医学会総会
生物学的知見 徐放性methylphenidate(CONCERTA)服薬前後の注意欠如・多動性障害の事象関連電位 治療反応群と非反応群の比較 2011年11月 52回日本児童青年精神医学会総会 太田 豊作, 飯田 順三, 末廣 佑子, 田中 尚平, 澤田 将幸, 根來 秀樹, 定松 美幸, 岸本 年史
甲状腺受容体欠損マウスにおける行動および生化学的変化について 2013年 6月 第36回日本神経科学大会 金井裕彦、大久保雅則、吉村篤、定松美幸、加藤進昌、鈴木悟、山田尚登
公認心理師のカリキュラム等検討会報告とさまざまの領域における精神医学と心理学の協働 2017年 6月 第113回日本精神神経学会学術総会 定松美幸、中嶋義文
障害者差別解消法施行1年を振り返ってー高等教育機関における取組ー 2017年 6月 第113回日本精神神経学会学術総会 加藤進昌、定松美幸
Top of page

翻訳

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
とらわれの脳 共著 2003年 学会出版センター
外傷後ストレス障害と急性 ストレス障害の病因  「不安障害」 共著 2004年 日本評論社 定松美幸 pp.402-415 PTSDと急性ストレス障害の概要と疫学、合併症、内分泌学的異常について書かれた章を翻訳
Top of page