金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナナイトウ ヒサオ
ローマ字NAITO Hisao
氏名内藤 久雄
学位博士(医学) 
所属生活環境学部 / 食環境栄養学科
職名教授
所属学会日本産業衛生学会 日本衛生学会 日本疫学会 SHR等疾患モデル共同研究会 
専門分野社会医学 境界医学   
研究課題動物モデルを用いた非アルコール性脂肪性肝疾患のメカニズム解析 トリクロロエチレン曝露による皮膚肝障害(Hypersensitivity)のメカニズム解析 生活習慣病・心血管疾患発症予防に関する疫学研究 

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
2016年 9月 知立市教育委員会・知を立てる講座・講師(食の安全について) 2016年 9月迄
2016年11月 日本産業衛生学会・代議員 現在に至る
2017年 3月 日本産業衛生学会・東海地方会理事 現在に至る
2017年 3月 日本産業衛生学会・許容濃度等委員会・起案委員 現在に至る
2018年 2月 SHR等疾患モデル共同研究会:㈱SRL・浜松の動物飼育施設視察 2018年 2月迄
2018年 5月 豊田市役所保健部総務課・豊田市保健所管内栄養士連絡会研修会・講師(食の安全について) 2018年 5月迄
2020年 2月 豊明市役所生涯学習課・藤田医科大学市民講座・講師(食の安全と安心ー基準値はどのように設定されているのかー) 2020年 2月迄
Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Chapter 4: The Toxicity of Fenitrochion and Permethrin. Book title: Insecticides 共著 2012年 In Tech 有機リン系殺虫剤であるフェニトロチオンとピレスロイド系殺虫剤であるペルメトリンの毒性について解説した。また、この二つの殺虫剤の相互作用についても解説した。
Wang D, Naito H, Nakajima T. P85-98
C9:The Progression of Non-alcoholic Fatty Liver Disease and Lifestyle Intervention in Older Adluts. Book title: Foods and Dietary Supplements in the Prevention and Treatment of Disease in Older Adults 共著 2015年 Academic Press 非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)と生活習慣との関連についての解説。NAFLDの頻度や肝炎・線維化に進展するシグナル伝達メカニズムなどを解説している。
Jia X, Naito H, Kitamori K, Yetti H, Nakajima T. P85-97
https://doi.org/10.1016/B978-0-12-418680-4.00009-9
Chapter 7: The Role of Cholesterol in the Pathogenesis of Hypertension-Associated Nonalcoholic Steatohepatitis. Book title: Cholesterol - Good, Bad and the Heart 共著 2018年 In Tech 非アルコール性脂肪性肝炎とコレステロールとの関係についての解説。NASHモデルラットのSHRSP5/Dmcrの紹介やコレステロールから胆汁酸に異化される過程で肝炎・線維化の進展について解説している。
Yuan Y, Naito H, Nakajima T. P109-124
http://dx.doi.org/10.5772/intechopen.76199
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Association of V227A PPARα polymorphism with altered serum biochemistry and alcohol drinking in Japanese men(査読付) 共著 2006年 8月 Pharmacogenet Genomics 16 (8):569-577 某企業の健康診断受診者を対象として、PPARαとALDH2の遺伝子多型を解析した。日本人特有の遺伝子多型がV227Aであること、これがコレステロール代謝と関連することを明らかにした。分子疫学調査。
Naito H, Yamanoshita O, Kamijima M, Katoh T, Matsunaga T, Lee CH, Kim H, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T
8-Hydroxydeoxyguanosine levels in human leukocyte and urine according to exposure to organophosphorus pesticides and paraoxonase 1 genotype(査読付) 共著 2007年 1月 Int Arch Occup Environ Health 80 (3):217-227 有機リン殺虫剤曝露者の尿中及び白血球中の8- OHdG(酸化ストレスマーカー)を測定し、paraoxonase 1(PON1)の遺伝子多型との関連性を調べた。有機リン系殺虫剤の尿中代謝物と8-OHdGは強い正の相関関係を示した。しかしPON1との相関はなかった。
Lee CH, Kamijima M, Kim H, Shibata E, Ueyama J, Suzuki T, Takagi K, Saito I, Gotoh M, Hibi H, Naito H, Nakajima T.
Differential effects of aging, drinking and exercise on serum cholesterol levels dependent on the PPARα-V227A polymorphism(査読付) 共著 2007年 9月 J Occup Health 49 (5):353-362 某企業の日本人労働者において、コレステロール代謝にPPARαのV227A遺伝子多型が関与するが、これには年齢、飲酒量、運動量も関係することを分子疫学研究で明らかにした。
Naito H, Kamijima M, Yamanoshita O, Nakahara A, Katoh T, Tanaka N, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Biological monitoring of pyrethroid exposure of pest control workers in Japan(査読付) 共著 2007年11月 J Occup Health 49 (6):509-514 愛知県内のピレスロイド系殺虫剤散布者の尿中代謝物をガスクロマトグラフィー質量分析法で測定し、生物学的モニタリングの可能性をまとめた論文である。疫学調査。
Wang D, Kamijima M, Imai R, Suzuki T, Kameda Y, Asai K, Okamura A, Naito H, Ueyama J, Saito I, Nakajima T, Goto M, Shibata E, Kondo T, Takagi K, Takagi K, Wakusawa S
Microgram-order ammonium perfluorooctanoate may activate mouse peroxisome proliferator-activated receptor a, but not human PPARα(査読付) 共著 2009年11月 Toxicology 265 (1-2):27-33 パーフルオロオクタン酸(PFOA)のマウス肝臓におけるPPARαの活性化を検討し、低用量で、肝臓が活性化されるシグナル伝達メカニズムを明らかにした。PPARαnullマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Nakamura T, Ito Y, Yanagiba Y, Ramdhan DH, Kono Y, Naito H, Hayashi Y, Li Y, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Bisphenol A may cause testosterone reduction by adversely affecting both testis and pituitary systems similar to estradiol(査読付) 共著 2010年 4月 Toxicol Lett 194 (1-2):16-25 ビスフェノールAは精巣テストステロンの合成を抑制するが、脳下垂体から黄体刺激ホルモンの分泌も抑制することが判明した。即ち精巣だけでなく脳にも影響を与えることが判明した。ラットを用いた動物実験。
Nakamura D, Yanagiba Y, Duan Z, Ito Y, Okamura A, Asaeda N, Tagawa Y, Li C, Taya K, Zhang SY, Naito H, Ramdhan DH, Kamijima M, Nakajima T
Differential response to trichloroethylene-induced hepatosteatosis in wild-type and PPARα-humanized mice(査読付) 共著 2010年11月 Environ Health Perspect 118 (11):1557-1563 トリクロロエチレンによる脂肪蓄積にPPARαが関与するが、肝炎発症には関与しないことを明らかにした。PPARαKOマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Ramdhan DH, Kamijima M, Wang D, Ito Y, Naito H, Yanagiba Y, Hayashi Y, Tanaka N, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Study profile on baseline survey of Daiko Study in the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study (J-MICC Study). 共著 2011年 8月 Nagoya J Med Sci. 73 (3-4):187-195 日本多施設共同コーホート研究(J-MICC Study)は、我が国で最初の本格的な分子疫学コホート研究で、その1地区の名古屋大学予防医学が担当する大幸研究の最初のベースラインデータの論文。疫学研究。
Morita E, Hamajima N, Hishida A, Aoyama K, Okada R, Kawai S, Tomita K, Kuriki S, Tamura T, Naito M, Kondo T, Ueyama J, Kimata A, Yamamoto K, Hori Y, Hoshinos J, Hamamotos R, Tsukamoto S, Onishi J, Hagikura S, Naito H, Hibi S, Ito Y, Wakai K.
Ammonium perfluorooctanoate may cause testosterone reduction by adversely affecting testis in relation to PPARα(査読付) 共著 2011年 9月 Toxicol Lett 205(3):265-272 PFOAの6週間曝露に観察された雄生殖器への影響の論文である。テストステロンの低下が野生型とヒトPPARαマウスで見られた。肝臓で生成された毒性物質が精巣障害を引き起こしていると考えられた。PPARαKOマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Li Y, Ramdhan DH, Naito H, Yamagishi N, Ito Y, Hayashi Y, Yanagiba Y, Okamura A, Tamada H, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Hepatic peroxisome proliferator-activated receptor a may have an important role in the toxic effects of di(2-ethylhexyl)phthalate on offspring of mice(査読付) 共著 2011年10月 Toxicology 289(1):1-10 代表的なプラスチック可塑剤のDEHPは発達毒性を持ち仔の生存率を低下させる。このメカニズムを検討。生存率の低下はPPARαノックアウトマウスでは観察されなかったので、PPARαが関与していると解された。この研究は3回目の実験であり、再現性がある成果である。PPARαnullマウスを用いた動物実験。
Hayashi Y, Ito Y, Yamagishi N, Yanagiba Y, Tamada H, Wang D, Ramdhan DH, Naito H, Harada Y, Kamijima M, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Modulation of ammonium perfluorooctanoate-induced hepatic damage by genetically different PPARα in mice(査読付) 共著 2012年 1月 Arch Toxicol 86(1):63-74 PFOAによる肝障害の質がPPARα遺伝子型によってことなることを明らかにした。血漿ALTの上昇には3遺伝子型間に差は見られなかったが、病理やPPARα標的遺伝子群の発現には明らかな差があり、この差が病理の差異に反映されたと解される。PPARαKOマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Nakagawa T, Ramdhan DH, Tanaka N, Naito H, Tamada H, Ito Y, Li Y, Hayashi Y, Yamagishi N, Yanagiba Y, Aoyama T, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Incidence of young onset insulin-requiring diabetes mellitus among 18- to 30-year-olds in Dhaka, Bangladesh (1994-2003) (査読付) 共著 2012年 2月 Nagoya J Med Sci 74 (1-2):149-156 バングラデシュのダッカ在住18-30歳の男女を対象として、1994年から2003年までに発症したインシュリン依存性糖尿病患者の特徴を調べた。肥満がひとつの因子であった。疫学研究。
Nizam S, Khalequzzaman M, Yatsuya H, Khanam PA, Sayeed MA, Naito H, Nakajima T.
Differences in metabolite burden of di(2-ethylhexyl)phthalate in pregnant and postpartum dams and their offspring in relation to drug-metabolizing enzymes in mice(査読付) 共著 2012年 4月 Arch Toxicol 86(4): 563-569 妊娠及び出産後マウスのDEHPの代謝物濃度の違いを明らかにした。妊娠中はリパーゼの活性が高いことが判明し、そのために妊娠中DEHPの代謝物のMEHP濃度が出産後マウスより高いということが判明した。マウスを用いた動物実験。
Hayashi Y, Ito Y, Yanagiba Y, Kamijima M, Naito H, Nakajima T.
Development of novel rat model for high-fat and high-cholesterol diet-induced steatohepatitis and severe fibrosis progression in SHRSP5/Dmcr(査読付) 共著 2012年 5月 Environ Health Prev Med 17(3): 173-182 高脂肪食により非アルコール性脂肪肝・肝炎・線維化を14週間眺望できる非アルコール性脂肪性肝炎進展モデルラットSHRSP5/Dmcrを開発した。ラットを用いた動物実験。
Kitamori K, Naito H, Tamada H, Kobayashi M, Miyazawa D, Yasui Y, Sonoda K, Tsuchikura S, Yasui N, Ikeda K, Moriya T, Yamori Y, Nakajima T
Plasticizers May Activate Human Hepatic Peroxisome Proliferator-Activated Receptor α Less Than That of a Mouse but May Activate Constitutive Androstane Receptor in Liver(査読付) 共著 2012年 6月 PPAR Res. 2012: 201284 DEHPがマウスのみならずヒトPPARαも活性化させることを明らかにした。しかし、その活性化はマウスよりはるかに低いと考えられた。PPARαKOマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Ito Y, Nakamura T, Yanagiba Y, Ramdhan DH, Yamagishi N, Naito H, Kamijima M, Gonzalez FJ, Nakajima T.
The modulation of hepatic adenosine triphosphate and inflammation by eicosapentaenoic acid during severe fibrotic progression in the SHRSP5/Dmcr rat model(査読付) 共著 2012年 6月 Life Sci 90 (23-24):934-943 高脂肪-コレステロール食により作成された脂肪肝、肝炎の分子メカニズムの解析をした。脂肪の蓄積は殆どがコレステロールで、肝炎はNF-kBのp50・p65の発現が上昇するためである。エイコサペンタエン酸はこの上昇を抑え、炎症を予防することが判明した。ラットを用いた動物実験。
Jia X, Naito H, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Wang D, Yanagiba Y, Ito Y, Wang J, Tanaka N, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T.
Simultaneous changes in high-fat and high-cholesterol diet-induced steatohepatitis and severe fibrosis and those underlying molecular mechanisms in novel SHRSP5/Dmcr rat(査読付) 共著 2012年11月 Environ Health Prev Med, 17(6): 444-456 高脂肪食による非アルコール性脂肪性肝炎進展モデルラットSHRSP5/Dmcrの脂肪化、肝炎、線維化の分子基盤解析をした。ラットを用いた動物実験。
Moriya T, Kitamori K, Naito H, Yanagiba Y, Ito Y, Yamagishi N, Tamada H, Jia XF, Tsuchikura S, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T.
Evidence for diazinon-mediated inhibition of cis-permethrin metabolism and its effects on reproductive toxicity in adult male mice(査読付) 共著 2012年12月 Reprod Toxicol 34(4):489-497 有機リン系殺虫剤ダイアジノンがピレスロイド系殺虫剤ペルメトリンの代謝を阻害し、毒性を低下させる分子メカニズムを明らかにした。マウスを用いた動物実験。
Wang D, Kamijima M, Okamura A, Ito Y, Yanagiba Y, Jia XF, Naito H, Ueyama J, Nakajima T.
Effects of exposure to 1-bromopropane on astrocytes and oligodendrocytes in rat brain (査読付) 共著 2013年 1月 J Occup Health 55(1):29-38 有機溶剤1-ブロモプロパンに曝露されたラットの小脳において、星状細胞の突起の伸長が顆粒細胞及びプルキンエ細胞の変性させることを示した。ラットを用いた動物実験。
Mohideen SS, Ichihara S, Subramanian K, Huang Z, Naito H, Kitoh J, Ichihara G.
Effects of sub-acute and sub-chronic inhalation of 1-bromopropane on neurogenesis in adult rats (査読付) 共著 2013年 2月 Toxicology 304:76-82 有機溶剤1-ブロモプロパンのラットへの長期曝露は脳の歯状回の神経新生を減少させ、BDNF、GRのmRNAの減少やノルエピネフリンの海馬での減少が神経発生の減少に寄与していることを明らかにした。ラットを用いた動物実験。
Zhang L, Nagai T, Yamada K, Ibi D, Ichihara S, Subramanian K, Huang Z, Mohideen SS, Naito H, Ichihara G.
Simple and rapid quantitation of 21 bile acids in rat serum and liver by UPLC-MS-MS: effect of high fat diet on glycine conjugates of rat bile acids(査読付) 共著 2013年 2月 Nagoya J Med Sci 75 (1-2): 57-71 21種類の胆汁酸を5分で測定する新しい測定法を開発した。高脂肪-コレステロール食で誘導された線維性脂肪性肝炎の肝臓と血清の胆汁酸プロファイルを測定したところ、線維化の進展につれ、肝臓のコール酸・ケノデオキシコール酸比が増大すること、タウリン抱合体に比べてグリシン抱合体が増えることが明らかとなった。ラットを用いた動物実験。
Suzuki Y, Kaneko R, Nomura M, Naito H, Kitamori K, Nakajima T, Ogawa T, Hattori H, Seno H, Ishii A.
Difference in urinary arsenic metabolites between diabetic and non-diabetic subjects in Bangladesh(査読付) 共著 2013年 3月 Int J Environ Res Public Health. 10(3): 1006-1019 バングラデシュのヒ素に汚染された井戸水使用地域で2型糖尿病患者と非糖尿病者の間にヒ素代謝の差異がみられるか検討した結果である。両者にヒ素代謝物の差異は認められなかったが、ヒ素代謝は年齢に依存することが明らかとなった。疫学調査。
Nizam S, Kato M, Yatsuya H, Khalequzzaman M, Ohnuma S, Naito H, Nakajima T.
Comparison of Barium and Arsenic Concentrations in Well Drinking Water and in Human Body Samples and a Novel Remediation System for These Elements in Well Drinking Water(査読付) 共著 2013年 6月 PLoS One 8(6):e66681. バングラデシュにおける井戸水の調査。その結果、ヒ素・バリウムが多く存在し健康を害することが判明し、それらの物質を低コストで吸着する者を開発した。疫学調査。
Kato M, Kumasaka MY, Ohnuma S, Furuta A, Kato Y, Shekhar HU, Kojima M, Koike Y, Dinh Thang N, Ohgami N, Ly TB, Jia X, Yetti H, Naito H, Ichihara G, Yajima I.
Exposure to DEHP decreased four fatty acid levels in plasma of prepartum mice(査読付) 共著 2013年 7月 Toxicology 309:52-60 フタル酸ジ-2-エチルヘキシル(DEHP)は代表的なプラスチック可塑剤で生殖次世代影響を有する。通常妊娠後期に向けて脂肪酸の濃度は上昇が、妊娠マウスにDEHPを曝露すると、この上昇が抑制される。このことが一因となり、胎仔や新生仔の生存率が低下すると考えられる。マウスを用いた動物実験。
Nakashima R, Hayashi Y, Khalequzzaman M, Jia X, Wang D, Naito H, Ito Y, Kamijima M, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Dysregulated bile acid synthesis, metabolism and excretion in a high fat-cholesterol diet-induced fibrotic steatohepatitis in rats(査読付) 共著 2013年 8月 Digestive Diseases Sciences 58(8):2212-2222 高脂肪-高コレステロール食により誘導されたラットの線維性脂肪性肝炎の胆汁酸合成、代謝、排泄の分子メカニズムを明らかにした。この肝炎はヒトの非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の病理像に酷似しており、この疾病の進展予防・治療に有用となる。
Jia X, Naito H, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Wang D, Yanagiba Y, Wang J, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T.
High-fat-cholesterol diet-induced mainly necrosis fibrotic steatohepatities rats by suppressing caspase activity(査読付) 共著 2013年11月 Life Sci 93(18-19): 673-80 高脂肪食はアポトーシスではなく肝細胞の壊死を誘導し、線維性脂肪性肝炎を引き起こすことを明らかにした。この原因として、高脂肪-高コレステロール食がミトコンドリアの機能を障害し、カスパーゼ活性を低下させることが考えられた。また血清K18Asp396が壊死細胞数や線維化面積と正の相関関係を示し、これらの指標となることが明らかとなった。ラットを用いた動物実験。
Yetti H, Naito H, Jia X, Shindo M, Taki H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T
Sex differences in metabolism of trichloroethylene and trichloroethanol in guinea pigs(査読付) 共著 2013年11月 J Occup Health 55(6):443-9 モルモットの代謝には性差が見られ、その原因として、雌のCYP2E1発現量の多いのが挙げられた。この代謝の性差は雌のトリクロロエチレンに対する高感受性と関連しているかもしれない。モルモットを用いた動物実験。責任著者。
Hibino Y, Wang H, Naito H, Zhao N, Wang D, Jia X, Li H, Song X, Liu L, Huang Y, Ito Y, Huang H, Kamijima M, Nakajima T.
Occupational trichloroethylene hypersensitivity syndrome: Human herpesvirus 6 reactivation and rash phenotypes(査読付) 共著 2013年12月 J Dermatol Sci72(3):218-224 中国南部に多く発生しているトリクロロエチレンによるHypersensitivity患者はTNFαやIL10等のサイトカインが上昇し、HHV6の再活性化が起こっており、病態的には重症薬剤性過敏症と同じであることが明らかとなった。10年間に渡る中国との共同研究の結果である。疫学調査。
Kamijima M, Wang H, Yamanoshita O, Ito Y, Xia L, Yanagiba Y, Chen C, Okamura A, Huang Z, Qiu X, Song X, Cai T, Liu L, Ge Y, Deng Y, Naito H, Yoshikawa T, Tohyama M, Li L, Huang H, Nakajima T.
Species and inter-individual differences in metabolic capacity of di(2-ethylhexyl) Phthalate (DEHP) between human and mouse livers(査読付) 共著 2014年 3月 Environ Health Prev Med 19(2):117-125 ヒトとマウスのin vitroにおける代謝速度の種差と、ヒトの個体差を検討した。種差は6倍程度(マウス>ヒト)であったが、個体差は20倍以上あった。一般にリスク評価の際に、個体差は10倍程度しか取っていないが、この妥当性について検討する必要がある。実験研究(ヒト、マウス)。
Ito Y, Kamijima M, , Hasegawa C, Tagawa M, Kawai T, Miyake M, Hayashi Y, Naito H, Nakajima T.
A Possible role of chenodeoxycholic acid and glycine-conjugated bile acids in fibrotic steatohepatitis in a dietary rat model(査読付) 共著 2014年 7月 Dig Dis Sci 59(7):1490-1501 高脂肪-コレステロール食により発生した非アルコール性脂肪性肝炎ラット(SHRSP5/Dmcr)肝臓の21種の胆汁酸をUHPLC法で測定した。ケノデオキシコール酸と胆汁酸のグリシン抱合体の蓄積が脂肪化、肝炎、線維症と関連していることが明らかとなった。ラットを用いた動物実験。
Jia X, Suzuki Y, Naito H, Yetti H, Kitamori K, Hayashi Y, Kaneko R, Nomura M, Yamori Y, Zaitsu K, Kato M, Ishii A, Nakajima T.
Association between Maternal Exposure to di(2-ethylhexyl) Phthalate and Reproductive Hormone Levels in Fetal Blood: The Hokkaido Study on Environment and Children's Health(査読付) 共著 2014年10月 PLoS One 9(10):e109039 北海道studyで収集された妊婦の血液中MEHP(DEHPも代謝物)濃度を測定し、臍帯血中ホルモンとの関連性を検討した。MEHPとテストステロン/エストラジオール比とプロゲステロンおよびインヒビンと逆相関を示すことが明らかとなった。疫学調査。
Araki A, Mitsui T, Miyashita C, Nakajima T, Naito H, Ito S, Sasaki S, Cho K, Ikeno T, Nonomura K, Kishi R.
Arsenite-mediated promotion of anchorage-independent growth of HaCaT cells through placental growth factor(査読付) 共著 2015年 4月 J Invest Dermatol 135(4):1147-1156 バングラデシュにおいてヒ素汚染は蔓延しており、居住者の尿サンプルから胎盤増殖因子(PIGF)の増加を認めたことから、ヒトの皮膚細胞HaCaTを用いた細胞培養実験を行い、ヒ素曝露によりPIGFの増加などを認めた。さらにそれらのERKシグナル伝達経路のメカニズムを明らかにし、ケラチノサイトの悪性転換が促進されることを示した。患者調査及び細胞培養実験。
Yajima I, Kumasaka MY, Ohnuma S, Ohgami N, Naito H, Shekhar HU, Omata Y, Kato M.
Prenatal maternal blood triglyceride and fatty acid levels in relation to exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate: a cross-sectional study(査読付) 共著 2015年 5月 Environ Health Prev Med 20(3):168-178 北海道スタディの妊婦における血中中性脂肪値及び脂肪酸とDEHP(化学物質)曝露についての解析し、妊娠中のDEHP曝露は母体血中の中性脂肪値及び脂肪酸レベルと逆相関した結果を得た。疫学調査。
Jia X, Harada Y, Tagawa M, Naito H, Hayashi Y, Yetti H, Kato M, Sasaki S, Araki A, Miyashita C, Ikeno T, Kishi R, Nakajima T.
Association of maternal whole blood fatty acid status during the prenatal period with term birth dimensions: a cross-sectional study(査読付) 共著 2015年 9月 J Perinat Med 43(5):565-575 北海道スタディの妊婦における血中脂肪酸分画の測定を行った。その結果ドコサヘキサエン酸およびアラキドン酸の含有は必須脂肪酸と同様に妊娠後期に最も低くなっていた。さらに、主成分分析を行い、妊婦のエイコサペンタエン酸の含有量が生まれてきた乳児の胸囲と相関することを明らかにした。疫学調査。
Jia X, Tagawa M, Yatsuya H, Naito H, Hayashi Y, Yetti H, Sasaki S, Araki A, Miyashita C, Ikeno T, Kishi R, Nakajima T.
A trial to find appropriate animal models of dichloropropane-induced cholangiocarcinoma based on the hepatic distribution of glutathione S-transferases(査読付) 共著 2015年11月 J Occup Health 57(6):548-54 オフセットカラー印刷作業者において1, 2-ジクロロプロパン(DCP)曝露が胆管がんを誘発したと報告されたことから、DCPをマウス、ラット、ハムスター、モルモットに曝露させてそのメカニズムを解明する実験を行った。その結果、GSTT1、GSTM1、GSTPiは肝細胞及び胆管細胞で発現が確認されたが、対照群曝露群との間にKi67の発現に明確な差がなく癌化のメカニズム不明であった。動物実験。
Zhang L, Zong C, Ichihara S, Naito H, Toyokuni S, Kumagai S, Ichihara G.
Efficacy of Dietary Lipid Control in Healing High-Fat and High-Cholesterol Diet-Induced Fibrotic Steatohepatitis in Rats(査読付) 共著 2016年 1月 PLoS One 11(1):e0145939 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化を誘発してから通常食に変更した回復期の肝臓の解析。線維化が認めない肝炎のみの状態からは肝臓は元に戻るが、線維化が認められると線維化部位はそのまま残存しており、線維化以外の部分が改善した。その時大脂肪滴が多数認められた。ラットを用いた動物実験。
Tamada H, Naito H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Kato M, Nakajima T.
Metallothionein MT2A A-5G Polymorphism as a Risk Factor for Chronic Kidney Disease and Diabetes: Cross-Sectional and Cohort Studies(査読付) 共著 2016年 7月 Toxicol Sci 152(1):181-93 大規模コホート研究J-MICC Studyの1つ大幸研究参加者のサンプルを用いて、メタロチオネインの遺伝子多型(MT2A A-5G)と慢性腎臓病との関連の解析。メタロチオネインはカドミウムなど重金属を結合する蛋白であり、MT2A A-5Gは慢性腎臓病と関連が示唆された。分子疫学調査。
Hattori Y, Naito M, Satoh M, Nakatochi M, Naito H, Kato M, Takagi S, Matsunaga T, Seiki T, Sasakabe T, Suma S, Kawai S, Okada R, Hishida A, Hamajima N, Wakai K.
Importance of detoxifying enzymes in differentiating fibrotic development between SHRSP5/Dmcr and SHRSP rats(査読付) 共著 2016年 9月 Environ Health Prev Med 21(5):368-381 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPとの比較をした研究。その結果、どちらも肝線維化進展が認められたが、SHRSP5/Dmcrはより重度の線維化を認め、シグナル伝達経路の解析から、胆汁酸の抱合に関与する核内受容体PXR、CARやグルクロン酸抱合活性がSHRSP5/Dmcrで優位に低下しており、このことが肝線維化進展に重要な役割を果たしていることを明らかにした。ラットを用いた動物実験。
Naito H, Jia X, Yetti H, Yanagiba Y, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Wang D, Kato M, Ishii A, Nakajima T.
Combination of Hypertension Along with a High Fat and Cholesterol Diet Induces Severe Hepatic Inflammation in Rats via a Signaling Network Comprising NF-κB, MAPK, and Nrf2 Pathways(査読付) 共著 2017年 9月 Nutrients 9(9). pii: E1018 高血圧はNASHのリスクが高いことは疫学調査で報告されているが、動物実験でその研究はあまり行われていない。そこでNASHモデルラットSHRSP5/Dmcrは高血圧ラットであり、系統元の高血圧自然発症ラット(SHR)と通常血圧のWKYと比較した研究。その結果、高脂肪食摂取で肝線維化進展する高血圧ラット(SHRSP5/Dmcr、SHR)に対し、WKYは肝線維化に高脂肪食8週間摂取では認めなかった。ラットを用いた動物実験。
Yuan Y, Naito H, Jia X, Kitamori K, Nakajima T.
Functional capacity, self-rated health status, and psychosocial characteristics of employed cancer survivors in Japan(査読付) 共著 2017年 9月 Fujita Medical Journal 3(3):55-61 愛知県職域コホート研究の参加者を対象に、がん生存者とがん歴のない労働者の間で機能的能力、自己評価健康状態(SRHS)、心理社会的特徴の制限を調べた横断研究。その結果、男性及び若い女性のがん生存者は、機能的能力の制限をよく経験した。また男性の雇用されたがん生存者は、がん歴のない男性よりも自分の健康状態が悪いと自己評価していた。疫学調査。
Katoh Y, Ota A, Yatsuya H, Li Y, Naito H, Fujisawa A, Matsunaga M, Hirakawa Y, Chiang C, Toyoshima H, Tamakoshi K, Aoyama A
Bile acid detoxifying enzymes limit susceptibility to liver fibrosis in female SHRSP5/Dmcr rats fed with a high-fat-cholesterol diet(査読付) 共著 2018年 2月 PLoS One 13(2):e0192863 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrでの性差の解析をした論文。高脂肪食摂取による肝炎・線維化進展は雄よりも雌は軽度であったが、この結果は胆汁酸解毒関連酵素であるグルクロン酸抱合に関連するUGT及び硫酸抱合に関連するSULT2A1が雌では抑制されておらず、むしろ増加傾向であった。ラットを用いた動物実験。筆頭著者と同等扱い(Contributed equally)。
Yetti H, Naito H, Yuan Y, Jia X, Hayashi Y, Tamada H, Kitamori K, Ikeda K, Yamori Y, Nakajima T.
Exposure reconstruction of trichloroethylene among patients with occupational trichloroethylene hypersensitivity syndrome(査読付) 共著 2018年 7月 Ind Health 56(4):300-307 有機溶剤トリクロロエチレンの曝露によって労働者の一部は、肝炎を伴う致命的な全身性の皮膚炎を誘発することがある。そのメカニズム解析として、まず患者の曝露レベルが完全には明らかにされていないので、患者の尿サンプルを用いて、トリクロロエチレンの代謝物であるトリクロロ酢酸(TCA)を測定した。患者の尿はトリクロロエチレン最終曝露から2~14日目に採取しており、線形回帰モデルを用いトリクロロエチレンの推定曝露濃度を推定した。疫学調査。
Nakajima T, Wang H, Ito Y, Naito H, Wang D, Zhao N, Li H, Qiu X, Xia L, Chen J, Wu Q, Li L, Huang H, Kamijima M.
Effect of laughter yoga on salivary cortisol and dehydroepiandrosterone among healthy university students: A randomized controlled trial(査読付) 共著 2018年 8月 Complement Ther Clin Pract 32:6-11 笑いヨガ、すなわち疑似笑いが、唾液中のコルチゾール及びデヒドロエピアンドロステロン(DHEA)レベルならびにコルチゾール/DHEA比を変化するかどうかを解析した研究。実験研究。無作為の120人の大学生を笑いヨガ体験、コメディー映画の鑑賞、本の読書の3群に分け、その後コルチゾール及びDHEAをELISAキットで測定した。その結果、笑いヨガ及びコメディー映画群では読書群よりも、コルチゾール/DHEA比が時間とともに有意に減少したが、笑いヨガ群ではDHEA値は時間による変化が認められなかった。実験研究。
Fujisawa A, Ota A, Matsunaga M, Li Y, Kakizaki M, Naito H, Yatsuya H.
In utero exposure to di(2-ethylhexyl)phthalate suppresses blood glucose and leptin levels in the offspring of wild-type mice(査読付) 共著 2019年 3月 Toxicology 415:49-55 妊娠中のマウスにDEHPを曝露させると、母体の脂質の栄養不良を誘発することから、母親の脂質栄養不良とその状態から生まれた新生仔、授乳期、成人期との関連を解析した研究。DEHPはPPARαにより活性化されるため、ヒト型PPARマウスとの比較も行った。その結果、ヒト型マウス型PPARαを持つマウスでは子宮内及び授乳期にDHEP曝露を受けると離乳後の摂餌量が増加した。一方PPARnullマウスでは観察されなかった。また、DEHPは新生仔期及び離乳期のPPARαに関連して、子孫の血中レプチン濃度を低下させ、これにより離乳後の食物消費量が増加すると推察された。PPARαnullマウス、ヒトPPARαマウスを用いた動物実験。
Hayashi Y, Ito Y, Naito H, Tamada H, Yamagishi N, Kondo T, Ishikawa T, Gonzalez FJ, Nakajima T.
Validation of the Japanese Version of the Yale Food Addiction Scale 2.0 (J-YFAS 2.0)(査読付) 共著 2019年 3月 Nutrients 11(3) pii: E687 Yale食物依存症スケール(YFAS2.0)の日本語版(J-YFAS 2.0)を用いて、大学生を対象にその妥当性などの検討を行った研究。731人を対象に食物依存症軽度、中等度、重度の有病率はそれぞれ1.1%、1.2%、1.0%であった。スコアはYEASとJ-YFASとの間に有意な相関を示し、J-YFAS2.0は収束妥当性及び信頼性を備えていることを確認した。実験研究。
Khine MT, Ota A, Gearhardt AN, Fujisawa A, Morita M, Minagawa A, Li Y, Naito H, Yatsuya H.
Smoking results in accumulation of ectopic fat in the liver(査読付) 共著 2019年 6月 Diabetes Metab Syndr Obes 12:1075-1080 愛知県職域コホート調査参加者のサンプルを用いた横断研究。喫煙と非アルコール性脂肪疾患との関連が示唆されているがその研究はあまりない。この研究では、磁気共鳴分光法(MRS)による肝臓内脂肪の客観的定量化と喫煙との関連を解析した。その結果、喫煙は肝臓内脂肪蓄積増加と関連していた。疫学調査。
Kato A, Li Y, Ota A, Naito H, Yamada H、Nihashi T, Hotta Y, Chiang C, Hirakawa Y, Aoyama A, Tamakoshi K, Yatsuya H.
High-fat and high-cholesterol diet decreases phosphorylated inositol-requiring kinase-1 and inhibits autophagy process in rat liver(査読付). 共著 2019年 8月 Sci Rep 9(1):12514 SHRSP5/Dmcrラットに高脂肪・高コレステロール飼料(HFC)を投与した実験で、オートファジープロセスはHFC群では2週間から発現更新していたが、小胞体ストレスに関与する因子であるリン酸化IRE1やPERKが2週間から発現低下しており、オートファジープロセスを阻害していた。また、HFC8週間摂取群ではユビキチンの肝臓内発現更新や電子顕微鏡写真において、巨大なリソソームやリソソームに結合できていないオートファゴソームが認められており、オートファジープロセスの障害があることが明らかとなった。
Naito H, Yoshikawa-Bando Y, Yuan Y, Hashimoto S, Kitamori K, Yatsuya H, Nakajima T.
Increased risk of occupational trichloroethylene hypersensitivity syndrome at exposure levels higher than 15 mg/L of urinary trichloroacetic acid, regardless of whether the patients had the HLA-B*13:01 allele(査読付) 共著 2020年 8月 Environ Res 191:109972 トリクロロエチレン曝露により皮膚肝障害発生した患者と遺伝子多型HLA-B*13:01及びトリクロロエチレン曝露量との関連を解析した疫学研究(症例対照研究)。Wang H, Nakajima T, Ito Y, Naito H, Zhao N, Li H, Qiu X, Xia L, Chen J, Wu Q, Li L, Huang H, Yanagiba Y, Qu H, Yatsuya H, Kamijima M.
Trichloroethylene and trichloroethanol induce skin sensitization with focal hepatic necrosis in guinea pigs(査読付) 共著 2020年 8月 J Occup Health 62(1):e12142 モルモットを用いて、トリクロロエチレン及びその代謝物であるトリクロロエタノール、トリクロロ酢酸を遅発性アレルギーの確認のためOECDガイドラインに沿ってモルモットの皮膚に塗布し、皮膚感作性及び肝障害を見た動物実験。Zhao N, Song X, Naito H, Li H, Huang Y, Liu L, Lu F, Cai T, Ito Y, Kamijima M, Huang H, Nakajima T, Wang H.
Positive Association of Physical Activity with Both Objective and Perceived Measures of the Neighborhood Environment among Older Adults: The Aichi Workers' Cohort Study (査読付) 共著 2020年11月 Int J Environ Res Public Health 17(21):E7971 愛知職域コホート研究で、2016年に大都市から地方に住む高齢の日本人居住者の近隣特性(公園、緑地、施設等)と余暇の身体活動(PA)との関連を調べた。地理情報システムを使用した。その結果、PAと関連のある近隣特性での生活は、高齢の日本人成人の余暇のPA習慣に関連していた。
Li Y, Yatsuya H, Hanibuchi T, Ota A, Naito H, Otsuka R, Murata C, Hirakawa Y, Chiang C, Uemura M, Tamakoshi K, Aoyama A.
The antihypertensive agent hydralazine reduced extracellular matrix synthesis and liver fibrosis in nonalcoholic steatohepatitis exacerbated by hypertension(査読付) 共著 2020年12月 PLoS One 15(12):e0243846. 高血圧自然発症ラット(SHR)に高脂肪・高コレステロール飼料(HFC)及び降圧剤ヒドララジンを投与した実験により、降圧剤はHFCにより肝炎・線維化進展を抑制し、その分子メカニズムはTGFβ1、αSMAなどの細胞なシグナル伝達ではなく、膠原繊維の合成溶解に関与するTIMP1、PDGFβRの影響によることを明らかにした。
Yuan Y, Naito H, Kitamori K, Hashimoto S, Asano T, Nakajima T.
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
精巣腫瘍患者の職業性曝露に関する調査検討 2004年 4月 第77回日本産業衛生学会・名古屋 中部地方の某半導体工場の同一部署で3名が連続してセミノーマを発症した。主に職業歴に着目して症例検討を行った研究。セミノーマは建築業では少なく、半導体で多い傾向があった。ポスター発表。
内藤久雄、上島通浩、武林亨、大前和幸、那須民江
日本人男性におけるPPARα遺伝子多型と脂質代謝との関連 2005年 4月 第78回日本産業衛生学会・東京 遺伝子解析研究の同意を得られている某企業の日本人企業従業員男性を対象に、核内受容体の1つであるペルオキシソーム増殖剤活性化受容体(PPAR)αのコード領域のシークエンスを行い、そこで見つかった3つの多型で頻度が一番多かったV227Aと脂質代謝との関連についての発表をした。ポスター発表
内藤久雄、李チュルホ、上島通浩、加藤貴彦、那須民江
有機リン系殺虫剤曝露とPON1遺伝子型がヒト白血球と尿中の8-hydroxydeoxyguanosineレベルに及ぼす影響 2005年 4月 第78回日本産業衛生学会・東京 遺伝子解析研究の同意を得た有機リン系殺虫剤を使用する労働者を対象にPON1遺伝子多型の解析を行った。また、尿中8-OhDGを測定し、遺伝子多型との関連について発表した。ポスター発表。
李チュルホ,上島通浩,柴田英治,上山 純,高木健次,斎藤 勲,五藤雅博,日比初紀,内藤久雄,那須民江
日本人男性におけるPPARα遺伝子多型と飲酒との関連 2005年11月 日本産業衛生学会東海地方会学会・長久手 遺伝子解析研究の同意を得られている某企業の日本人企業従業員男性を対象に、核内受容体の1つであるPPARα-V227A遺伝子多型と飲酒との関連についての発表をした。口頭発表。
内藤久雄、李チュルホ、上島通浩、加藤貴彦、那須民江
日本人男性におけるPPARα遺伝子多型と総コレステロール及び飲酒との関連 2006年 1月 第16回日本疫学会学術総会・名古屋 遺伝子解析研究の同意を得られている某企業の日本人企業従業員男性を対象に、核内受容体の1つであるPPARα-V227A遺伝子多型と総コレステロール値・飲酒との関連について重回帰分析を行った結果の発表をした。口頭発表。
内藤久雄、山ノ下理、李チュルホ、上島通浩、加藤貴彦、那須民江
衛生害虫防除作業者のピレスロイド系殺虫剤尿中代謝産物による曝露評価 2006年 5月 第79回日本産業衛生学会・仙台 害虫駆除などでピレスロイド系殺虫剤を使用する労働者を対象に殺虫剤の尿中代謝物をGC/MSで測定し、実際の曝露量評価を行った結果を発表。ポスター発表。
今井亮太、鈴木隆佳、内藤久雄、李チュルホ、岡村愛、上山純、斎藤勲、上島通浩、五藤雅博、柴田英治、深谷幸生、近藤高明、高木健次
殺虫剤散布作業者集団におけるフェニトロチオン尿中代謝物3-methyl-4-nitorophenolとフェニトロチオン散布との関連 2006年11月 日本産業衛生学会東海地方会学会・岐阜 害虫駆除で有機リン系殺虫剤の1つフェニトロチオンを使用する労働者を対象に殺虫剤の尿中代謝物をGC/MSで測定し、実際の曝露量評価を行った結果を発表。口頭発表。
岡村愛、上島通浩、李チュルホ、内藤久雄、上山純、今井亮太、王棟、柴田英治、五藤雅博、高木健次、近藤高明、深谷幸生、斉藤勲、那須民江
ヒトPPARαを介したプラスチック可塑剤の脂質代謝への影響評価 2007年 3月 第77回日本衛生学会総会 パーフルオロオクタン酸(PFOA)のマウス肝臓におけるPPARαの活性化を検討し、低用量で、活性化される様式を明らかにした。マウスを用いた動物実験。口頭発表。
中村十識、伊藤由起、柳場由絵、中川智彦、森谷隆、内藤久雄、上島通浩、那須民江
PPARA-V227A遺伝子多型と年齢、運動、飲酒によるコレステロール値への影響について 2007年 4月 第80回日本産業衛生学会・大阪 遺伝子解析研究の同意を得られている某企業の日本人企業従業員を対象に、核内受容体の1つであるPPARα-V227A遺伝子多型と年齢・運動・飲酒習慣と脂質代謝について重回帰分析を行った結果の発表をした。ポスター発表。
内藤久雄、上島通浩、山ノ下理、加藤貴彦、那須民江
胸膜肥厚所見を有する建設労働者の職業的石綿曝露歴 2007年 4月 第80回日本産業衛生学会・大阪 愛知県の建設労働者を対象にした研究で、胸部Xp写真の読影結果から胸膜肥厚を有するものをピックアップし、石綿曝露との関係を調査し発表した。ポスター発表。
長谷部哲也、久永直見、上島通浩、柴田英治、内藤久雄、岡村愛、酒井潔、那須民江
衛生害虫防除作業者のピレスロイド系薬剤使用と血中ペルメトリン及び尿中3-フェノキシ安息香酸の定量 2007年 4月 第80回日本産業衛生学会・大阪 殺虫剤散布者のコホート研究における横断調査で、ピレスロイド系殺虫剤散布者の血中ペルメトリン濃度の測定とその代謝物である尿中3-フェノキシ安息香酸をGC/MSで測定した結果を発表した。ポスター発表。
柴田英治、圓藤陽子、上山純、上島通浩、岡村愛、内藤久雄、今井亮太、王棟、高木健次、近藤高明、五藤雅博、深谷幸生、斎藤勲
妊娠マウスのDEHP曝露はPPARαを介して胎仔・新生仔の生存に影響を与える 2009年11月 平成21 年度日本産業衛生学会東海地方会学会・名古屋 妊娠マウスはDEHP曝露により、脂質の栄養不良を引き起こすことが判明しており、PPARαを介してその仔は食餌摂取量が増加することを発表した。口頭発表。
林由美、伊藤由起、王棟、柳場由絵、山岸希、玉田葉月、Ramdhan Doni Hikmat、内藤久雄、那須民江
妊娠マウスのDEHP曝露はPPARαを介して母獣血漿中必須脂肪酸濃度を低下させる 2009年11月 平成21 年度日本産業衛生学会東海地方会学会・名古屋 妊娠マウスにDEHP曝露させ、妊娠マウスの血中脂肪酸プロファイルをGC/MSを用いて解析した研究発表。その結果必須脂肪酸濃度が低下していた。口頭発表。
中島亮輔、林由美、王棟、伊藤由起、Ramdhan Doni Hikmat、内藤久雄、上島通浩、那須民江
高脂肪・高コレステロール食による脂肪肝・炎症・線維化進展とコレステロール動態との関連 2010年 1月 第9 回 分子予防環境医学研究会・東京 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させ肝炎・線維化進展の掲示的変化をコレステロール動態に関連するシグナル伝達メカニズム解析の結果の発表。口頭発表。
内藤久雄、玉田葉月、北森一哉、柳場由絵、植草良輔、王棟、那須民江
DEHP曝露によるPPARαの活性化で妊娠マウスの血漿中必須脂肪酸濃度が低下する 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 妊娠マウスにDEHP曝露させ、妊娠マウスの血中脂肪酸プロファイルをGC/MSを用いて解析した研究発表。その結果必須脂肪酸濃度が低下していた。口頭発表。
中島亮輔, 林由美, 王棟, 伊藤由起, RamdhanDoni Hikat, 内藤久雄, 上島通浩, 那須民江
EPAはHFC食によるSHRSP5/Dmcrラットの肝障害を早期において予防するかもしれない 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食とともにエイコサペンタ塩酸(EPA)を添加したところ、肝障害の程度が軽かった。この時炎症系シグナル経路のmRNA発現低下も認めた。口頭発表。
賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 内藤久雄, 山岸希, 林由美, 植草良輔, 王棟, 那須民江
ディーゼル排気ナノ粒子の海馬ステロイド合成系への影響 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 ディーゼルナノ粒子をマウスに曝露した実験において、脳の海馬のステロイド合成シグナル伝達経路の遺伝子群の発現について定量リアルタイムPCR法によって解析した経過報告。口頭発表。
山岸希, 伊藤由起, HikmatRamdhan Doni, 柳場由絵, 林由美, 内藤久雄, 鈴木明, 井上健一郎, 那須民江
トリクロロエチレン誘発性肝障害におけるPPARα活性の種差による影響について 2010年 5月 第83回日本産業衛生学会学術総会・福井 有機溶剤トリクロロエチレンを曝露したマウスの肝臓において、肝炎の程度がマウスPPARα、ヒトPPARα、PPARnullで異なり、PPARαの活性が小さいほど炎症の程度が低かった。口頭発表。
Ramdhan DH, 上島通浩, 王棟, 伊藤由起, 柳場由絵, 林由美, 内藤久雄, Gonzalez FJ, 那須民江
パーフルオロオクタン酸による肝障害とPPARalphaの関与に関する研究 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 PFOAによる肝障害の程度が、PPARα遺伝子型の異なるマウスで違うことを明らかにした。ポスター発表。
那須民江, 中川智彦, Ramdhan DH, 内藤久雄, 玉田葉月, 伊藤由起, 林由美, 山岸希, 柳場由絵
可塑剤の毒性発現にはPPARαのみならずCARも関与しているかもしれない 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 PPARαのリガンドであるDEHPをマウスに曝露させた実験で、PPARαnullマウスでは核内受容体の1つであるCARの発現が増加していた。またヒトPPARαマウスにおいても同様にCARの発現が高くなっていた。口頭発表。
伊藤由起, 柳場由絵, RamdhanDoni Hikmat, 内藤久雄, 上島通浩, 那須民江
胎生期DEHP曝露による低栄養と生活習慣病リスクとの関連 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 妊娠マウスにDEHP曝露させて、生まれた仔の経過を見た実験。DEHP曝露された妊娠マウスから生まれた仔は、食事摂取量が多く肥満傾向となった。口頭発表。
林由美, 伊藤由起, 柳場由絵, 王棟, 山岸希, 賈小芳, 内藤久雄, 那須民江
非アルコール性脂肪性肝炎の食事療法の効果に関する研究 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させて、肝炎・線維化進展させた後、通常飼料に戻して経過を観察した実験。口頭発表。
玉田葉月, 北森一哉, 内藤久雄, 林由美, 山岸希, 小林身哉, 柳場由絵, 那須民江
高脂肪食によるコレステロール・胆汁酸の体内動態変化と肝線維化進展への影響 2010年 5月 第80回日本衛生学会学術総会・仙台 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させ肝炎・線維化進展の掲示的変化をコレステロール及び胆汁酸動態に関連するシグナル伝達メカニズム解析の結果の発表。口頭発表。
内藤久雄、玉田葉月、植草良輔、北森一哉、柳場由絵、王棟、那須民江
高脂肪食による肝炎・繊維化進展におけるコレステロール・胆汁酸の合成・代謝・排泄に関わる核内受容体及び薬物トランスポーターの発現低下 2010年 5月 第83回日本産業衛生学会学術総会・福井 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させた肝臓サンプルを用いて、液体クロマトグラフ装置で、グルクロン酸抱合に関与するUGT活性を測定した結果報告。ポスター発表。
柳場由絵, 内藤久雄, 王棟, 那須民江
Di(2-ethylhexl) phthalate may cause reproductive and developmental toxicity through PPARalpha 2010年 7月 The XII International Congress of Toxicology, Barcelona-Spain 妊娠マウスにDEHP曝露すると、仔の食事摂取量が増加し、PPARαの活性化と関連があることを明らかにした。国際学会。ポスター発表。
Hayashi Y, Ito Y, Yanagiba Y, Wang D, Yamagishi N, Tamada H, Naito H, Nakajima T
Diffrential response to trichloroethylene-induced hepatosteatosis in wild-type and PPARA-humanaized mice 2010年 7月 The XII International Congress of Toxicology, Barcelona-Spain 有機溶剤トリクロロエチレンを曝露したマウスの肝臓において、肝炎の程度がマウスPPARα、ヒトPPARα、PPARnullで異なり、PPARαの活性が小さいほど炎症の程度が低かった。国際学会。ポスター発表。
Ramdhan DH, Kamijima M, Wang D, Ito Y, Yanagiba Y, Hayashi Y, Naito H, Gonzalez FJ, Nakajima T
2系統のラットを用いた高脂肪食による肝炎・線維化進展に関連するコレステロール・胆汁酸動態の解析 2010年11月 平成22年度日本産業衛生学会東海地方会学会・浜松 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。口頭発表。
内藤久雄, 賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 柳場由江, 植草良輔, 王棟, 那須民江
Apoptosis and necrosis in relation to liver fibrosis in SHRSP5/Dmcr rats fed high-fat-cholesterol (HFC) diet and EPA effects 2011年 1月 第10回分子予防環境医学研究会・京都 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させたとき、アポトーシス関連の病態メカニズムの解析を行った。その結果、高脂肪食摂取によりアポトーシス関連の発現は肝線維化進展に伴い低下した。口頭発表。
Yetti H, Naito H, Jia X, Tamada H, Kitamori K, Shindo M, Taki H, Wang J, Nakajima T
Molecular analysis for preventive effects of eicosapentaenoic acid supplementation on high-fat and high-cholesterol diet-induced hepatic change in SHRSP5/Dmcr rats 2011年 1月 第10回分子予防環境医学研究会・京都 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食とともにエイコサペンタ塩酸を摂取させると肝炎・線維化進展に関与する炎症シグナルの発現抑制を認めた。口頭発表。
Jia X, Naito H, Yetti H, Wang J, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Nakajima T
DEHP曝露の雌雄マウス生殖器への影響 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) マウスにDEHPを曝露させて、精巣及び卵巣のステロイド合成関連シグナル伝達経路についてmRNA解析した研究。
山岸希, 林由美, 王棟, 伊藤由起, Doni Hikmat Ramdhan, 内藤久雄, 那須民江
Effect of EPA on KLF6 and its related gene expressions in high-fat and -cholesterol -fed SHRSP5/Dmcr rats 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食にエイコサペンタエン酸(EPA)を摂取させると炎症が抑制されたが、NFkBシグナル経路以外の探索を行い、KLF6を介した経路の影響を調べた。
Wang J, Naito H, Jia X, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Nakajima T
Molecular signaling of high-fat-cholesterol (HFC) diet-induced apoptosis and necrosis in relation to the liver fibrosis progression in SHRSP5/Dmcr male rats 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させたとき、アポトーシス関連の病態メカニズムの解析を行った。その結果、高脂肪食摂取によりアポトーシス関連の発現は肝線維化進展に伴い低下した。
Yetti H, Naito H, Jia X, Tamada H, Kitamori K, Shindo M, Taki H, Wang J, Nakajima T
PPARαとDEHPの動態に関する研究 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) DEHPをマウスに摂取させた動物実験。マウスの肝臓を用いて、DEHPの代謝物であるMEHPをGS/MSで測定し、その制御因子である核内受容体PPARαとの関連を検討した。
田川雅大, 林由美, 山岸希, 中島亮輔, 伊藤由起, 内藤久雄, 那須民江
Preventive effects of eicosapentaenoic acid supplementation on high-fat and high-cholesterol diet-induced hepatic damage in SHRSP5/Dmcr rats. 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食とともにエイコサペンタ塩酸を摂取させると肝炎・線維化進展に関与する炎症シグナルの発現抑制を認めた。口頭発表。
Jia X, Naito H, Yetti H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Wang J, Nakajima T
妊娠期DEHP曝露による母獣の血漿中トリグリセライド減少メカニズム 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) 妊娠マウスにDEHP曝露すると、仔の食事摂取量が増加し、PPARαの活性化と関連があることを明らかにした。
林由美, 山岸希, 伊藤由起, 内藤久雄, 那須民江
高脂肪食摂取による肝炎・線維化進展と胆汁酸動態関連遺伝子発現との関連 2011年 3月 第81回 日本衛生学会学術総会・東京(誌上開催) NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関するmRNA発現の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。口頭発表。
内藤久雄, 賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 柳場由絵, 新藤守孝, 植草良輔, 王棟, 那須民江
一般生活者集団における子どもとその親の尿中殺虫剤代謝物濃度の比較 2011年 5月 第84回日本産業衛生学会学術総会・東京 一般家庭における子供がどの程度殺虫剤曝露をしているかを検討するために尿サンプルを集め、その母親の尿サンプルとどの程度違うかを比較検討した。ピレスロイド系殺虫剤の尿中代謝物をGC/MSで測定して検討した。ポスター発表。
王棟, 上島通浩, 上山純, 内藤久雄, 伊藤由起, 那須民江
高脂肪・高コレステロール飼料摂取による肝炎・線維化発症モデルラット(SHRSP5/Dmcr)における胆汁酸の肝臓内蓄積と線維化発症との関連 2011年 5月 第84回日本産業衛生学会学術総会・東京 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関するmRNA発現の低下が、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。ポスター発表。
内藤久雄, 新藤守孝, 賈小芳, 北森一哉, 玉田葉月, 林由美, 山岸希, 那須民江
A Novel Mechanism of Eicosapentaenoic Acid Supplementation for Preventing High-fat and High-cholesterol Diet-induced Fibrosis in SHRSP5/Dmcr Rats 2011年11月 The Nine JSH Single Topic Conference, Tokyo-Japan NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食とともにエイコサペンタ塩酸を摂取させると肝炎・線維化進展に関与する炎症シグナルの発現抑制を認めた。国際学会。ポスター発表。
Jia X, Naito H, Tamada H, Kitamori K, Hayashi Y, Yamagishi N, Wang D, Yetti H, Yamori Y, Nakajima T.
Differential Response to High-fat and High-cholesterol Diet-induced Hepatic Fibrogenesis in SHRSP5/Dmcr and SHRSP Rats. 2011年11月 The Nine JSH Single Topic Conference, Tokyo-Japan NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関するmRNA発現の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。国際学会。ポスター発表。
Naito H, Jia X, Tamada H, Kitamori K, Uekusa R, Yanagiba Y, Wang D, Husna Y, Yamori Y, Nakajima T
Time-dependent Analyses of Molecular Mechanisms During Liver Fibrosis Progression in Arterio Lipidosis-prone Rats (SHRSP/5Dmcr strain) Fed High Fat and Cholesterol Diet 2011年11月 The Nine JSH Single Topic Conference, Tokyo-Japan 高脂肪食による非アルコール性脂肪性肝炎進展モデルラットSHRSP5/Dmcrの脂肪化、肝炎、線維化の分子基盤解析をした。経時的な炎症・線維化シグナル経路の遺伝子・蛋白発現量を測定した。国際学会・ポスター発表。
Moriya T, Kitamori K, Naito H, Ito Y, Yanagiba Y, Tamada H, Yamagishi N, Tsuchikura S, Yamori Y, Nakajima T
EPAは高脂肪食による胆汁酸のグルクロン酸、硫酸抱合の低下を抑制する 2012年 3月 第82回日本衛生学会学術総会・京都 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食及びEPAを添加した飼料を2, 8, 14週間摂取させて比較した実験。肝臓へのコレステロールを取り込む受容体LDL-RやLRP1やコレステロール合成に関与するHMG-CoARの発現は低下し、逆にグルクロン酸・硫酸抱合された胆汁酸の排泄に関与するMRP3の発現は亢進していた。
Jia X, 内藤久雄, Husna Yetti, 玉田葉月, 北森一哉, 林由美, 王棟, 柳場由絵, 王軍彩, 那須民江
SHRSP5/Dmcrラットの脂肪摂取量と脂肪肝・肝炎・線維化との関連性 2012年 3月 第82回日本衛生学会学術総会・京都 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食と通常飼料の配合に傾斜配分した飼料を8週間させた動物実験。コレステロール含有量が多いほど、肝炎・線維化が強くでており、血清AST、ALTの値も増加した。
滝仁志, 内藤久雄, 新藤守孝, 北森一哉, 玉田葉月, 林由美, 那須民江
高脂肪食摂取による2系統ラットの線維化進展の差は各々の胆汁酸排泄の違いと関連する 2012年 3月 第82回日本衛生学会学術総会・京都 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関する蛋白発現の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。
内藤久雄, 新藤守孝, 日比野優衣, 賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 林由美, 那須民江
モルモットを用いたトリクロロエチレンによる皮膚・肝障害のメカニズム解析 2012年 5月 第85回日本産業衛生学会学術総会・名古屋 OECDガイドラインに沿った4型アレルギーの評価手法を用いて、モルモットにトリクロロエチレンを皮下投与した後、パッチテストを行った実験。肝臓の一部にリンパ球浸潤による壊死層が認められた。口頭発表。
内藤久雄, 新藤守孝, 日比野優衣, 賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 林由美, 那須民江
高脂肪・高コレステロール食により誘導されるSHRSP5/Dmcrラット肝障害の性差 2013年 3月 第83回日本衛生学会学術総会・金沢 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrの雌雄を比較した動物実験。性差のあった胆汁酸合成関連蛋白でCYP8B1とCYP27A1は雌で高値であった。CYP8B1は毒性の低いコール酸の合成に関与しており、CYP27A1もまた胆汁酸合成を促進させる機能があり、肝臓内のコレステロール蓄積や傷害を雌では低くなっていることが考えられた。
Yetti H, 内藤久雄, Jia X, 玉田葉月, 北森一哉, 林由美, 那須民江
高脂肪食摂取による2系統ラットの肝線維化進展の差は胆汁酸組成の変化が関連する 2013年 3月 第83回日本衛生学会学術総会・金沢 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関する蛋白発現の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。口頭発表。
内藤久雄, 鈴木雄大, 金子理奈, 賈小芳, 玉田葉月, 北森一哉, 石井晃, 那須民江
高脂肪食摂取によるラット肝炎・線維化は肝臓内の特定の胆汁酸の蓄積と関係がある 2013年 3月 第83回日本衛生学会学術総会・金沢 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させた動物実験。肝臓内の胆汁酸をLC/MSで測定し、その結果胆汁酸で毒性の高いケノデオキシコール酸(CDCA)の比率が毒性のひくいコール酸(CA)に比べ高くなっており、肝臓内の胆汁酸の傷害性が高くなっていたことが壊死・線維化に進展したことが推察された。口頭発表。
Jia X, 鈴木雄大, 内藤久雄, Yetti H, 北森一哉, 林由美, 金子理奈, 石井晃, 那須民江
Not only Trichloroethylene but also Trichloroethanol May Have Sensitizing Potential in Guinea Pig 2013年 7月 The XIII Intenational Congress of Toxicology, Seoul-Korea OECDガイドラインに沿った4型アレルギーの評価手法(感作性試験)を用いて、モルモットにトリクロロエチレン及びその代謝物を塗布した実験。その結果代謝物のトリクロロエタノールにおいても皮膚感作性が認められた。国際学会。ポスター発表。
Naito H, Hibino Y, Zhao N, Li H, Song X, Liu L, Huang Y, Wang H, Ito Y, Kamijima M, Nakajima T
高脂肪・高コレステロール食による胆汁酸動態に関わる遺伝子変化と肝線維症進展 2013年 9月 第49回高血圧関連疾患モデル学会・東京 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrとその系統元SHRSPに高脂肪食を摂取させ、肝炎・線維化進展メカニズムの解析をした。その結果、胆汁酸動態に関するmRNA発現の違いが、線維化進展に影響を与えたことを明らかにした。口頭発表。
内藤久雄, 賈小芳, HUSNA Yetti, 北森一哉, 玉田葉月, 家森幸男, 那須民江
高脂肪食摂取による肝臓線維化進展の性差の原因は胆汁酸動態の差異にある 2014年 5月 第84回日本衛生学会学術総会・岡山 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させて肝線維化進展メカニズムの性差の違いを解析した。その結果、胆汁酸解毒に関与する核内受容体の発現量変化が肝線維化進展に関与していることを明らかにした。口頭発表。
内藤久雄、Yetti Husna、賈小芳、玉田葉月、北森一哉、林由美、加藤昌志、那須民江
血圧が高脂肪食摂取による肝線維化進展に影響を与えるかもしれない 2015年 3月 第85回日本衛生学会学術総会 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcr及びその系統元である高血圧ラットSHR、正常血圧ラットWKYに高脂肪食を摂取させたところ、通常血圧のWKYでは肝線維化を認めなかったことから、高血圧の関与が肝線維化進展に重要な役割を果たしているかもしれない。口頭発表。
内藤久雄、賈小芳、Yetti Husna、北森一哉、林由美、加藤昌志、那須民江
コレステロールの量依存的に誘発される肝炎・肝線維症 2015年10月 第43回産業中毒・生物学的モニタリング研究会・南知多 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食の比率を変化させた餌を摂取させ、コレステロール用量依存的な変化がないかを検討した。その時コントロール飼料に含まれるコレステロール含有量も測定し、検討した。口頭発表。
内藤久雄、滝仁志、橋本沙幸、賈小芳、新藤守孝、北森一哉、玉田葉月、那須民江
高脂肪食摂取による肝炎・線維症進展におけるオートファジーの関与 2015年10月 第51回高血圧関連疾患モデル学会・大阪 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させた肝臓を用いて、肝炎線維化進展とオートファジー関連蛋白の発現量の比較の検討を行った。口頭発表。
内藤久雄、吉川由貴、北森一哉、那須民江
高脂肪食摂取による肝線維化進展とオートファジー・小胞体ストレ ス 2016年 5月 第86回日本衛生学会学術総会・旭川 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食を摂取させた肝臓を用いて、肝炎線維化進展とオートファジー関連蛋白の発現量の比較の検討を行った。その結果、オートファジー関連蛋白の誘導が認められたが、小胞体ストレス関連蛋白の発現低下によりオートファジープロセスが阻害されていることを明らかにした。
内藤久雄、吉川由貴、北森一哉、八谷寛、那須民江
解毒酵素の発現抑制が食餌性由来肝線維化進展に重要である 2017年 3月 第87回日本衛生学会学術総会・宮崎 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcr及び系統元のSHR、WKYに高脂肪食を摂取させ、肝炎線維化進展メカニズムの比較を行った結果、胆汁酸解毒酵素SULTやUGT関連遺伝子の発現量が重度な肝線維化進展を示したSHRSP5/Dmcrで低下した。口頭発表。
内藤久雄、Xiaofang Jia、北森一哉、袁媛、八谷寛、那須民江
降圧剤は高脂肪・高コレステロール食で誘導される脂肪性肝炎の進行を抑える 2017年 3月 第87回日本衛生学会学術総会・宮崎 高血圧ラットSHRに高脂肪食及び降圧剤を投与した動物実験。高脂肪食により、肝線維かは降圧剤投与群でも認められたが、組織画像から測定した線維化量は減少しており、同時に炎症・線維化マーカーや肝機能値も低くなっていた。
袁媛, 内藤久雄, 北森一哉, 橋本沙幸, 那須民江
高血圧及び高脂肪食摂取はラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を増加させる 2018年 3月 第88回日本衛生学会学術総会・東京 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcr及びその系統元SHR、WKYに高脂肪食を摂取させた肝臓サンプルからDNA抽出をして、Cyp7a1遺伝子プロモーター領域のメチル化頻度解析を行った。その結果、肝線維化とメチル化頻度に相関が認められた。口頭発表。
内藤久雄、三宅邦夫、袁媛、橋本沙幸、北森一哉、八谷寛、那須民江
降圧剤の投与は高血圧ラット肝臓Cyp7a1プロモーターのメチル化頻度を低下させる 2018年 5月 第91回日本産業衛生学会学術総会・熊本 高血圧自然発症ラット(SHR)に高脂肪食及び降圧剤を投与した実験を行い、その肝臓からDNAを抽出し、Cyp7a1遺伝子プロモーター領域のメチル化頻度を測定した。その結果、高脂肪食摂取や血圧とメチル化頻度に相関が認められた。口頭発表。
内藤久雄, 三宅邦夫, 袁媛, 橋本沙幸, 浅野友美, 北森一哉, 八谷寛, 那須民江
降圧剤による非アルコール性脂肪性肝炎抑制とそのメカニズム 2018年12月 第54回高血圧関連疾患モデル学会・熊本 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcr及び系統元の高血圧ラットSHRに高脂肪食及び降圧剤を投与した動物実験。降圧剤投与により高脂肪食により誘導されたNASH発症を抑制することが、病理組織所見、炎症・線維化マーカーから判明した。ポスター発表。
那須民江、袁援、内藤久雄、北森一哉、橋本沙幸
高血圧因子及び高脂肪食摂取がラット肝臓Cyp7a1プロモーター領域のDNAメチル化頻度を増加させる 2018年12月 第54回高血圧関連疾患モデル学会・熊本 NASHモデルラットSHRSP5/Dmcr及びその系統元SHR、WKYに高脂肪食を摂取させた肝臓サンプルからDNA抽出をして、Cyp7a1遺伝子プロモーター領域のメチル化頻度解析を行った。その結果、肝線維化とメチル化頻度に相関が認められた。同時に系統間の血圧の違いとメチル化頻度の違いも認められた。ポスター発表。
内藤久雄、三宅邦夫、袁援、橋本沙幸、北森一哉、八谷寛、那須民江
高血圧ラットは肝臓Cyp7a1 promoterメチル化頻度が高く、降圧剤投与で一部低下する 2019年 2月 第89回日本衛生学会学術総会・名古屋 高血圧自然発症ラット(SHR)に高脂肪食及び降圧剤を投与した実験を行い、その肝臓からDNAを抽出し、Cyp7a1遺伝子プロモーター領域のメチル化頻度を測定した。その結果、高脂肪食摂取や血圧とメチル化頻度に相関が認められた。ポスター発表。
内藤久雄、三宅邦夫、橋本沙幸、浅野友美、北森一哉、八谷寛、那須民江
降圧薬ヒドララジンは高脂肪食摂取した高血圧ラットの肝線維化を抑制する 2020年 3月 第90回日本衛生学会学術総会・盛岡(誌上開催) NASHモデルラットに高脂肪食及び降圧剤(ヒドララジン)投与による肝線維化進展抑制効果の研究。
内藤久雄、袁媛、北森一哉、橋本沙幸、浅野友美、八谷寛、那須民江
ウルソデオキシコール酸添加による高脂肪食誘導性肝炎・線維化の軽減作用 2020年 5月 第93回日本産業衛生学会学術総会・旭川(誌上開催) NASHモデルラットSHRSP5/Dmcrに高脂肪食及び胆汁酸の1つであるウルソデオキシコール酸(ウルソ9を添加した実験を行い、ウルソによる肝線維化進展抑制効果の解析を行った研究。
内藤久雄、北森一哉、橋本沙幸、浅野友美、八谷寛、那須民江
高脂肪食摂取SHRにおける降圧剤投与と肝線維化進展抑制効果 2020年11月 第56回高血圧関連疾患モデル学会学術総会 若手シンポジウム/今日、このメンバーだからこそできる高血圧の深論 ~ここから未来が変わる~。高血圧自然発症ラットにおける高脂肪・高コレステロール摂取による肝炎線維化進展を降圧剤ヒドララジンが抑制したことにについての発表。
内藤久雄、袁媛、北森一哉、橋本沙幸、浅野友美、那須民江
Top of page

報告書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
直線加速度負荷装置を用いた自己運動知覚(self-motion perception)の研究(1) -前後方向の運動における位置感覚の測定 共著 1996年 環境医学研究所年報(47);16-19 名古屋大学環境医学研究所(宇宙医学)において、磁石の上に浮上する機器を用いて、眼球運動など神経伝導速度の測定を行った研究。医学部4年生の時に研究室配属になり研究を行った。
和田佳郎、田中正文、渡邉悟、森滋夫、山本将之、内藤久雄、前田真男、梶谷信之
コレステロール排泄を標的としたNASH進展メカニズムの解明と早期バイオマーカーの探索及び新たな予防・治療法の開発 単著 2011年 上原記念生命科学財団研究報告集 上原記念生命科学財団平成21年度研究奨励金の報告書。SHRSP5/Dmcrラットとその系統元のSHRSPを比較した研究で、胆汁酸動態に関与するシグナル伝達メカニズムの違いにより、肝線維化進展が異なることを明らかにした。
Top of page

総説

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
“Hypothesis of Seven Balances”: Molecular mechanisms behind alcoholic liver diseases and association with PPARα(査読付) 共著 2009年 8月 J Occup Health 51(5):391-403 アルコール性肝障害の発症機序をまとめた総説である。酸化ストレス、代謝物の生成等7項目のバランスによることをまとめた。英文総説論文。
Moriya T, Naito H, Ito Y, Nakajima T
非アルコール性脂肪性肝炎発症・進展の機序解明と予防―新しい NASH モデル動物からのアプローチ―(査読付) 共著 2014年 5月 日本衛生学雑誌 70(3):197-204 非アルコール性脂肪性肝炎における肝炎・線維化進展の分子メカニズムについてまとめたものである。日本語総説論文。ラットを用いた動物実験。日本衛生学会学会賞受賞口演(那須民江)をまとめたものでもある。
那須民江、内藤久雄
Top of page

Correspondence

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Commentary to Krishna et al. (2014): brain deposition and neurotoxicity of manganese in adult mice exposed via the drinking water.(査読付) 共著 2014年 5月 Arch Toxicol 88(5):1185-6 掲載された原著論文(Krishna et al.)に対するコメント(correspondence)。主にマンガンの神経毒性に対しての質問となっている。Krishnaらはマウスにマンガンを摂取させた実験を行い、神経行動学的欠陥を認めたと報告したが、バングラデシュの井戸水のマンガン濃度は実験で使用した摂取濃度に比べ低いことを報告。
Kumasaka MY, Yajima I, Ohgami N, Naito H, Omata Y, Kato M.
Top of page

寄稿

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
SHRSP5/Dmcrの高脂肪・高コレステロール飼料による 肝線維化進展時の胆汁酸動態の変化 共著 2014年 6月 SHR等疾患モデル共同研究会NEWS LETTER No.46 SHRSP5/Dmcrラットの肝臓の胆汁酸結果の紹介。高脂肪・高コレステロール食を摂取したラットでは肝線維化が進展し、毛のデオキシコール酸/コール酸比の増加、ウルソデオキシコール酸の減少などを認めた。
内藤久雄、那須民江
Top of page

Response to the letter

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Response to the letter to the editor: Metallothionein MT2A A-5G polymorphism and the risk for chronic kidney disease and diabetes.(査読付) 共著 2016年10月 Toxicol Sci pii: kfw205 掲載論文に対する質問に対する返答。喫煙と慢性腎臓病との関連が逆相関であったこと、糖尿病と飲酒との間に逆相関があったことについての質問。喫煙と慢性腎臓病リスクとの関連については、コメの摂取は日本人のカドミウムの主要な摂取源のため、喫煙との関連において血清カドミウム濃度で調整した。
Hattori Y, Naito M, Satoh M, Nakatochi M, Naito H, Kato M, Takagi S, Matsunaga T, Seiki T, Sasakabe T, Suma S, Kawai S, Okada R, Hishida A, Hamajima N, Wakai K.
Top of page

許容濃度等の提案

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Occupational exposure limits for ethylene glycol monobutyl ether, isoprene, isopropyl acetate and propyleneimine, and classifications on carcinogenicity, occupational sensitizer and reproductive toxicant. 共著 2017年 7月 J Occup Health 59(4):364-366 日本産業衛生学会の許容濃度等委員会の勧告。Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health
Occupational Exposure Limits for ethylidene norbornene, ethyleneimine, benomyl, and 2, 3-epoxypropyl methacrylate, and classifications on carcinogenicity. 共著 2018年 7月 J Occup Health 60(4):333-335 日本産業衛生学会の許容濃度等委員会の勧告。Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health
Occupational exposure limits for cumene, 2, 4-dichlorophenoxy acetic acid, silicon carbide whisker, benzyl alcohol, and methylamine, and carcinogenicity, occupational sensitizer, and reproductive toxicant classifications. 共著 2019年 7月 J Occup Health 61(4):328-330 日本産業衛生学会の許容濃度等委員会の勧告。Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health.
Top of page

許容濃度の提案

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Occupational exposure limits for ethyl benzene, dimethyl terephthalate and hydrogen fluoride, and carcinogenicity and reproductive toxicant classifications 共著 2020年 8月 J Occup Health 日本産業衛生学会の許容濃度等委員会の勧告。The Committee for Recommendation of Occupational Exposure Limits, Japan Society for Occupational Health
Top of page