金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナサワダ ヒトシ
ローマ字SAWADA Hitoshi
氏名澤田 均
学位薬学博士〔北海道大学大学院〕 
所属生活環境学部 / 食環境栄養学科
職名教授
所属学会日本動物学会 日本発生生物学会 日本生化学会 日本分子生物学会 日本栄養・食糧学会 
専門分野薬学 生物科学 生物分子科学   
研究課題ホヤの生殖機構に関する研究 ホヤの可食部に関する栄養学的研究  

学会及び社会における活動等

開始年月 活動内容 終了年月
Zygote, Asian Pacific Editor
Molecular Reproduction and Development, Advisory Board Member
Zoological Letters, Editorial Board Member
Top of page

受賞歴

受賞年月 受賞名
1994年10月 持田記念医学薬学振興財団 研究奨励賞
2014年 9月 日本動物学会 学会賞
2017年 7月 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
Top of page

著書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
「酵素ハンドブック(上代淑人,徳重正信,八木達彦,一島英治編集)」 共著 1982年12月 朝倉書店 「アクロシン」、「エラスターゼ」の解説を執筆担当。P549-P550, 総頁数874(沢田均・石井信一他 著者総数239人)
Advances in Invertebrate Reproduction (M. Hoshi and O. Yamashita, eds.), Vol. 5 共著 1991年 1月 Elsevier 「Sperm penetration through the vitelline coat in ascidian.」の章を担当。ホヤ精子の卵膜通過機構を解説。P111-P116, 総頁数604 (Sawada, H.他 著者総数164人)
Intracellular Protein Metabolism (Advances in Experimental Medicine and Biology 389) (K. Suzuki, and J.S. Bond, eds.) 共著 1996年 8月 Plenum 「Physiological functions of proteasomes in ascidian fertilization and embryonic cell cycle.」の章を担当。ホヤの受精と胚の細胞分裂におけるプロテアソームの役割を解説。P229-P232, 総頁数306, (Sawada, H., Kawahara, H., Saitoh, Y., and Yokosawa, H.ほか)
Proteolysis in Cell Functions (Biomedical Health Research Vol. 13) (V. K. Hopsu-Havu ed.) 共著 1997年 1月 IOS Press 「Production and characterization of monoclonal antibodies specific to regulatory subunits of 26S proteasome 」の章を担当, P34-P37(Hanai, M., Nyoumura, K., Yokosawa, H., and Sawada, H.):「Proteasome inhibitors block germinal vesicle breakdown in starfish oocytes.」の章を担当, P411-P417 (Takagi Sawada, M., Kyozuka, K., Izumi, K., and Sawada, H.)、総頁数576、総著者数295人
ホヤの生物学(佐藤矩行編) 共著 1998年11月 東京大学出版会 「第2章: 生殖細胞の形成と受精」の章を執筆担当。ホヤの生殖細胞の形成機構、並びに受精機構についての解説。ホヤは雌雄同体でありながら自家受精しない種が多く知られており、その機構について知見を紹介。また精子が卵膜を分解する機構も解説。P25-P40, 総頁数258(沢田均他 著者総数18人)
The Biology of Ascidians (H. Sawada, H. Yokosawa, and C. C. Lambert, eds.) 共著 2001年 5月 Springer-Verlag, Tokyo 「Self-nonself recognition and lysin-system in fertilization of the ascidian Halocynthia roretzi.」の章を執筆担当。マボヤにの自家不和合機構とライシン系に関する総説。P18-P23, 「Ascidian sperm acrosin and spermosin: Structures and possible roles in fertilization.」の章を担当。マボヤ精子アクロシンとスペルモシンの受精における役割を解説。P54-P59, 総頁数470 (Sawada, H.他 著者総数161人) 
Echinoderms 2000 (M. Baker, ed.) 共著 2001年 6月 Swets & Zeitlinger, Lisse 「Phosphorylation of 64-kDa and 96-kDa proteins by the signaling pathway induced by 1-methyladenine in starfish oocytes.」の章を担当。(Morinaga, C., Izumi, K., Takagi Sawada, M., and Sawada, H.)P195-P199:「High concentration of maturation-inducing hormone accelerates the activation of maturation promoting factor but not germinal vesicle breakdown in starfish oocytes. 」の章を担当。(Takagi Sawada, M., Morinaga, C., Izumi, K., and Sawada, H. )P205. Swets & Zeitlinger, Lisse, 総頁数620, 総著者数365人
New Impact on Protein Modifications in the Regulation of Reproductive System. (T. Tokumoto, ed.) 共著 2005年 Research Signpost, Kerala, India 「Modification of ascidian fertilization related gamete proteins by ubiquitination, proteolysis, and glycosylation.」の章を担当。ホヤの受精時の配偶子タンパク質の修飾に関する総説。P61-P81, 総頁数167, (Sawada, H., Akasaka, M., Yokota, N., and Sakai, N.他 著者総数19人) 
精子学(監修:星元紀、編集:森沢正昭、岡部勝、星和彦、毛利秀雄) 共著 2006年 7月 東京大学出版会 「受精におけるプロテアソーム」の章を執筆担当。受精の際、精子が卵膜に精子通過孔を開けて卵膜を通過するが、そこに精子プロテアソームが関与することが知られている。ここではプロテアソームの構造と機能を詳しく解説した。P147-P152、総頁数489, (澤田均他 著者総数55人) 
Sperm Cell Research in the 21st Century: Historical Discoveries to New Horizons. (M. Morisawa ed.) 共著 2012年 Adthree Publishing Co. 「Allorecogntion mechanisms in ascidian fertilization: A reproduction strategy shared with flowering plants.」の章を担当。P202-P207, 総頁数239 (Sawada, H., Saito, T., Yamaguchi, A., Harada, Y., and Yamada, L.他 著者総数87人)
Handbook of Proteolytic Enzymes (N. D. Rawlings, G. Salvesen, eds.) Third Edition 共著 2013年 Elsevier-Academic Press, Amsterdam 「Spermosin」の章を担当。スペルモシンの性質を詳述。P2738-P2740, 総頁数3932, (Sawada, H.他 著者総数1120人)
Sexual Reproduction in Animals and Plants (H. Sawada, N. Inoue, M. Iwano, eds) 共著 2014年 2月 Springer 「Allorecogntion and lysine systems during ascidian fertilization.」の章を執筆担当。P231-P244 (Sawada, H., Yamamoto, K., Otsuka, K., Saito, T., Yamaguchi, A., Mino, M., Harada, Y., and Yamada, L.):「Novel isoform of vitellogenin expressed in eggs is a binding partner of the sperm proteases, HrProacrosin and HrSpermosin.」の章を担当。P131-P139(Akasaka, M., Kato, K. H., Kitajima, K., and Sawada, H.)、総頁数480 、著者総数114人
動植物の受精学:共通機構と多様性(澤田均編) 共著 2014年 4月 化学同人 「動物と植物の受精機構—その多様性と共通性」の章を執筆担当。本書全体の序章的内容で、最近注目されている動植物に共通する生殖機構の例と多様性に関しての概要解説。 P15-P31:「原索動物(ホヤ)の受精」の章を執筆担当。ホヤの生殖機構に関する詳細をまとめた総説。P167-P184、総頁数332 (澤田均他 著者総数38人)
Posttranslational Protein Modifications in the Reproductive System (Advances in Experimental Medicine and Biology Book 759) (P. Sutovsky ed.) 共著 2014年 7月 Springer 「Sperm proteases and extracellular ubiquitin-proteasome system involved in fertilization of ascidians and sea urchins. 」の章を執筆担当。 P1-P11, 総頁数264 (Sawada, H., Mino, M., and Akasaka, M.他 著者総数20人)
Reproductive and Developmental Strategies: The Continuity of Life (Y. Iwao, S. Kobayashi eds.) 共著 2018年 6月 Springer 「第23章 Ascidian sexual reproductive strategies: Mechanisms of sperm-egg interaction and self-sterility.」の章を執筆担当。ホヤの生殖戦略について総括した総説。P479-P497、総頁数784 (Sawada H., Nakazawa, S., and Shirai-Kurabayashi, M.他 著者総数72人)
動物学の百科事典(日本動物学会編) 共著 2018年 8月 丸善 「受精」の章を執筆担当。本書は、動物の歴史、動物の多様性 P344-P347、総頁数800 (章執筆者:澤田均他 著者総数308人)
Reproduction in Aquatic Animals: From Basic Biology to Aquaculture Technology (Eds. Yoshida, M., Asturiano J. F.) 共著 2019年 Springer 第9章「Self- and nonself-recognition of gametes in ascidians.」の章を執筆担当。( P179-P192、総頁数596) (章担当:Sawada, H. and Shirae-Kurabayashi, M.)
Japanese Marine Life: A Practical Training Guide in Marine BIology (Eds. Inaba, K., Hall-Spencer, J. M.) 共著 2020年 Springer 第9章「Gametes and Fertilization.」を執筆担当。 P93-P107、総頁数367 (Inaba, K., Sawada, H., Yoshida, M., Shiba, K., and Shirae-Kurabayashi, M.他)
Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Evidence for participation of sperm proteinases in fertilization of the solitary ascidian, Halocynthia roretzi: Effects of protease inhibitors. 共著 1981年 Developmental Biology 86(1), 117-121. マボヤの受精に及ぼす各種プロテアーゼ阻害剤の影響を解析した。ロイペプチンで阻害されるトリプシン様酵素とキモスタチンで阻害されるキモトリプシン様酵素が。精子の卵膜通貨に関与することを示した。阻害剤の影響について再現性の確認を行った。実験結果の再現性を確認。 (Hoshi, M., Numakunai, T., and Sawada, H.)
Lytic enzyme produced by Pseudomonas aeruginosa concomitantly with bacteriophage PS17. Purification, characterization, and comparison with PR1-lysozyme. 共著 1981年 Journal of Biochemistry 89(1), 275-284. 緑膿菌のバクテリオファージPS17は、緑膿菌のバクテリオシンであるピオシンRと免疫学的に近縁関係にある。ここでは、バクテリオファージPS17の溶菌酵素を精製し、ピオシンR1の産生する溶菌酵素との酵素学的性質の比較を行った。本研究によって、溶菌酵素の面からも両者の類似性が示された。実験と論文執筆を担当。(Sawada, H., Azegami, M., and Ishii, S.)
Evidence for acrosin-like enzyme in sperm extract and its involvement in fertilization of the ascidian, Halocynthia roretzi. 共著 1982年 Gamete Research 5(3), 291-301. マボヤの受精に関与する精子アクロシン様酵素を探索し、活性を検出した。また、その酵素の酵素学的性質を調べた。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。博士論文の一部となっている。(Sawada, H., Yokosawa, H., Hoshi, M., and Ishii, S.)
Galactose specific lectin in the hemolymph of solitary ascidian, Halocynthia roretzi: Isolation and characterization. 共著 1982年 Biochemical and. Biophysical Research Communications 107(2), 451-457. マボヤ体液中のガラクトース特異的レクチンを精製し性状解析を行った。実験の一部の担当。(Yokosawa, H., Sawada, H., Abe, Y., Numakunai, T., and Ishii, S. )
Participation of sperm proteases in fertilization of the solitary ascidian, Halocynthia roretzi. 共著 1982年 Cell Differentiation 11, 261-262. マボヤ精子プロテアーゼが受精に関与することを示した。国際学会のプロシーディングス。(Hoshi, M., Numakunai, T., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Ascidian sperm chymotrypsin-like enzyme; Participation in fertilization. 共著 1983年 Experientia 39(4), 377-378. マボヤの受精に関与する精子キモトリプシン様酵素を同定することを目的として、各種発蛍光性ペプチド基質を合成し、受精阻害実験をおこなった。その結果、Su-Leu-Leu-Val-Tyr-MCAがマボヤの受精を最も強く阻害することを発見した。この基質を分解するキモトリプシン様酵素が受精に関与すると考えられる。実験計画、遂行、論文執筆を担当。博士論文の一部。(Sawada, H., Yokosawa, H., Hoshi, M., and Ishii, S.)
Isolation and characterization of a post-proline cleaving enzyme and its inhibitor from sperm of the ascidian, Halocynthia roretzi. 共著 1983年 Journal of Biochemistry 94(4), 1067-1076. マボヤの精子からプロリン特異的エンドプロテアーゼをを単離にその性状解析を行った。材料調製などの実験の一部を担当。(Yokosawa, H., Miyata, M., Sawada, H., and Ishii S.)
Evidence for the participation of two sperm proteases, spermosin and acrosin, in fertilization of the ascidian, Halocynthia roretzi: Inhibitory effects of leupeptin analogs on enzyme activities and fertilization. 共著 1984年 Developmental Biology 105(1), 246-249. 各種ロイペプチンアナログ(トリプシン阻害剤)を用いて、マボヤ精子から精製したアクロシンとスペルモシンに対する阻害効果と受精阻害効果を比較検討することにより、両酵素の受精への関与を示した。博士論文の一部となっている。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Yokosawa, H., Someno, T., Saino, T., and Ishii, S.)
Purification and characterization of trypsin-like enzyme from sea urchin eggs: substrate specificity and physiological role. 共著 1984年 Biochemical and Biophysical Research Communications 121(2), 598-604. ウニ卵からトリプシン様酵素を高純度に精製し、基質特異性や生理機能を解析。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Miura, M., Yokosawa, H., and Ishii, S.)
Purification and characterization of two types of trypsin-like enzymes from sperm of the ascidian (Prochordata) Halocynthia roretzi. Evidence for the presence of spermosin, a novel acrosin-like enzyme. 共著 1984年 Journal of Biological Chemistry 259(5), 2900-2904. マボヤの受精に関与すると考えられる2種類の精子トリプシン様酵素を精製した。1つは哺乳類の精子トリプシン様酵素アクロシンの性質に類似していることからマボヤアクロシンと命名し、他方は基質特異性の高い新規酵素でスペルモシンと命名した。両者の酵素学的性質を調べた。博士論文の主要部分。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Yokosawa, H., and Ishii, S.)
ホヤ卵の受精 共著 1984年 遺伝 38, 29-34. ホヤ卵の受精機構を紹介(澤田 均、星 元紀)
Trypsin-like enzyme from eggs of the ascidian (Protochordate), Halocynthia roretzi. Purification, properties, and physiological role. 共著 1985年 Journal of Biological Chemistry 260(29), 15694-15698. マボヤ卵からトリプシン様酵素を高純度に精製し、基質特異性や生理機能を解析。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。 (Sawada, H., Kawahigashi, M., Yokosawa, H., and Ishii, S.)
Preclinical increase in activity of muscle microsomal trypsin-like protease in murine muscular dystrophy, C57BL/10-mdx. 共著 1986年 FEBS Letters 199(2), 193-197. 筋ジストロフィーの発症機構を探るため、筋ジストロフィーマウスmdxの筋肉中の各種プロテアーゼ活性を、発症直前で測定した。その結果、筋ミクロソーム画分のあるトリプシン様酵素活性が上昇することを発見した。本酵素が発症と関係する可能性が考えられる。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Tsuji, S., Kusumoto, S., Doi, Y., and Matsushita, H.)
Timing of action of sperm proteases in ascidian fertilization. 共著 1986年 Experientia 42(1), 74-75. マボヤの受精に関与する精子プロテアーゼのうち、アクロシン、スペルモシン、プロテアソームの作用するタイミングが異なることを見出した。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Yokosawa, H., Numakunai, T., and Ishii, S.)
精子と卵の出会い 共著 1987年 遺伝 41, 34-39. 精子と卵の相互作用機構について紹介(澤田 均,西山一朗,松井太衛)
Characterization of trypsin-like protease (dystrypsin) related to the manifestation of muscular dystrophy in mdx mouse. 共著 1989年 Biomedical Research 10(4), 283-291. 筋ジストロフィーマウスmdxの骨格筋から発症前に活性上昇するトリプシン様酵素(ジストリプシンと命名)を精製し、その性質を明らかにした。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Kusumoto, S., and Tsuji, S.)
Inhibition of starfish oocyte maturation by leupeptin analogs, potent trypsin inhibitors. 共著 1989年 Developmental Biology 133(2), 609-612. イトマキヒトデの卵成熟に及ぼす各種ロイペプチンアナログの影響を解析した。実験計画立案、論文執筆の一部を担当。(Takagi Sawada, M., Someno, T., Hoshi, M., and Sawada, H. )
高特異性プロテアーゼ:その活性測定,簡便精製,生理機能解析法 共著 1989年 細胞 21, 66-70. 特異性の高いプロテアーゼの機能解析法などを紹介(澤田 均、染野哲也)
Trypsin-like hatching protease from mouse embryos: Evidence for the presence in culture medium and its enzymatic properties. 共著 1990年 Journal of Experimental Zoology. 150(2), 83-87. マウス胚の孵化にトリプシン様酵素が関与することを示し、その酵素の性質を解析した。実験計画立案、実験の一部、論文執筆の多くを担当。(Sawada, H., Yamazaki, K., and Hoshi, M.)
受精・発生に関与するプロテアーゼの機能 共著 1991年 蛋白質 核酸 酵素 36, 814-819. 受精発生に関与するプロテアーゼの総説(澤田 均、横沢英良)
Inhibition of mouse blastocyst hatching by subsite-specific trypsin inhibitors, peptidyl argininals. 共著 1992年 Development Growth and Differentiation 34(3), 357-362. マウス胚の孵化におよぼすサブサイト特異的トリプシン阻害剤(ロイペプチンアナログ)の影響を解析した。実験計画立案、論文執筆を担当。(Sawada, H., Hoshi, M., Someno, T., Suzuki, R., and Yamazaki, K.)
Participation of 650-kDa protease (20S proteasome) in starfish oocyte maturation. 共著 1992年 Developmental Biology 150(2), 414-418. イトマキヒトデの卵成熟にプロテアソームが関与することを示した。実験計画立案、論文執筆の一部を担当。(Takagi Sawada, M., Someno, T., Hoshi, M., and Sawada, H.)
The 26S proteasome is activated at two points in the ascidian cell cycle. 共著 1992年 FEBS Letters 310(2), 119-122. ホヤ胚の細胞分裂周期において26Sプロテアソームの活性が変動することを発見した。 実験に関する助言と考察を行った。(Kawahara, H., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
ユビキチン依存性蛋白質分解系と細胞癌化 単著 1992年 ファルマシア 28, 183. ユビキチン-プロテアソーム系の解説(澤田 均)
Different ratios in 20 S proteasomes and regulatory subunit complexes in two forms of the 26 S proteasome purified from rabbit skeletal muscle. 共著 1993年 FEBS Letters 335(2), 207-212. ウサギ骨格筋26Sプロテアソームを精製し、そのサブユニット構成を比較した。その結果、20Sプロテアソームに制御サブユニット複合体が1個結合していものと2個結合しているものがあることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Muto, K., Fujimuro, M., Akaishi, T., Takagi Sawada, M., Yokosawa, H., and Goldberg, A. L.)
Effects of protease inhibitors on binding of sperm to the vitelline coat of ascidian eggs: Implications for participation of a proteasome (multicatalytic proteinase complex). 共著 1993年 Journal of Experimental Zoology 267(1), 86-91. マボヤ精子の卵黄膜への結合に及ぼす各種プロテアーゼ阻害剤の影響を解析。プロテアソームが精子の卵黄膜への結合に関与する可能性を示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の大部分を担当。(Takizawa, S., Sawada, H., Someno, T., Saitoh, Y., Yokosawa, H., and Hoshi, M.)
High molecular weight protease complexes (proteasomes) of sperm of the ascidian, Halocynthia roretzi: Isolation, characterization, and physiological roles in fertilization. 共著 1993年 Developmental Biology 158(1), 238-244. マボヤ精子高分子量多機能プロテアーゼ複合体(プロテアソーム)の単離と性状解析を行ない、卵黄膜分解活性などからライシンとして木機能する可能性を指摘した。 実験に関する指導助言を行った。(Saitoh, Y., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Purification and properties of N-acetylglucosaminidase from eggs of the ascidian, Halocynthia roretzi 共著 1993年 European Journal of Biochemistry 218(2), 535-541. マボヤ卵からN-アセチルグルコサミニダーゼを精製し、性状解析を行なった。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Matsuura, K., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Roles of sperm proteases in ascidian fertilization. 共著 1993年 Journal of Reproduction and Development. 39, 73-74. マボヤ精子プロテアーゼの受精における役割を示した。国際会議のプロシーデングス。(Sawada, H., Yokosawa, H., and Hoshi, M.)
受精現象とプロテアーゼ 単著 1993年 現代化学増刊「プロテアーゼと生体機能−分子から病態まで−(鈴木紘一編)」 199-204. 受精に関わるプロテアーゼの総説(澤田 均)
N末端則と第2コドン則:細胞内蛋白質の寿命を決定するユビキチン化シグナル 単著 1993年 ファルマシア 29, 630. タンパク質分解シグナルに関する解説(澤田均)
Production and characterization of monoclonal antibodies specific to multi-ubiquitin chains of polyubiquitinated proteins. 共著 1994年 FEBS Letters 349(2), 173-180. 遊離のユビキチンとは反応せず、マルチユビキチン鎖を特異的に認識するモノクローナル抗体を作製することに成功し、その特性を明らかにした。実験計画立案、研究指導を担当。(Fujimuro, M., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Trypsin-like hatching enzyme of mouse blastocysts: Evidence for its participation in hatching process before zona shedding of embryos. 共著 1994年 Development Growth and Differentiation 36(2), 149-154. マウス胚の孵化に関与するトリプシン様酵素の性質を解析した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Yamazaki, K., Suzuki, R., Hojo, E., Kondo, S., Kato, Y., Kamioka, K., Hoshi, M., and Sawada, H.)
Immunoassay for the quantification of intracellular multiubiquitin chains. 共著 1995年 European Journal of Biochemistry 233(1), 42-47. 細胞内マルチユビキチン鎖を定量するイムノアッセイ法に関する報告。抗体作製等で助言を行った。(Takada, K., Nasu, H., Hibi, N., Tsukada, Y., Ohkawa, K., Fujimuro, M., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
N-Acetylglucosaminidase inhibitor isolated from the vitelline coat of ascidian eggs is a candidate for sperm receptor. 共著 1995年 Biochemical and Biophysical Research Communications 213(1), 311-316. マボヤ卵黄膜から精製したN-アセチルグルコシダーゼイン火ビターには、精子レセプター活性があることを報告した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の大部分を行なった。(Matsuura, K., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Phosphorylation of proteasome substrate by a protein kinase associated with the 26 S proteasome is linked to the ATP-dependent proteolysis of the 26 S proteasome. 共著 1995年 Biochemical and Biophysical Research Communications 213(1), 7-14. 精製26Sプロテアソーム中に存在するキナーゼがプロテアソームサブユニットをリン酸化すること、そしてそのリン酸化がATP依存的なタンパク質分解に関わることを明らかにした。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Satoh, K., Nishikawa, T., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
Regulatory subunit complex dissociated from 26 S proteasome: Isolation and characterization. 共著 1995年 Biochimica Biophysica Acta 1245(3), 331-338. 26Sプロテアソームを精製し、そこから解離させ精製した制御サブユニット複合体の性質を報告した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Akaishi, T., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
アポトーシスを誘導するプロテアーゼ:IL-1β変換酵素 (ICE) 単著 1995年 ファルマシア 31, 623-624. アポトーシスに関わるプロテアーゼの紹介(澤田 均)
Localization, expression, and the role in fertilization of spermosin, an ascidian sperm trypsin-like protease. 共著 1996年 Biochemical and Biophysical Research Communications 222(2), 499-504. マボヤ精子トリプシン様酵素であるスペルモシンの局在、発現時期、抗体による受精阻害効果について報告した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Iwasaki, K., Kihara-Negishi, F., Ariga, H., and Yokosawa, H.)
Properties of 26S proteasome purified from rat skeletal muscles: Comparison with those of 26S proteasome from the rat brain. 共著 1996年 Biochemistry and Molecular Biology International 39(5), 1017-1021. ラット骨格筋からの26Sプロテアソームの精製と性状解析、ならびにラット脳26Sプロテアソームとの比較について報告。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。 (Akaishi, T., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Purification and properties of the 26 S proteasome from the rat brain: Evidence for its degradation of myelin basic protein in a ubiquitin-dependent manner. 共著 1996年 Brain Research 727(1-2), 139-144. ラット脳から26Sプロテアソームを精製し、その性状解析を行った。特に、プロテアソームがユビキチン依存的にミエリン塩基性タパク室を分解することを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。 (Akaishi, T., Shiomi, T., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Substrate specificity of ascidian sperm trypsin-like proteases, spermosin and acrosin. 共著 1996年 Molecular Reproduction and Development 45(2), 240-243. マボヤ精子トリプシン様酵素スペルモシンとアクロシンの基質特異性について報告した。実験計画立案、受精阻害実験、論文執筆を担当。 (Sawada, H., and Someno, T.)
Difference between PA700-like proteasome activator complex and the regulatory complex dissociated from the 26S proteasome implies the involvement of modulating factors in the 26S proteasome assembly. 共著 1997年 FEBS Letters 412(3), 521-525. 精製26Sプロテアソームから解離精製した制御サブユニット複合体と、プロテソームアクティベーターPA700様複合体とはサブユニット構成が若干異なることを報告した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Akaishi, T., Katsu, M., and Yokosawa, H.)
Dynamics of ubiquitin conjugation during heat-shock response revealed by using a monoclonal antibody specific to multi-ubiquitin chains. 共著 1997年 European Journal of Biochemistry 249(2), 427-433. マルチユビキチン鎖特異的モノクローナル抗体を用いて熱ショック応答時のユビキチンコンジュゲートの動態を解析。実験指導と助言を担当。(Fujimuro, M., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Protease Triggers dephosphorylation of cdc2 kinase during starfish oocyte maturation. 共著 1997年 Biochemistry and Molecular Biology International 41(5), 905-911. イトマキヒトデの卵成熟過程におけるcdc2キナーゼの脱リン酸化はプロテアーゼによって引き金が引かれることを指摘した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。 (Sawada, H., Yokoyama, K., Morinaga, C., Yokosawa, H., and Takagi Sawada, M.)
Serum concentrations of free ubiquitin and multi-ubiquitin chains. 共著 1997年 Clinical Chemistry 43(7), 1188-1195. 血清中の遊離のユビキチンとマルチユビキチン鎖の定量を行なった。抗体作製に関する実験指導助言を担当。(Takada, K., Nasu, H., Hibi, N., Tsukada, Y., Shibasaki, T., Fujise, K., Fujimuro, M., Sawada, H., Yokosawa, H., and Ohkawa, K.)
Structure and functions of sperm proteases involved in fertilization of ascidians, Halocynthia roretzi and Ciona intestinalis. 共著 1997年 Journal of Reproduction and Development. 43, 119-120. マボヤとカタユウレイボヤの受精に関与する精子プロテアーゼの構造と機能に関する総説。国際会議のプロシーディングス。 (Sawada, H., Kodama, E., Pinto, M. R., De Santis, R., and Yokosawa, H.)
The proteasome is an essential mediator of the activation of pre-MPF during starfish oocyte maturation. 共著 1997年 Biochemical and Biophysical Research Communications 236(1), 40-43. プロテアソームはイトマキヒトデの卵成熟におけるpre-MPFの活性化に関わることを報告した。実験の指導助言を担当。(Takagi Sawada, M., Kyozuka, K., Izumi, K., and Sawada, H.)
卵成熟・受精・発生の進行とプロテアーゼ 共著 1997年 蛋白質 核酸 酵素 プロテオリシス−蛋白質分解の分子機構とバイオロジー−(鈴木紘一・木南英紀・田中啓二編)42, 2271-2276. 卵成熟、受精、発生に関わるプロテアーゼの解説(澤田 均,川原裕之,横沢英良)
Ascidian sperm lysin system acting on the egg vitelline coat. 共著 1998年 Journal of Reproduction and Development 44, S13. マボヤ精子のライシンに関する総説。国際会議のプロシーディングス。 (Sawada, H., Abe, Y., Takizawa, S., Tanaka, E., Takahashi, Y., Fujino, J., and Yokosawa, H.)
Participation of sperm proteasome in fertilization of the Phlebobranch ascidian, Ciona intestinalis. 共著 1998年 Molecular Reproduction and Development 50(4), 493-498. カタユウレイボヤの受精に精子プロテアソームが関与することを示した。精子実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Pinto, M. R., and De Santis, R.)
Structures and functions of sperm proteases involved in fertilization of the ascidian, Halocynthia roretzi. 共著 1998年 Zygote 6, S59. マボヤの受精に関与する精子プロテアーゼの構造と機能に関する総説。国際会議のプロシーディングス。 (Sawada, H., Kodama, E. Baba, T., and Yokosawa, H.)
The 26S proteasome assembly is regulated by a maturation-inducing hormone in starfish oocytes. 共著 1999年 Biochemical and Biophysical Research Communications 254(2), 338-344. イトマキヒトデの卵成熟過程において、26Sプロテアソームの解離会合がMPFによって制御されていることを示した。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Takagi Sawada, M., Morinaga, C., Izumi, K., Sawada, H.)
ユビキチン 単著 1999年 蛋白質 核酸 酵素 44, 788. ユビキチンに関する解説(澤田 均)
ユビキチン様タンパク質 単著 1999年 蛋白質 核酸 酵素 44, 788. ユビキチン様タンパク質に関する解説(澤田 均)
脱ユビキチン化酵素 単著 1999年 蛋白質 核酸 酵素 44, 788-789. 脱ユビキチン化酵素に関する解説(澤田 均)
脱ユビキチン化酵素 単著 1999年 蛋白質 核酸 酵素 44, 788-789. 脱ユビキチン化酵素に関する解説(澤田 均)
Activation of maturation promoting factor and 26S proteasome assembly accelerated by a high concentration of 1-methyladenine in starfish oocytes. 共著 2000年 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry 64(2), 268-274. 1-メチルアデニンを高濃度で加えると26Sプロテアソームの会合とMPFの活性化が促進されることを示した。実験計画立案、論文執筆の一部を担当。(Morinaga, C., Izumi, K., Sawada, H., and Takagi Sawada, M.)
Ascidian sperm receptor attached to the vitelline coat during oocyte maturation. 共著 2000年 Zygote 8 (Supplement 1), S14-15. マボヤの精子受容体が自家不和合性獲得時期である卵成熟過程に接着することを報告。国際会議のプロシーディングス。 (Sawada, H., Tanaka, E., Abe, Y., Takizawa, S., Takahashi, Y., Fujino, J., and Yokosawa, H.)
Enzymatic properties of the proteasome purified from starfish oocytes and its catalytic subunits involved in oocyte maturation. 共著 2000年 Comparative Biochemistry and Physiology, Part C 125(2), 215-223. イトマキヒトデの卵母細胞から精製したプロテアソームの酵素的性質を報告した。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Tanaka, E., Takagi Sawada, M., and Sawada, H)
Isolation and characterization of a novel 530-kDa protein complex (PC530) capable of associating with the 20S proteasome from starfish oocytes. 共著 2000年 Archives of Biochemistry and Biophysics 374(2), 181-188. イトマキヒトデの卵母細胞から20Sプロテアソーム会合タンパク質PC530を精製し性状を解析した。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Tanaka, E., Takagi Sawada, M., Morinaga, C., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
Assembly of the 26S proteasome is regulated by phosphorylation of the p45/Rpt6 ATPase subunit. 共著 2001年 Biochemistry 40(2), 314-319. 精製26Sプロテアームには自己のRpt6サブユニットをリン酸化する活性があることを見出し、そのリン酸化により20Sと制御サブユニットとの会合が促進されることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Satoh, K., Sasajima, H., Nyoumura, K., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
cDNA cloning and functional analysis of ascidian sperm proacrosin. 共著 2001年 Journal of Biological Chemistry 276(27), 24594-24600. マボヤプロアクロシンのcDNAクローニングと機能解析を行った。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Kodama, E., Baba, T., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
プロテアソームと制御因子の結晶構造.PA28は本当にプロテアソームアクチベーターか? 単著 2001年 蛋白質 核酸 酵素 46, 264-265 プロテアソームアクティベーターPA28の機能と構造に関する考察(澤田 均)
卵成熟と受精 単著 2001年 医学のあゆみ 198, 63-68 卵成熟と受精に関する総説(澤田 均)
Ascidian sperm lysin system. 単著 2002年 Zoological Science 19(2), 139-151. ホヤ精子のライシン系に関する総説。全ての執筆を担当。(Sawada, H.)
Extracellular ubiquitination and proteasome-mediated degradation of the ascidian sperm receptor. 共著 2002年 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 99(3), 1223-1228. マボヤ精子レセプターHrVC70は細胞外でユビキチン化されて精子プロテアソームで分解されることを報告した。実験計画立案、実験指導と助言、論文執筆を担当。(Sawada, H., Sakai, N., Abe, Y., Tanaka, E., Takahashi, Y., Fujino, J., Kodama, E., Takizawa, S., and Yokosawa, H. )
Localization and roles in fertilization of sperm proteasomes in the ascidian Halocynthia roretzi. 共著 2002年 Molecular Reproduction and Development 62(2), 271-276. マボヤ精子プロテアソームの局在と受精における役割を示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Takahashi, Y., Fujino, J., Flores, S. Y., and Yokosawa, H.)
Sperm surface proteases in ascidian fertilization. 共著 2002年 Journal of Experimental Zoology.292(1), 88-95. 数種類のホヤの受精におよぼすプロテアーゼ阻害剤の影響を解析した。実験計画立案、実験の助言を担当した。 (Lambert, C.C., Someno, T., and Sawada, H.)
Spermosin, a trypsin-like protease from ascidian sperm: cDNA cloning, protein structures and functional analysis. 共著 2002年 European Journal of Biochemistry 269(2), 657-663. マボヤ精子スペルモシンのcDNAクローニングと機能解析を行った。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Kodama, E., Baba, T., Kohno, N., Satoh, S., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
Extracellular ubiquitin system implicated in fertilization of the ascidian, Halocynthia roretzi: Isolation and characterization. 共著 2003年 Developmental Biology 264(1), 299-307. マボヤの精子レセプターHrVC70をユビキチン化する酵素の単離と同定を行なった。本酵素は700kDaの高分子量複合体で、活性に10 mMのカルシウムを必要とするなど、海水条件で細胞外で機能しうる特性を有することを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sakai, N., Sawada, H., and Yokosawa, H.)
Therapeutic effect of camostat mesilate on Duchenne muscular dystrophy in mdx mice. 共著 2003年 Biological and Pharmaceutical Bulletin 26(7), 1025-1027. プロテアーゼ阻害剤が筋ジストロフィーマウスmdxに成長促進効果があることを示した。実験計画立案、実験、論文執筆を担当。(Sawada, H., Nagahiro, K., Kikukawa, Y., Ban, S., Kakefuda, R., Shiomi, T., and Yokosawa, H.)
Expression of trypsin-like proteases and protease nexin-1 in mdx mouse muscles. 共著 2004年 Biochemical and Biophysical Research Communications 314(2), 654-658. 筋ジストロフィーマウスmdxの骨格筋におけるトリプシン様酵素とその阻害剤の発現を示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。 (Sawada, H., Kikukawa, Y., Ban, S., Kakudo, T., and Yokosawa, H.)
Non-traditional roles of ubiquitin-proteasome system in fertilization and gametogenesis. 共著 2004年 International Journal of Biochemistry and Cell Biology 36(5), 776-784. ユビキチンープロテアソーム系の受精と配偶子形成における枠割に関する創設。大部分の執筆を担当。 (Sakai, N., Takagi Sawada, M., and Sawada, H.)
Self/nonself recognition in ascidian fertilization: vitelline coat protein HrVC70 is a candidate allorecognition molecule. 共著 2004年 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 101(44), 15615-15620. マボヤ精子レセプターHrVC70は、個体間で配列が異なり、非自己精子の方が自己精子よりも効率よく結合すること、また自家不和合性を獲得する卵成熟過程で卵黄膜に多く結合するようになること、などから、有力な自家不和合候補因子であることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆を担当。(Sawada, H., Tanaka, E., Ban, E., Yamasaki, C., Fujino, J., Ooura, K., Abe, Y., Matsumoto, K., and Yokosawa, H.)
Highly polymorphic vitelline-coat protein HaVC80 from the ascidian, Halocynthia aurantium: structural analysis and involvement in self/nonself recognition during fertilization. 共著 2005年 Developmental Biology 286(2), 440-451. アカボヤの卵黄膜タンパク質HaVC80が多型にとみ、自己非自己認識に関わる可能性を示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。(Ban, S., Harada, Y., Yokosawa, H., and Sawada, H.)
Severe cell fragmentation in the endothelial cell apoptosis induced by snake apoptosis toxin VAP1 is an apoptotic characteristic controlled by caspases. 共著 2005年 Toxicon. 2005 Jul;46(1):1-6. ヘビ毒であるVAP1により誘導される血管内皮細胞アポトーシスにおいて細胞断片化はカスパーゼによって制御されていることを示した。実験指導と論文執筆の一部を担。(Maruyama, J., Hayashi, H., Miao, J., Sawada, H., and Araki, S. )
Participation of proteasome-associating complex PC500 in starfish oocyte maturation as revealed by monoclonal antibodies. 共著 2006年 Biochemical and Biophysical Research Communications 349(2), 694-700. イトマキヒトデの卵成熟過程においてプロテアソーム会合タンパク質PC500が関与することをモノクローナル抗体を用いて示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。(Takagi Sawada, M., Tamura T., Mitani, Y., Kaya, M., Ito, G., Hashimoto, H., and Sawada, H.)
Proteins interacting with the ascidian vitelline-coat sperm receptor HrVC70 as revealed by yeast two-hybrid screening. 共著 2006年 Molecular Reproduction and Development. 74(9), 1478-1487. マボヤの卵黄膜上の精子受容体と相互作用するタンパク質を酵母ツーハイブリッド法で解析した。実験に対する助言考察を担当した。 (Harada, Y., and Sawada, H.)
Effects of proteasome inhibitors on fertilization of the sea urchin Anthocidaris crassispina 共著 2007年 Biological and Pharmaceutical Bulletin 30(7), 1332-1335. ムラサキウニの受精におよぼす各種プロテアソーム阻害剤の影響について解析した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。(Yokota, N., and Sawada, H.)
Sperm proteasomes are responsible for the acrosome reaction and sperm penetration of the vitelline envelope during fertilization of the sea urchin Pseudocentrotus depressus. 共著 2007年 Developmental Biology 308(1), 222-231. 精子プロテアソームはアカウニの受精(特に精子の卵膜通過)に関与することを示した。実験計画立案、実験指導、論文校閲を担当した。 (Yokota, N., and Sawada, H.)
Allorecognition mechanisms during ascidian fertilization. 共著 2008年 International Journal of Developmental Biology 52(5-6), 637-645. ホヤの受精時におけるアロ認識(自己非自己細胞認識)機構に関する総説。論文執筆の一部を担当。 (Harada, Y., and Sawada, H.)
Ascidian sperm glycosylphosphatidylinositol-anchored CRISP-like protein as a binding partner for anallorecognizable sperm receptor on the vitelline coat. 共著 2008年 Journal of Biological Chemistry 283(31), 21725-21733. マボヤ精子のGPI-アンカータンパク質でCRISP様タンパク質である精子タンパク質(HrUrbinと命名)がHrVC70の結合パートナーであることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。 (Urayama, S., Harada, Y., Nakagawa, Y., Ban, S., Akasaka, M., Kawasaki, N., and Sawada, H.)
Egg and sperm recognition systems during fertilization. 共著 2008年 Development, Growth and Differentiation 50(Suppl. 1), S222-238. 各種動物の精子と卵の相互認識に関する総説。論文執筆の一部を担当。 (Hirohashi, N., Kamei, N., Kubo, H., Sawada, H. Matsumoto, M., and Hoshi, M.)
Mechanism of self-sterility in a hermaphroditic chordate 共著 2008年 Science. 2008 Apr 25;320(5875):548-50. 雌雄同体の脊索動物カタユウレイボヤが自家受精しないメカニズムを解明した。2つのペアの精子側因子s-Themisと卵黄膜因子v-Themisが自家不稔性に関わることを遺伝学的解析とポジショナルクローニングにより解明した。実験に対する助言考察と、論文校閲を担当した。 (Harada, Y., Takagaki, Y., Sunagawa, M., Saito, T., Yamada, L., Taniguchi, H., Shoguchi, E., and Sawada, H.)
雌雄同体の脊索動物であるホヤの自家不稔性のメカニズム 共著 2008年 細胞工学 27, 906-907. 雌雄同体のホヤが自家受精を防ぐ機構に関する解説(原田淑人、澤田 均)
Comprehensive egg coat proteome of the ascidian Ciona intestinalis reveals gamete recognition molecules involved in self-sterility. 共著 2009年 Journal of Biological Chemistry 284(14), 9402-9410. カタユウレイボヤの卵黄膜タンパク質の網羅的解析により、自家不稔性にか関わるタンパク質を示した。実験に対する助言考察を担当。 (Yamada, L., Saito, T., Taniguchi, H., Sawada, H., and Harada, Y.)
Identification of testis-specific ubiquitin-conjugating enzyme in the ascidian Ciona intestinalis 共著 2010年 Molecular Reproduction and Development 77(7), 640-647. カタユウレイボヤの精巣特的ユビキチンコンジュゲーテング酵素を網羅的に解析した。実験指導、論文校閲を担当。 (Yokota, N., Harada, Y., and Sawada, H.)
Vitellongenin C-terminal fragments participate in fertilization as egg-coat binding partners of sperm trypsin-like proteases in the ascidian Halocynthia roretzi. 共著 2010年 Biochemical and Biophysical Research Communications 392(4), 479-484. マボヤの受精において、精子トリプシン様酵素が卵黄膜に存在するビテロジェニンのC末端領域と相互作用することで配偶子間相互作用に関わりうることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。 (Akasaka, M., Harada, Y., and Sawada, H.)
Identification and localization of the sperm CRISP family protein CiUrabin involved in gamete interaction in the ascidian Ciona intestinalis. 共著 2011年 Molecular Reproduction and Development 78(7), 488-497. カタユウレイボヤの配偶子相互作用におけるCRISPファミリータンパク質UrUrabinnの役割と局在性を示した。精実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。 (Yamaguchi, A., Saito, T., Yamada, L., Taniguchi, H., Harada, Y., and Sawada, H. )
Sperm-specific C-terminal processing of the proteasome PSMA1/α6 subunit. 共著 2011年 Biochemical and Biophysical Research Communications 410(4), 809-815. マボヤの精子、卵、筋肉から20Sプロテアソームを精製し、そのサブユニット素性を調べたところ、精子プロテアソームではα6サブユニットのみC末端がプロセシングされていることを明らかにした。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。(Yokota, N., Kataoka, Y., Hashii, N., Kawasaki, N., and Sawada, H.)
A surface glycoprotein indispensable for gamete fusion in the social amoeba Dictyostellium discoideum. 共著 2012年 Eukaryotic Cell 11(5), 638-644. 細胞性粘菌の配偶子融合に関わる細胞表面の糖タンパク質に関する報告。プロテオーム解析に関する共同研究を担当。(Araki, K., Shimizu, H.D., Saeki, K., Okamoto, M., Yamada, L., Ishida, K., Sawada, H., and Urushihara, H.)
Efficient targeted mutagenesis of the chordate Ciona intestinalis genome with zinc-finger nucleases. 共著 2012年 Development Growth and Differentiation 54(5), 535-545. 亜鉛フィンガーヌクレアーゼを用いたカタユウボヤのゲノム編集実験に関する報告。ゲノム編集実験等における情報交換と助言。(Kawai, N., Ochiai, H., Sakuma, T., Yamada, L., Sawada, H., Yamamoto, T., and Sasakura, Y.)
Self-incompatibility response induced by calcium increase in sperm of the ascidian Ciona intestinalis. 共著 2012年 Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 109(11), 4158-4162. カタユウレイボヤの受精において、精子は自己卵の卵黄膜に結合した時のみカルシウムの流入が起こり、これが自己非自己認識における細胞応答の一つになっていることを示した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。 (Saito, T., Shiba, T., Inaba, K., Yamada, L., and Sawada, H.)
cDNA cloning, localization, and candidate binding partners of acid-extractable vitelline-coat protein Ci-v- Themis-like in the ascidian Ciona intestinalis. 共著 2013年 Molecular Reproduction and Development. 80(10), 840-848. カタユウレイボヤの卵黄膜から酸可溶性画分に分画され、個体間多型がみられないv-Themis-likeと命名したタンパク質のcDNAクローニングと局在性と機能を解析した。実験計画立案、実験指導、論文執筆の一部を担当。 (Otsuka, K., Yamada, L., and Sawada H.)
Glutathione transferase theta in apical ciliary tuft regulates mechanical reception and swimming behavior of sea urchin embryos. 共著 2013年 Cytoskeleton (Hoboken) 70(8), 453-470. プロテオーム解析を担当。 (Jin, Y., Yaguchi, S., Shiba, K., Yamada, L., Yaguchi, J., Shibata, D. Sawada, H., and Inaba, K.)
Identification of novel isoforms of vitellogenin expressed in ascidian eggs. 共著 2013年 Journal of Experimental Zoology (Part B, Mol. Dev. Evol.), 320(2), 118-128. マボヤ卵で発現しているビテロジェニンの新規アイソフォームの同定。実験指導、論文執筆の一部を担当。(Akasaka, M., Kato, K.H., Kitajima, K., and Sawada, H. )
Self-incompatibility in gamete recognition: single self-recognizing determinants and multiple, non-self-recognizing ones function in the same individual. 共著 2013年 Molecular Reproduction and Development 80(1), 2-7. ホヤの受精における自己非自己認識機構に関する総説。論文執筆の一部を担当。 (Harada, Y., and Sawada, H.)
Identification of the augmin complex in the filamentous fungus Aspergillus nidulans. 共著 2014年 PLoS One. 2014 Jul 8;9(7):e101471 プロテオーム解析を担当。 (Edzuka, Y., Yamada, L., Kanamaru, K., Sawada, H., and Goshima, G.)
Integrative omic analysis reveals differentially distributed proteins in dimorphic euspermatozoa of the squid, Loligo bleekri. 共著 2014年 Biochemical and Biophysical Research Communications 450(3), 1218-1224. プロテオーム解析を担当。 (Yoshida, M.A., Yamada, L., Ochi, H., Iwata, Y., Tamura-Nakano, M., Sawada, H., Sauer, W.H., Ogura, A., and Hirohashi, N.)
Self/non-self recognition mechanisms in sexual reproduction: new insight into the self-incompatibility system shared by flowering plants and hermaphroditic animals. 共著 2014年 Biochemical and Biophysical Research Communications 450(3), 1142-1148. 動植物で共通する自家不和合性機構に関する総説、論文執筆の大部分を担当。 (Sawada H., Morita, M., and Iwano, M.)
自家不和合性因子とCa2+シグナル 単著 2014年 細胞工学 33, 406-408. ホヤの自家不和合性とカルシウムイオンの関係について解説(澤田 均)
Proteomics of ionomycin-induced ascidian sperm reaction: Released and exposed sperm proteins in the ascidian Ciona intestinalis. 共著 2015年 Proteomics, 15 (23-25), 4064-4079. カタユウレイボヤ精子とイオノマイシン処理により精子活性化した後の精子細胞膜表面タンパク質を質量分析で網羅的に解析した。アスタシン様の金属プロテアーゼが精子表面に多く存在することが示された。実験に対する指導助言、論文執筆の一部を担当。(Nakazawa, S., Shirae-Kurabayashi, M., Otsuka, K., and Sawada, H.)
ANISEED 2015: a digital framework for the comparative developmental biology of ascidians. 共著 2016年 Nucleic Acids Research 44(D1), D808-818. ホヤのゲノムデータベースを確立した。マボヤとアカボヤのデータベースの作成を担当。(Brozovic M, Martin C, Dantec C, Dauga D, Mendez M, Simion P, Percher M, Laporte B, Scornavacca C, Di Gregorio A, Fujiwara S, Gineste M, Lowe EK, Piette J, Racioppi C, Ristoratore F, Sasakura Y, Takatori N, Brown TC, Delsuc F, Douzery E, Gissi C, McDougall A, Nishida H, Sawada H, Swalla BJ, Yasuo H, and Lemaire P.)
Follicle cell trypsin-like protease HrOvochymase: Its cDNA cloning, localization, and involvement in the late stage of oogenesis in the ascidian Halocynthia roretzi. 共著 2016年 Molecular Reproduction and Development 83 (4), 347-58. マボヤ濾胞細胞のトリプシン様酵素HrOvochymase:そのcDNA cloningと卵形成における役割について報告。今までプロアクロシンとして登録してあった配列に誤りがあり、3つのトリプシン様ドメインをそれをはさむCUBドメインからなることが示された。実験計画立案、実験指導、論文執筆を一部担当。(Mino, M., and Sawada, H.)
Stepwise Evolution of Coral Biomineralization Revealed with Genome-Wide Proteomics and Transcriptomics. 共著 2016年 PLoS One. 2016 Jun 2;11(6):e0156424. ゲノムワイドのプロテオームとトランスクリプトーム解析により、サンゴのバイオミネラリゼーションにおける進化を考察した。プロテオーム解析を担当。(Takeuchi T, Yamada L, Shinzato C, Sawada H, Satoh N.)
Transcriptional Framework of Male Gametogenesis in the Liverwort Marchantia polymorpha L. 共著 2016年 Plant Cell Physiology 57(2), 325-338. ゼニゴケの雌性配偶子形成における転写フレームワークの解析。プロテオーム解析を担当。(Higo A., Niwa, M., Yamato, K.T., Yamada L., Sawada H., Sakamoto, T., Kurata T., Shiyawaka, M., Endo M., Shigenobu, S., Yamaguchi, K., Ishizaki, K., Nishihama, R., Korchi T., and Araki, T. )
Two HAP2-GCS1 homologs responsible for gamete interactions in the cellular slime mold with multiple mating types: Implication for common mechanisms of sexual reproduction shared by plants and protozoaand for male-female differentiation. 共著 2016年 Developmental Biology 415(1), 6-13. 二つHAP2/GCSIホモログが細胞性粘菌の配偶子相互作用に関与するという報告。植物、原生動物に共通する有性生殖戦略が存在する可能性が考えられる。プロテオーム解析を担当。(Okamoto M, Yamada L, Fujisaki Y, Bloomfield G, Yoshida K, Kuwayama H, Sawada H, Mori T, Urushihara H.)
Haemorrhagic snake venom metalloproteases and human ADAMs cleave LRP5/6, which disrupts cell-cell adhesions in vitro and induces haemorrhage in vivo. 共著 2017年 FEBS J. 2017 Jun;284(11):1657-1671. 出血性ヘビ毒の金属プロテアーゼとヒトADAMはLRP5/6を切断し、細胞間接着を解離を引き起こし、出血を引き起こすことを示した。実験指導、論文校閲を担当。(Seo T, Sakon T, Nakazawa S, Nishioka A, Watanabe K, Matsumoto K, Akasaka M, Shioi N, Sawada H, Araki S.)
Isolation of GFP-tagged plasma membrane protein from Arabidopsis egg cells. 共著 2017年 Plant Biotechnol (Tokyo). 2017;34(2):119-123. シロイヌナズナの卵細胞膜タンパク質をGFP標識し単離して性状解析を行った。実験に対する助言と論文校閲を担当。(Igawa T, Yamada L, Sawada H, Mori T.)
Spawning of the ascidian Halocynthia roretzi. 共著 2017年 Molecular Reproduction and Development 84(2), 93. マボヤの放精抱卵の様子をビジュアルで示した。写真の説明文の執筆を担当。(Sawada, H., Shirae-Kurabayashi M., and Numakunai, T.)
Chitin-based barrier immunity and its loss predated mucus-colonization by indigenous gut microbiota 共著 2018年 Nat Commun. 2018 Aug 24;9(1):3402. プロテオームを解析を担当。(Nakashima K, Kimura S, Ogawa Y, Watanabe S, Soma S, Kaneko T, Yamada L, Sawada H, Tung CH, Lu TM, Yu JK, Villar-Briones A, Kikuchi S, Satoh N.)
Dual Gene Repertoires for Larval and Adult Shells Reveal Molecules Essential for Molluscan Shell Formation. 共著 2018年 Molecular Biology and Evolution, 35(11), 2751-2761. 幼生と生体の殻体タンパク質の網羅解析により軟体同部の殻形成に関わる分子が示唆された。プロテオーム解析を担当。(Zhao R, Takeuchi T, Luo YJ, Ishikawa A, Kobayashi T, Koyanagi R, Villar-Briones A, Yamada L, Sawada H, Iwanaga S, Nagai K, Satoh N, Endo K.)
Peanut agglutinin specifically binds to a sperm region between the nucleus and mitochondria in tunicates and sea urchins. 共著 2018年 Molecular Reproduction and. Development 85 (6), 464-477. ピーナッツアルグチニン(PNA)は哺乳類精子の先体胞を特異的に染色するレクチンであることが知られているが、ウニやホヤの精子では、PNAは核とミトコンドリアの間の領域に反応することを示した。実験助言、論文執筆の一部を担当。(Nakazawa S, Shirae-Kurabayashi M, Sawada H.)
The male gamete membrane protein DMP9/DAU2 is required for double fertilization in flowering plants. 共著 2018年 Development. 2018 Nov 28;145(23). pii: dev170076. 雄性配偶子膜タンパク質であるDMP9/DAU2は顕花植物における重複受精に関与することを示した。実験に対する助言と考察を担当。(Nakazawa S, Shirae-Kurabayashi M, Sawada H.)
The role of metalloproteases in fertilisation in the ascidian Ciona robusta. 共著 2019年 Scientific Reports, 9(1), 1009. アスタシンドメインとトロンボスポンジンドメインを併せ持つ新規金属プロテアーゼがカタユウレイボヤの受精、特に製紙の卵殻通過、に関わることと示した。実験に対する助言と考察、論文校閲を担当。(Nakazawa S, Shirae-Kurabayashi M, Sawada H.)
Vitelline membrane proteins promote left-sided nodal expression after neurula rotation in the ascidian, Halocynthia roretzi. 共著 2019年 Developmental Biology 449(1), 52-61. マボヤの胚発生におけるnodalの発現にはある卵殻成分が必要であることを示した。実験に対する助言と指導、論文校閲の一部を担当。(Tanaka Y, Yamada S, Connop SL, Hashii N, Sawada H, Shih Y, Nishida H.)
Three multi-allelic gene pairs are responsible for self-sterility in the ascidian Ciona intestinalis. 共著 2020年 Scientific Reports, 10, 2514. カタユウレイボヤの自家不和合性に3つの複対立遺伝子ペア(s/v-Themis-A, -B, -B2)が関与することを遺伝学的に証明した。また、ゲノム編集で遺伝子破壊すると自家受精することを示した。(Sawada, H., Yamamoto, K., Yamaguchi, A., Yamada, L., Higuchi, A., Nukaya, H., Fukuoka, M., Sakuma, T., Yamamoto, T., Sasakura, Y., Shirae-Kurabayashi, M, )
Phylogenetic comparisons reveal mosaic histories of larval and adult shell matrix protein deployment in pteriomorph bivalves 共著 2020年12月 Scientific Reports 10(1), 22140 二枚貝の殻質タンパク質の分子系統進化に関する研究。そのタンパク質の質量分析を担当。(Zhao, R., Takeuchi, T., Koyanagi, R., Villar‐Briones, A., Yamada, L., Sawada, H., Ishikawa, A., Iwanaga, Nagai, K., Che, Y., Satoh, N., and Endo, K.)
Top of page

学会発表

題目/演目名等 発表年月 発表学会名等 概要
Further studies on the vitelline coat lysins from sperm of the ascidian, Halocynthia roretzi 1988年 The Japan-U.S. Cooperative Seminar (Asamushi, Aomori) マボヤの卵膜ライシンに関する研究で招待講演(澤田均)。 
Sperm penetration through the vitelline coat in ascidian. 1989年 7月 Fifth International Congress of Invertebrate Reproduction (Nagoya). 招待講演。第5回国際無脊椎動物学会議で、ホヤ精子の卵黄膜通過に関して発表した。
Roles of sperm proteases in ascidian fertilization. 1993年 The First International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (Yokohama). 横浜で開催された「第1回卵外被と胚外被に関する分子細胞生物学」と題する国際会議で招待講演(澤田均、横沢英良、星元紀)。
精子と卵の相互作用におけるプロテアソームの役割 1994年 5月 日本発生生物学会第27回大会 (仙台). 招待講演(澤田均)
A protein kinase associating with the 26S proteasome is linked to ATP-dependent proteolysis 1995年 Proteasome Workshop (Colorado, USA). 招待講演
Structure and functions of sperm proteases involved in fertilization of ascidians, Halocynthia roretzi and Ciona intestinalis. 1996年 Biology of Reproduction (Twelfth International Symposium in Conjunction with Award of the International Prize of Biology (Hayama). 招待講演(Sawada, H., Kodama, E., Pinto, M. R., De Santis, R., and Yokosawa, H.)
Structures and functions of sperm proteases involved in fertilization of the ascidian, Halocynthia roretzi. 1997年 Second International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats (Sapporo). 国際会議(札幌)での招待講演(Sawada, H., Kodama, E., Baba, T., and Yokosawa, H.).
Ascidain sperm receptor attached to the vitelline coat during oocyte maturation. 1999年 International Symposium on Fertilization and Development of Sea Urchin and Marine Invertebrates (Tokyo). 東京で開催された国際シンポジウムでの招待講演(Sawada, H., Tanaka, E., Abe, Y., Takizawa, S., Takahashi, Y., Fujino, J., and Yokosawa, H. )
Ascidian sperm proacrosin, spermosin and proteasomes: structures and roles in fertilization. 2000年 The Third International Symposium on The Molecular and Cellular Biology of the Egg and Embryo Extracellular Matrix (California, USA). ホヤ精子プロテアーゼ(アクロシン、スペルモシン、プロテアソーム)の構造と機能に関する招待講演
Self-nonself recognition and lysin-system in fertilization of Halocynthia roretzi. 2000年 6月 The First International Symposium on the Biology of Ascidians. (Sapporo). 札幌で開催された「第1回ホヤの生物学に関する国際シンポジウム」での招待講演(Sawada, H., and Yokosawa, H).
Allogeneic recognition mechanisms in ascidian fertilization. 2003年 9月 Marine Biotechnology Conference (Chiba). ホヤの受精における自他認識機構に関する招待講演(Sawada, H., Oura, K., Ban, S., Kobayashi, K., Tanaka, E., Yamazaki, C., Abe, Y., and Yokosawa, H.)
原索動物の受精におけるライシン系と自己非自己識別機構 2003年 9月 日本動物学会第74回大会 (函館). 招待講演。 
Self/nonself-recognizable sperm receptor on the vitelline coat is degraded by sperm ubiquitin-proteasome system during fertilization of ascidians 2004年11月 The Fourth International Symposium on the Molecular and Cell Biology of Egg- and Embryo-Coats. (Ise-Shima). 自己非自己認識能を有する卵黄膜上の精子レセプターがユビキチン-プロテアソーム系で分解されることに関する招待講演(演者:Sawada, H., 共同演者:Ban, S., Harada, Y., and Yokosawa, H.) 
原索動物ホヤ類の受精機構:ライシンと自家不稔機構を中心として 2005年 6月 日本発生生物学会第38回大会 (仙台) 招待講演
Candidate Allorecognition Molecules in Tunicate Fertilization 2005年 7月 The Third International Tunicate Meeting ナポリ(イタリア) ホヤの受精における同種異個体認識に関わる候補分子に関する招待講演(Sawada, H.)
雌雄同体のホヤ類はなぜ自家受精しないのか  2005年 7月 第4回北海道海洋生物科学研究会シンポジウム、札幌 雌雄同体のホヤ類はなぜ自家受精しないのかという内容で招待講演(澤田 均)
受精に関与する精子ユビキチン-プロテアソームシステム 2005年12月 日本分子生物学会第28回大会、福岡 ワークショップでの招待講演(澤田 均)
Molecular basis of sperm-egg interaction in ascidian fertilization 2006年 1月 "Reproductive strategies" at the 52nd NIBB Conference (Okazaki). ホヤの受精機構に関する招待講演
Candidate Self/Nonself-Recognition Proteins during Ascidian Fertilization 2006年 7月 10th international Congress: International Society of Developmental and Comparative Biology, South Carolina (USA) ホヤの受精における自他認識候補分子について国際会議で講演(Sawada, H., Urayama, S., Ban, S., Nakagawa, Y., and Harada, Y.)
Sperm GPI-anchored glycoprotein HrUrabin is a binding partner for an allorecognizable egg-coat sperm-receptor HrVC70 during fertilization of the ascidian Halocynthia roretzi 2007年 6月 The Fourth International Tunicate Meeting, villefranche-sur-Mer(フランス) マボヤ卵黄膜の精子受容体HrVC70と相互作用する精子タンパク質HrUrabinに関する講演(Sawada, H.)
原索動物の受精における自己非自己認識の分子基盤 2007年 7月 第18回日本生体防御学会総会、福岡 ホヤの受精における自己非自己認識の分子基盤に関する招待講演(澤田 均)
Extracellular ubiquitin-proteasome system functioning as a vitelline-coat lysin in asicidans and sea urchins 2007年12月 The Sixth Okazaki Biology Conference: Marine Biology, Okazaki ホヤとウニの受精時に機能する細胞外ユビキチン-プロテアソーム系に関する招待講演(澤田 均)
Allogeneic recognition mechanisms during ascidian fertilization 2009年 6月 The 5th International Tunicate Meeting ナポリ(イタリア) ホヤの受精における同種異個体認識に関わる候補分子に関する招待講演(Sawada, H., Saitoh, T., Harada, Y.)
Allogeneic authentication mechanisms during ascidian fertilization 2009年 7月 Gordon Research Conferences "Fertilization & Activation of Development", Holdness, NH (USA) ホヤの自家不和合性に関する招待講演(Sawada, H.)
雌雄同体のホヤ類が自家受精を回避するメカニズム 2009年 8月 日本動物学会中部支部大会、名古屋 シンポジウム「動植物の生殖生物学における新展開」で招待講演(Sawada, H.)
原索動物ホヤ類におけるアロ認識機構 2009年10月 第82回日本生化学会大会 (横浜) 招待講演
Allorecognition mechanisms during ascidian fertilization 2009年12月 第32回日本分子生物学会大会、横浜 ワークショップ「動植物の受精とアロ認証機構」における招待講演(澤田 均)
Allogeneic recognition mechanisms during ascidian fertilization 2010年 1月 第1回新学術領域研究主催国際会議、名古屋 シンポジウム「Intercellular Recognition and Allogeneic Authentication: Perspectives of Reproduction Mechanisms Shared by Animals and Plants」における領域代表特別講演(Sawada, H.)
Self-incompatibility systems in fertilization of hermaphroditic Protochordates: The reproduction mechanisms shared by animals and plants. 2010年 3月 International Symposium of Cell-Cell Communication in Plant Reproduction: From Pollination to Fertilization. (Nara) ワークショップにおける招待講演(Sawada, H., Harada, Y., Saito, T., Yamaguchi, A., and Yamada, L.)
Allorecognition mechanisms in ascidian fertilization: A reproduction strategy shared with flowering plants 2010年 6月 11th International Symposium of Spermatology Okinawa 2010, Ginowan シンポジウムにおける講演(Sawada, H., Saito, T., Yamaguchi, A., Yamada, L., Harada, Y.)
ホヤ類の受精におけるアロ認識機構:動植物共通原理の発見 2010年 9月 日本動物学会第81回大会 (東京). 招待講演
Carbohydrate-mediated gamete interaction in ascidians 2010年10月 JST workshop at Lillie (France) JST企画のシンポジウムにおける招待講演(澤田 均)
Allorecognition and lysin systems in ascidian fertilization. 2010年11月 France-Japan Marine Glycobiology Conference (Brest, France). 「ホヤの受精におけるアロ認識とライシン」に関して、フランスで開催された国際シンポジウムで招待講演を行った。 
Allorecognition mechanisms during ascidian fertilization: the shared reproductive strategy with animals and plants 2010年12月 第33回日本分子生物学会年会、第83回日本生化学会大会、神戸  ワークショップ「動植物に共通するアロ認証中核原理を探る」における招待講演(澤田 均)
Self-sterile mechanisms in hermaphroditic marine primitive chordates 2011年 4月 BIT's 1st Annual World Congress of Marine Biotechnology-2011, 大連(中国) シンポジウム「Marine Molecular/Cell Biology」において、ホヤの自家不稔機構に関する招待講演(澤田 均)
Self/nonself-recognition mechanisms during ascidian fertilization: allelic polymorphisms of s/v-Themis-A and s/v-Themis-B, and a novel allorecognition protein pair s/v-Themis-C in Ciona intestinalis 2011年 7月 The Sixth International Tunicate Meeting, Quebec, Canada ホヤの受精時の自家不和合性に関する招待講演(Sawada, H.)
Ubiquitin-proteasome system involved in fertilization of ascidians and sea urchins 2011年 8月 44th Anual Meeting of the Society for the study of reproduction, Portland, USA Mini-symposium "Post-translational protein modifications of gametes, embryos and the reproductive system" における招待講演(澤田 均)
原索動物ホヤ類における自己と非自己の細胞認識機構 2011年 8月 日本比較免疫学会第23回学術集会、横浜  学会における特別公演(澤田 均)
ホヤの受精における自家不和合性:動植物に共通するアロ認識機構とカルシウムシグナル 2011年 9月 第75回日本植物学会、東京  シンポジウム「有性生殖の共通メカニズムを探る:原生生物から高等動植物まで」における招待講演(澤田 均)
ホヤの受精におけるアロ認識分子とその細胞応答 2011年11月 第9回糖質科学コンソーシアムシンポジウム シンポジウムにおける招待講演(澤田 均)
ホヤにおける自家不和合性:動植物に共通するアロ認識機構 2012年 3月 日本動物学会第64回関東支部大会、習志野 シンポジウム「ホヤから探る動物学の最前線」における招待講演(澤田 均)
カタユウレイボヤ精子における自家不和合性応答 2012年 5月 日本顕微鏡学会第68回学術講演会、つくば シンポジウム「バイオイメージングにより明らかにされた動・植物の有性生殖メカニズム」における招待講演(澤田 均、斎藤貴子、山田力志、柴小菊、稲葉一男)
ホヤの受精とアロ認識について 2012年 7月 第5回生殖研究若手の会、隠岐 講演(澤田 均)
Ascidian fertiliation: Allorecognition and lysin systems 2012年11月 新学術領域研究「動植物に共通するアロ認証機構の解明」主催第2回国際会議 "International Symposium on the Mechanisms of Sexual Reproduction in Animals and Plants" における講演(澤田 均)
動植物アロ認証の分子メカニズム 2013年 6月 第1回アロ認証若手の会 オープニングトーク(招待講演)(澤田 均)
Mechanisms of self-incompatibility in the ascidian Ciona intestinalis 2013年 7月 7th Tunicate Meeting, Naples (Italy) 招待講演(澤田 均)
Self-sterile mechanism in an ascidian (primitive chordate) Ciona intestinalis: Its reproductive tactics shared with flowering plants 2013年 7月 Gordon Research Conferences "Fertilization & Activation of Development", Holdness, NH, USA 招待講演(澤田 均)
動物と植物の生殖のはなし 2013年 9月 名古屋大学オープンレクチャー、名古屋 公開講義(澤田 均)
Ascidian reproductive tactics: from basic biology to applications 2013年11月 4th International conference green technology, Malang, Indonesia keynote lecture(澤田 均)
ホヤのアロ認識機構からみた動植物共通の生殖タクティクス 2013年12月 第36回日本分子生物学会年会、神戸  ワークショップ「アロ認証から生殖タクティクスへ:動植物を超えた生殖戦略」における招待講演(澤田 均)
原索動物ホヤ類におけるアロ認識機構. 2014年 生殖若手の会シンポジウム (下田). 特別講演
ホヤの受精機構に関する研究 2014年 9月 日本動物学会第85回大会、仙台 日本動物学会賞 受賞者講演(澤田 均)
Self/nonself-recognition in ascidian fertilization: Common mechanisms with angiosperm self-incompatibility 2015年 6月 日本発生生物学会第48回大会、つくば  シンポジウム「Topics in plant and animal development」における招待講演(澤田 均)
Three s/v-Themis pairs and v-Themis-like are responsible for self-incompatibility in the ascidian Ciona intestinalis. 2015年 7月 8th Tunicate Meeting (Aomori). 被嚢類に関する第8回国際会議で、「3つのs/v-Themisペアとv-Themis-likeがカタユウレイボヤの自家不和合性に関わる」と題する招待講演を行った。 
ホヤの有性生殖機構研究に関する近況. 2016年10月 第3回ホヤ研究会 (大阪)  総説講演
雌雄同体のホヤが自家受精しないしくみと精子の卵膜通過について. 2019年 9月 第90回日本動物学会大会 (大阪). シンポジウムでの招待講演
ホヤの受精研究から学んだこと 2020年10月 第7回生殖若手の会 「ホヤの受精機構」に関する特別講演
Top of page

4.報告書

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
ホヤの受精−特に精子プロテアーゼの機能を中心にして 単著 1983年 海鞘 3, 1-12. ホヤの受精に関わる精子プロテアーゼに関する紹介(澤田 均、横沢英良、星 元紀)
上原記念生命科学財団 研究報告集 単著 1990年10月 「マウス胚の孵化酵素に関する研究原索動物の受精機構に関する研究」の研究報告。P97-P99, 総頁数298 (Sawada, H.)
モデル491プレップセルを用いた26Sプロテアソームからの制御サブユニット複合体の単離 共著 1994年 Bio-Rad Laboratories Application News. 1994 Jan., 5-6. プレップセルの紹介(赤石貴浩、澤田 均)
北海道の研究開発:研究開発支援事情 研究成果報告書 単著 1995年 9月 北海道の研究開発:研究開発支援事情研究成果報告書 「筋ジストロフィー症の発症機構の解析と新しい治療薬の開発研究」の研究報報告。P87-P92, 総頁数223 (Sawada,  
1995年度実績報告書 単著 1996年 科学研究費補助金(一般研究(C))1995年度実績報告書 「疾患モデル動物を用いた筋ジストロフィー症の発症機序の解析」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-07807199/078071991995jisseki/
筋ジストロフィーの発症とジストリプシン 単著 1997年 道薬誌 14(6), 2-6. 筋ジストロフィーの発症におけるジストリプシンの関与に関する解説(澤田 均)
1996年度実績報告書 単著 1997年 科学研究費補助金(基盤研究(C))1996年度 実績報告書 「筋ジストロフィー症の発症時に活性化される骨格筋プロテアーゼの構造と病態生理機能」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-08672495/086724951996jisseki/
1997年度実績報告書 単著 1998年 科学研究費補助金(萌芽的研究)1997年度 実績報告書 「筋ジストロフィーの発症機構に関する研究」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-09877428/098774281997jisseki/
カタユウレイボヤの受精に関与する精子プロテアーゼの研究 単著 1999年 日伊生物学会会報 18, 18-21. カタユウレイボヤの受精に関わる精子プロテアーゼに関する紹介(澤田 均)
ATP依存性プロテアーゼ複合体の活性制御機構と生理機能の解析 単著 1999年 薬学研究の進歩 15, 81-92. ATP依存性プロテアーゼと制御サブユニットによる活性調節機構に関する総説(澤田 均)
2002年度実績報告書 単著 2003年 科学研究費補助金(特定領域研究)2002年度実績報告書 「26Sプロテアソームのリン酸化による活性制御機構と基質をアンフォールドする機構」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-14037202/140372022002jisseki/
原索動物の受精機構に関する研究 単著 2005年 第29回財団法人山田科学振興財団事業報告書 Vol.4 「原索動物の受精機構に関する研究」の研究報告。P108-P111, 総頁数149 (Sawada, H.and Harada, Y.)
2004年度実績報告書 単著 2005年 科学研究費補助金(特定領域研究)2004年度 実績報告書 「受精における糖鎖の分子認識機構」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-15040212/150402122004jisseki/
2005年度実績報告書 単著 2006年 科学研究費補助金(萌芽研究)2005年度実績報告書 「下等脊索動物における同種異個体細胞識別機構」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-16659021/166590212005jisseki/
2005年度研究成果報告書 単著 2006年 科学研究費補助金(基盤究(B))2005年度実績報告書 「受精における細胞外ユビキチン-プロテアソームシステムの解明」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-15390023/153900232005kenkyu_seika_hokoku_gaiyo/
2006年度実績報告書 単著 2007年 科学研究費補助金(特定領域研究)2005-2006年度  「精子受容体タンパク質の一生」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-17028024/170280242006jisseki/
2008年度実績報告書 単著 2009年 科学研究費補助金(特定領域研究)2007-2008年度  「精子ユビキチン-プロテアソームシステムの機能解析」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-19044019/190440192008jisseki/
2008年度実績報告書 単著 2009年 科学研究費補助金(萌芽研究)2007-2008年度 「原索動物における新しいアロ認識機構」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-19659018/196590182008jisseki/
2008年度研究成果報告書 単著 2009年 科学研究費補助金(基盤研究(B))2006-2008年度  「受精に関与する新規ユビキチン化酵素の研究」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-18390022/18390022seika/
2009年度実績報告書 単著 2010年 科学研究費補助金(特定領域研究)2009年度 「精子プロテアソームの受精における役割」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-21025015/210250152009jisseki/
2011年度研究成果報告書 単著 2012年 科学研究費補助金(基盤研究(B))2009-2011年度  「精子ユビキチンープロテアソーム系の構造特性と生殖における役割」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-21390019/21390019seika/
2013年度研究成果報告書 単著 2014年 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))2009-2013年度 「原索動物ホヤ類におけるアロ認識機構の解明」に関する研究成果を報告。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-18390022/18390022seika/
2014年度事後評価報告書 単著 2015年 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))2009-2013年度 「動植物に共通するアロ認証機構の解明」に関する研究成果を報告。事後評価はA評価。 https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-AREA-3101/31012014jigo_hyoka_hokoku/
2014年度実績報告書 単著 2015年 科学研究費補助金(新学術領域研究(研究領域提案型))2009-2013年度 「動植物に共通するアロ認証機構の解明の研究成果取りまとめ」に関する業務を行った。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-ORGANIZER-21112001/211120012014jisseki/
2016年度研究成果報告書 単著 2017年 科学研究費補助金(基盤研究(B))2013-2016年度  「受精に関与する精子細胞外ユビキチン-プロテアソーム系に関する研究」に関する研究成果を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-25291024/25291024seika/
2018年度実施状況報告書 単著 2019年 科学研究費補助金(挑戦的研究(萌芽))2017-2018年度  「精子プロテアソームの細胞外輸送機構とPA200の機能に関する挑戦的研究」に関する研究実施状況を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-17K19520/
2018年度実績報告書 単著 2019年 科学研究費補助金(基盤研究(B))2017-2019年度  「精子と卵の細胞間相互認識:アロとゼノの分子識別機構に関する研究」に関する研究実施状況を報告。https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-17H03672/17H036722018jisseki/
Top of page

5.特許

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
国際特許出願(パリ) 共著 2011年12月 海産動物由来ヘリコバクターピロリの胃上皮細胞への接着阻害剤(国際特許出願) 本特許は、フランスの共同研究者が中心となり国際特許を出願している。ヘリコバクターピロリ菌が胃上皮細胞に接着するのをマボヤ生殖巣抽出液中の糖ペプチドが阻害することを発見し、その構造を明らかにした。胃癌予防効果などが期待される。
Top of page