金城学院大学 学術研究データベース
HOME > 検索結果

検索結果

フリガナアレクサンダー リー
ローマ字ALEXANDER Lee H
氏名ALEXANDER Lee H.
学位
所属文学部 / 英語英米文化学科
職名講師
所属学会
専門分野教育学   
研究課題英語教育の施策と実践 第二言語習得教室研究 明瞭性 

学会及び社会における活動等

該当データはありません

Top of page

受賞歴

該当データはありません

Top of page

著書

該当データはありません

Top of page

学術論文

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
Shorts: Summaries of the latest research reports 共著 2019年11月 "EAL Journal" (National Association for Language Development in the Curriculum) (イギリス) Autumn, Issue 10, P10~P11 National Association for Language Development in the CurriculumのEALJournalは、言語教育やバイリンガリズムの研究、政策、および実践の発展を促進します。このイギリス全国のジャーナルは多くの言語講師と言語教育研究者によって読まれています。このジャーナルで言語教育に関する最新の研究の要約を共著しました。日本の研究をイギリスの講師や研究者に知ってもらうため、このジャーナルには日本の研究者が行ったグループワークに関する研究の要約を書きました。論文はこちら↓https://naldic.org.uk/publications/eal-journal/#issue-10
What does 'lexical richness' tell us about an L2 learner's vocabulary knowledge? 'Lexical richness'は第二言語学習者の語彙知識について何を教えてくれるか? 単著 2020年 9月 金城学院大学論集.人文学科編第17巻第1号 (Treatises and Studies by the Faculty of Kinjo Gakuin University: Studies in Humanities Vol. 17 No. 1), P1~P8 Lexical richnessと語彙知識との関係は、何十年にもわたる研究にもかかわらず2020年現在も継続的にかつ積極的に研究されている。本稿では、lexical richnessと第二言語学習者の語彙知識との関係について論じる。それぞれの定義を紹介し、lexical richnessが第二言語学習者の語彙知識について教えてくれることと、教えられないことについて証拠を挙げつつ線引きを行う。本研究では、lexical richnessの構成概念妥当性を強化するためのさらなる研究が必要だと結論付ける。実用的な示唆として、教育や研究において、第二言語学習者の語彙知識を評価する際、lexical richnessの尺度よりも、人による評価の方が好ましいと論ずる。論文はこちら↓http://id.nii.ac.jp/1096/00001094/
Top of page

学会発表

該当データはありません

Top of page

著書名 単著、
共著の別
出版年月 発行所・発表雑誌等 概要
What do we know about the effectiveness of group work in Japan's secondary English education? A systematic review of an 'active learning' technique 日本の中等英語教育におけるグループワークの有効性に関して今まで何が分かったか?「アクティブラーニング」技法の一つをシステマティックレビュー 単著 2019年10月 University of Oxford修士論文全101頁 平成29・30年改訂中・高等学校学習指導要領により、グループワークなどの「アクティブラーニング」(主体的・対話的で深い学び)技法の採用が義務付けられている。文部科学省は、「一方向的な講義形式」の指導(つまり、文法訳読法などの教師中心のアプローチ)よりも、日本の中学生や高校生に英語を教えるのに「有効な」方法としてグループワークを推進している。この論文では日本の中等英語教育における他の方法よりもグループワークを使用するほうが良いといった根拠を検討するシステマティックレビューを行った。平成21年から平成31年の間の、言語能力や学力を測定した日本の中学校および高等学校の英語授業でのグループワークの実験的研究をレビューし、定性的ベスト・エビデンス統合(best-evidence synthesis)が日本の中等英語教育におけるグループワークの効果に関する経験的証拠の弱さを示した。論文はこちら↓https://ora.ox.ac.uk/objects/uuid:6102418b-5742-4f14-9d05-b7f01ffe34e3
Top of page